シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS スマステ「80年代ハリウッド映画ベスト20」感想

<<   作成日時 : 2009/06/05 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うあ〜、しまった、先週のスマステチェックしそこねた。
2009年5月30日放送「SmaSTATION!!」では『あの頃アツくなった80年代ハリウッド映画ベスト20』を放送。仕方ないので番組HPでタイトルだけでもチェックしときます。

ランキング結果 >>




HPを見ると、どうやら番組では80年代映画を「音楽と一体となった時代」という分析をした模様。ちなみに私も『フットルース』『トップガン』『ビバリーヒルズ・コップ2』辺りはサントラ盤(もちろんレコード)を買ったクチです。

ランキング結果については、個人的には順位はいくつか上下しますけど、ラインナップとしては当時の代表作が並んでいてかなり納得かと。



気になるのは『ロッキー3』の2位。何故3作目なのかと言えば単純に1、2作目が70年代だからでしょうね。個人的に3作目大好きなんですけど、この作品が単体で2位になるはずもないと分かっているのでどうにも座りが悪い。ランキングの体裁を整えたんでしょうけど、これではシリーズで都合良く扱うための方便でしかないような。この程度のことなら許容範囲なのに。

同様に『キャノンボール2』も不思議な感覚。しかもこちらは1作目も80年代なのに何故2作目なんだろう? 謎です。

あと『青い珊瑚礁』のHPでの説明が「当時15歳のブルック・シールズの体当たり演技に観客は"心"を熱くしました」となっていますが、当時の男子が熱くしたものってそこじゃないよね(笑)。



ちなみに番組HPを見ると今回のゲストのキムタクは『BTTF』の1位に不満みたいですが、世間的には納得の結果でしょう。お題の「アツくなった」自体、解釈が幅広い抽象的な代物ですし。まあ、キムタクは番外編の『アウトサイダー』に反応するタイプのようなので、それこそ「しょうがない事」ですかね。



さて、今回も自分のベスト20を考えてみたいところですが、この「アツくなった」ってのは結構縛りがキツい。とりあえず「熱中した」ぐらいに捉えればいいのかな?

今回ランクインしていた中では以下の通り。
(他ランクイン作品にも好きな作品はありますが)

  1. ターミネーター
  2. ランボー
  3. バック・トゥ・ザ・フューチャー
  4. ロボコップ
  5. ベスト・キッド
  6. グレムリン
  7. ゴーストバスターズ
  8. ビバリーヒルズ・コップ
  9. ダイ・ハード
  10. キャノンボール

では、残り10作品を考えてみますか。



アイアン・イーグル(1985年)
高校生が軍をダマくらかして戦闘機を駆って捕われた父親を助けにいくという荒唐無稽さで『トップガン』よりも好きな作品。続編でいきなり1作目の主人公を死亡させる続編の作り方とか、3作目のB級感とか、4作目で1作目の主人公が実は生きてましたで再度主役に返り咲くところとか、シリーズの流れが好きすぎる。
画像

スター・ファイター(1984年)
ビデオゲームで宇宙戦闘機パイロットの適正が計られ、スカウトされる主人公という藤子・F・不二雄的な身近なSF感がめっちゃ好き。
画像

オズ/RETURN TO OZ(1985年)
『オズの魔法使』の続きの話として作られた作品。ディズニー製作でありながら、子供向けになっていないデザインラインがとても好み。『ダーククリスタル』や『ラビリンス』といったダークファンタジー系
画像

死霊のえじき(1985年)
リビングデッド3部作(当時)の完結編。まあ、このシリーズなら『ゾンビ』を挙げたいところですが80年代という括りなのでこちら。内蔵などの造形の完成度に惚れ惚れ。

バタリアン(1985年)
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』は本当にあったことだった──という体のゾンビ映画。パロディ感覚など、実は本作こそが80年代を代表するゾンビ映画だと思う。

ブロブ/宇宙からの不明物体(1988年)
『マックィーンの絶対の危機(1958年)』のリメイク。液体生物ブロブが人を襲うさまや、白服集団による町の隔離描写など、まさにB級モンスター映画として面白い作品。
画像

トロン(1982年)
電脳世界に取り込まれた主人公の冒険を描くSFアドベンチャー。CGで描かれる世界が(当時は)画期的でした。
画像

ウォー・ゲーム(1983年)
パソコン少年が国防省のコンピュータにアクセスしてしまったことから第3次世界大戦の危機を招くSFサスペンス。公衆電話をタダで掛ける方法が印象深かったっけ。日本の公衆電話では使えないテクニックでしたが(苦笑)。
画像

ショート・サーキット(1986年)
戦闘用に開発されたロボット=ジョニー5が落雷で感情を持つSFアドベンチャー。ロボット版『E.T.』って感じ。

ブルーサンダー(1983年)
戦闘攻撃ヘリ・ブルーサンダーが文句なしにかっこいい。流れでTVシリーズ『エアウルフ』にもハマりました。



これら以外にも好きな作品はありますが今回はこんな感じ。今回、80年代らしくLDのジャケットを使おうとラックを探したんですが、最後の2作品は未購入だったことが判明。DVDは吹替音声が収録されてないとなかなか買う気になれないし、とりあえずレンタルしようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマステ「80年代ハリウッド映画ベスト20」感想 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる