シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS テレ朝「大好きなアニメキャラベスト100」を考える

<<   作成日時 : 2002/07/13 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●テレ朝「大好きなアニメキャラベスト100」を考える

2002年7月7日放送「決定!これが日本のベスト100」という番組で、今度は「大好きなアニメキャラベスト100」をやっていました。ちょっと前にアニメネタをやったばかりだというのに、よほど視聴率が良かったとみえます。

今回、少しは改善されているかとわずかな期待も持ちましたが、やはりデタラメのままでした。

ランキング結果 >>




相変わらず『ルパン三世』はテレビシリーズ全3作の足掛けデータのままだし、『天才バカボン』は「元祖」まで、『エースをねらえ!』は「新〜」まで、『ガッチャマン』は全3作の足掛けデータのまま……etcetc。

しかも今回は『オバケのQ太郎』のデータが何故か[新]のものに変更されていたり、『ゲゲゲの鬼太郎』のデータも第2作目だけになっていたりと、データが修正されているにも関わらず改善には至っていません。

……これはもしかして「アニメファンは真剣に見るな」という合図なのでしょうか?

(ちなみに「孫悟空」は『ドラゴンボールZ』データになっていましたが、それに関してはある意味キャラ人気を表しているかも?……まあ、分かってやっているとは思えないけど)

唯一の改善点は、前回の『サイボーグ009』データがモノクロ版だったのに対して、今回のデータが[新]だったことぐらいですかね。



今回、キャラクターという趣味的要素が強いお題な分、ランキング結果の妥当性の判断はしづらいです。

でも前回の作品部門で5位になっていた『サザエさん』が58位だったり、作品がランク外だった『名探偵コナン』『るろうに剣心』『フルーツバスケット』『らんま1/2』『ワンピース』『犬夜叉』などの作品から今回ランクインしているのを見るとランキング結果自体はまあまあ評価してもいいかもしれませんね。

もしかすると前回の作品ランキングの余りの酷さにアニメファンの投票が増えたのかもしれません。

でも「デ・ジ・キャラット」や「木之本桜(カードキャプターさくら)」等が入っていないのを見ると男性ファンの投票が少なかった? また、今なら絶対入っていると思われた『テニスの王子様』キャラが1人も入らなかったのは票の分散ですか?

気になったといえば、前回の作品ランキング下位作品はいざしらず、作品13位の『フランダースの犬』の「パトラッシュ」とか、29位の『みなしごハッチ』の「ハッチ」などが入ってないのが不思議ですね。



他にも首を傾げる部分がいくつも。

例えば「ライディーン」や「マジンガーZ」ってキャラクターなのか?とか、「ボヤッキー」は単独の票というよりシリーズ全体のイメージでは?とか、「ラーメンマン」は『キン肉マン』というより『闘将!拉麺男』人気でしょ?とか、気にしだすとキリがありません。

ちなみにスタジオトークで伊集院光が『怪物くん』の歌は「俺は怪物くんだ〜♪」の歌詞(旧版)世代と言っていたのにビックリ。私と同世代なのに……再放送かな?

(そういえば80年代当時「家族対抗歌合戦」という番組で子供が『怪物くん』を歌うにあたり、TVの前の私は「カ〜イカイカイ、カ〜イカイカイ♪」を期待していたら知らない旧版の曲がかかってガッカリしたという記憶が。TVの中の子供も「こんな歌が歌いたいんじゃないのに」といった表情で歌詞が出てこないこともしばしばでしたが、あれは今でも番組スタッフの勘違いだと思っているんですけど)



7月28日には「アニメソングベスト100」をやるそうで、現在「アニメ名場面ベスト100」なんていうアンケートも集めているそうですが、一般の方たちがこれらの違いをどれだけきちんと認識して投票出来ているのか甚だ疑問ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレ朝「大好きなアニメキャラベスト100」を考える シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる