シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS シュレック

<<   作成日時 : 2002/01/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●シュレック

監督:
  • アンドリュー・アダムソン
  • ヴィッキー・ジェンソン(『エル・ドラド/黄金の都』)
声の出演:
  • マイク・マイヤーズ(『オースティン・パワーズ』)
  • キャメロン・ディアス(『チャーリーズ・エンジェル』)
  • エディ・マーフィ(『ビバリーヒルズ・コップ』)
  • ジョン・リスゴー(『クリフハンガー』)
日本語吹替版:
  • 濱田雅功
  • 藤原紀香
  • 山寺宏一
  • 伊武雅刀



2001年度全米No.1作品とのふれこみでご存じのCGアニメ映画。私が観たのは吹き替え版でしたが面白かったです。でもこれが全米でNo.1ヒットするの?と思いましたけど。

ディズニー系の王道アニメを皮肉る作りが珍しかったのでしょうか。やはり「アニメは子供の物」という認識が根強いせいですかね。古典的な物語をアレンジした作りというのは日本の漫画アニメ作品には溢れていますから目新しさは感じませんでした。

それに日本のアニメ作品と比較すると感情の変化の描写がどうしても足りなく感じてしまいます。ディズニーアニメ等の西洋アニメではキャラクターの心情はミュージカルシーンの歌に乗せて語られることが多いですが、アチラには苦手な部分なのかもしれないですね(元々あれがアメリカ人の生理なのかも?)。

とはいえ様々なパロディ要素等で存分に楽しめましたから十分お勧めの作品です。どうせなら吹き替え版を是非。濱田雅功、藤原紀香も思っていたより全然いいですし、なんといってもヤマちゃんこと山寺宏一さんが最高です。そもそもオリジナルボイスのエディ・マーフィの吹き替えを日頃担当しているので抜群のハマり具合です。



★★★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シュレック シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる