シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS ポケットモンスターAG/七夜の願い星ジラーチ

<<   作成日時 : 2003/08/28 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●ポケットモンスターAG/七夜の願い星ジラーチ

監督:
  • 湯山邦彦
声の出演:
  • 松本梨香
  • 大谷育江
  • KAORI
  • 山田ふしぎ
  • 上田祐司
  • 林原めぐみ
  • 三木眞一郎
  • 犬山犬子
  • 山寺宏一
  • 牧瀬里穂
  • パパイヤ鈴木



うん、まあまあ。劇場版も3作目以降は安定した出来ですね(昨年の『水の都の護神』は少々厳しいコメントになってますけど、全体的にはまあまあだと思ってますよ)。毎年のシリーズになってからは大上段に構えなくなったのが良くなった要因でしょうね。

でも、本作は3作目に次いで、いい感じかな?(クライマックスだけなら星4つあげてもいいかも)
それもこれも『アドバンスジェネレーション』としての仕切り直しの1作目であり、新シリーズで加わった2人、特に今回はマサトを主人公に据えたことが上手く作用したと思います。



ただ、不満点もそれなりにありました。
(※以下、ちょっとだけネタバレ注意)

今回は7日間という期間が設定されましたが、それがイマイチ使い切れてなかったのが残念なところ。監督はロードムービーにしたかったそうですが、無理やりに時間を経過させているように感じました(ハルカのお守りも単に経過日数の確認用でしかなかったですし)。

サトシは作品の本来の主人公なためか、毎回、最後まで活躍させざるをえないのかもしれませんけど、今回は幼い主人公マサトのフォローという形で成立していたので、無理やり感が無く、とても良かったと思います。
でも、クライマックスで装置のスイッチをサトシが入れちゃうのはちょっと違うのでは?? どうも、そこだけ主人公が入れ替わってしまう感覚というか。あそこはやはり……「落下しそうになるバトラーをサトシが掴んで引っぱり、バトラーが「早くレバーを!」と叫ぶ。マサトは必死にレバーに飛びついてスイッチON!」……でしょう?

最も気になったのが、ジラーチが千年に1度訪れる千年彗星が夜空に見える7日間だけ目覚めるという設定が最初から提示されること。だって7日後には絶対に別れが来ると分かっているのにマサトは嫌じゃないの?とか、観ているこっちもマサトとジラーチが仲良くなる姿を素直に微笑ましく見れないし、などと思ったのですが……ハッ!これって大人の視点だ!

そう、子供というものは、まさに劇中のマサトと同じく、7日目が近付いた時に初めて、別れなければならない寂しさを感じるんですよね。ああ、大人になったんだなぁ、私(しみじみ)。



本作は、中盤までは段取りの積み重ねに終始しており正直テンポは良くないです。でも、終盤のアクションの盛り上げ方はとてもいいですから、ポケモン嫌いでないなら十分楽しめると思いますよ。

★★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポケットモンスターAG/七夜の願い星ジラーチ シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる