シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008春アニメ追記〜だから件のSTAGE3を見た

<<   作成日時 : 2008/05/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今期の新アニメ感想にて『マイメロ』のついでに軽く触れた『きらレボ』ですが、ご意見を頂いた通り、軽くではあってもきちんと本編を見ないままにコメントしてはいけないと反省(もちろん2、3カット程度は目にした上でしたが)。

というわけで先日『きらりん☆レボリューションSTAGE3』(テレ東/金曜夕方6:00)を予約録画して見てみました!



……うわ、やはり酷い絵面だわ。
もはやアニメの範疇を超えています。

3DCG(+トゥーンレンダリング)は動かしてナンボの表現手段のはずが、体を動かさず口パクだけさせる手抜き仕様。本当に今までの手描きの絵をそっくりそのままCGモデルに置き換えただけですね。

リミテッドアニメは作画枚数を少なくするためのTVアニメ必須テクニックですが、それは「絵」という共通項で漫画の延長上のものと認識させているからこそ成立している部分もあるわけでして(まさに昔は「TVまんが」と呼ばれていましたが)。

3DCGの場合はコンピュータ上でモデリングしているので、絵ではなく、むしろ人形劇に近いもの。人形劇が静止画で口パクで会話しているものを想像してみて下さい。それが今の『きらレボ』です。



だからこれはアニメではない、もう別次元の表現手段とでも言うべきものであり、見ている側がそれを割り切って受け入れているのであれば、もはや何も言うことはありません(ていうか脳内補完?)。

脚本・演出部分は、これまでのシリーズから大きく変わるものではなかったので、物語の中身だけを好む人には今の作りでも問題ないと言えなくもないでしょう。

ただし、いくら3DCG+トゥーンレンダリングで崩れの少ない絵を作ったとしても、作画崩れ作画でさえ得ている手描きの絵が持つ感情表現を得ることは絶対にないと思います(少なくとも現時点の低予算CGでは)。

そこを欠くただの絵を見て作品になんら不満を感じない人がいたら、それは創作物というものを見る目に欠けているとだけは言いたいです(当然、作り手に対しても)。



当の『おねがいマイメロディきららっ☆』(テレ東/日曜朝9:30)の方は、先週分(4/27)からFlash動画が封印され、ただの低作画アニメとなっていましたがこれが実に見やすい。脚本演出が低レベルのままでもちゃんとANIMEとして作られるとこうまで印象が良くなるとは。

でも次週予告映像でまたまたFlash動画を発見。これってもしや下請けスタジオによる差異なのかな。だとしたらFlash動画スタジオはもう使わないで欲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008春アニメ追記〜だから件のSTAGE3を見た シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる