シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010冬の新アニメ感想

<<   作成日時 : 2010/01/27 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年頭から死んでいたため、なかなか新番組のチェックが進まずにいましたが、ようやく一通り完了。

ちなみに前期で最終回を迎えた作品では、やはり『にゃんこい!』が最後まで楽しく見れました。2期が本当に決まったなら嬉しいんですが。というかこういう作品でも2クールやらないことの方がアニメ業界的には問題かと。

さて新番組感想ですが、今回は放送の早い局順ではなく、私が利用しているTVK(アナログ)優先で記載しております。最近MXの地デジ受信状況が不安定でほとんど使えません。今期はMXオンリー番組がないのでいいんですが、アナログ終了ともなれば東京にいながらU局アニメがまったくチェックできなくなる事態に。

まあ、その頃にはTV離れを起こしてそうなので別にいいか。



【日曜日】
  • 『テニスの王子様 全国大会編』(BS2/夜11:53)
    OVAでリリースされた全13話を放送。まあ普通にTVシリーズを見ていた人向けかと。続けてOVAの残る2シリーズも放送してくれると有り難い。

  • 『はなまる幼稚園』(テレ東/深夜1:30)
    新米幼稚園先生の主人公が迷子とおぼしき女児に声をかけたところナンパと思われ、それが主人公が勤める幼稚園の新入園児だったことから女の子は主人公のお嫁さんになると心に誓うのだった──という第1話。水島精二監督だしガイナ製作だし、手堅くまとまっていて一昔前なら午後6時台アニメ。女児たちに萌えられれば楽しめるんじゃないでしょうか。

  • 『ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンド』(TVK/深夜1:30)
    (→MX/火曜深夜1:30)
    ヴァンパイアの女王は東京湾上の埋め立て地を買い取り、そこに王国"ヴァンパイアバンド"を建設すると宣言する──。ヴァンパイアの女王と人狼の少年との恋らしき部分や様々な対立組織からの刺客が送られてくる展開が繰り広げられるのでしょうか。好きな人は好きなんでしょうが相変わらず新房監督は肌に合いません。初回のトリッキーさはあの肉感的なキャラデだと演出してる感が目立つ。物語自体はまともなので趣味が合えば。



【月曜日】
  • 『刀語(かたながたり)』(フジ/深夜1:10)
    刀を使わない剣術”虚刀流”七代目当主の少年が奇策士を名乗る少女と共に伝説の刀鍛冶が作った12振りの刀を集める旅に出る──。月1放送1時間という異色の放送スタイル。『化物語』の原作者の作品ということで肌に合わなそうと思いつつ視聴。やはり言葉遊び加減は好きじゃないけどアクションはよく動いている。12振り=12エピソードで構成するということか。だからといって月1を追い掛けるのは面倒だな。

  • 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』(テレ東/深夜1:30)
    主人公の少女は幼い頃、廃墟でトランペットを吹く女性兵士と出会い、自分もトランペットを吹きたいと思い軍へ入隊──という思い込み勘違い天然キャラに萌えられる人は楽しく見れるのかもしれませんが、冒頭の列車内でのやりとりで私の肌には合わないことが判明。女性キャラ萌えして、遠い未来と言いながら第2次大戦風世界が舞台だったりするのをイケてると思う人向け。



【火曜日】
  • 『聖痕のクェイサー』(TVK/深夜1:45)
    (→MX/月曜深夜2:30)
    クェイサーと呼ばれる能力者らが戦う学園伝奇モノ。至る箇所で不自然な演出があり、どうやらエロい場面が放送用にイジられている模様。まあ表現的に仕方ない内容なので見たけりゃDVD等を買えって話なんでしょうな。とはいえ、それを差し引いても物語運びは下手。緩急での盛り上げ方に欠ける。初回終盤の転校生話は次回に回して人物描写に時間を割けばもう少しマシだったと思うが。



【水曜日】
  • 『バカとテストと召喚獣』(テレ東/深夜2:20)
    成績に応じたクラス分けで教室の設備に雲泥の差がある学校を舞台に、科目の成績に応じた召喚獣を召喚し戦わせて、上位のクラスに勝利すれば教室設備を交換することが出来る"試召戦争"で勝ち上がろうと奮起するFクラスの面々──というライトノベル原作アニメ。設定の奇抜さだけで中身は学園バトル物の定石上にあるので、過分なキャラ萌えもなく見やすい仕上がり。ハマれば。



【木曜日】
  • 『のだめカンタービレフィナーレ』(フジ/深夜0:45)
    第3期。今までと変わりないクオリティ。ノイタミナ枠は基本1クールで長編は(人気があれば)分割することになるけれど、今のクオリティ維持必須の深夜アニメ中心のアニメ業界では理想的な放送形態なのかもしれない。視聴者側の視聴スタイルの変化に因るところではあるけれど、こういう作品を1年スパンでちゃんと見たいと思ってしまうのは古参アニメファンのわがままか。

  • 『ひだまりスケッチ×☆☆☆』(TBS/深夜1:29)
    美術科女子高生日常観察アニメ第3期。シリーズのファンやキャラ萌えしたい人向け。

  • 『おおかみかくし』(TBS/深夜1:59)
    山間のニュータウンに引っ越してきた主人公。特に目立つ存在でもない彼が何故かクラスメイトの間で引っ張りだこに。そんな彼にクラス委員長だけは「あなたの存在は迷惑なの」と言い放つ。この街には何かがありそうだが……。原案が「ひぐらしのなく頃に」「うみねこのなく頃に」と同じ人物によるゲーム原作アニメ。アニメひぐらしはハマらず、アニメうみねこはミステリーの定番舞台装置上での作劇だったので見れましたが、今回はひぐらし寄りな感じ。登場キャラが肌に合わない。ネタの小出しに気長に付き合えるなら。



【金曜日】
  • 『デュラララ!!』(TBS/深夜1:55)
    池袋を舞台に様々な若者たちが織り成す"ハイテンション・サスペンスアクション"。原作、監督など『バッカーノ!』と同じ布陣。OPなどまんまだし。初回は人物紹介と首なしライダー事件を織り交ぜて飽きさせない。『バッカーノ!』同様、期待できそう。



【土曜日】
  • 『COBRA THE ANIMATION』(BS11/夜11:30)
    OVAを経て新TVシリーズも開始。27年ぶりか。コブラの声が内田直哉氏に変更。どうやらOVA版で若い頃のコブラを担当していたらしい(私はまだ未見)。やはり今の野沢さんの声だと癖が強いのかな。まあ確かに今回のコブラの今時のアニメらしい淡々とした作画では合わなそうではある。監督も出崎さんの予定だったのが清水恵蔵氏に変更。出崎調演出があったり違和感は少ない。見れるけど昔のアニメのようなワクワク感は無いかな。

  • 『おまもりひまり』(TVK/深夜1:00)
    (→MX/木曜深夜2:30)
    (→BS日テレ/金曜深夜2:00)
    7年前に両親を亡くし幼い頃の記憶もあまりない主人公。ある日、彼の前に現れた謎の美少女。妖とおぼしきものを倒したその少女の正体もまた猫の妖で、彼を守ると約束する──という第1話。朝、部屋まで主人公を起こしにくる幼なじみの女の子やら巨乳サービスなど深夜アニメらしい内容。そういう系が好きなら。



のだめのようなスタイルだともはや新番組を見ている感じがしませんね。というか昨今のアニメは「この年にこの作品」という時系列を感じさせなくなっていて、ますますただのライブラリー化していっている気がします。今期は個人的ヒットは少なめ。U局系は軒並みアカンなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010冬の新アニメ感想 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる