シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008秋の新アニメ感想追記

<<   作成日時 : 2008/10/26 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、2008秋アニメ感想はひと通り新番組が出揃ったと思って書いたんですけど、翌週にあと1本残ってました。録画予約はしてあったのにすっかり忘れてたわ。



  • 『ミチコとハッチン』(フジ/水曜深夜2:08)

    脱獄不可能と言われる刑務所から脱獄した女・ミチコ。親を知らず育ち、里親の家で酷い仕打ちを受けている少女・ハッチン。ハッチンの前に母親と名乗るミチコが現れ、2人の逃亡生活が始まる──。『サムライチャンプルー』のマングローブ製作。雰囲気や作画は実に"らしい"です。

    いじめ描写が見ていられなかった。首に縄やアイロンが出てきた辺りでスタッフ頭おかしいと思った。最後のミチコ参上シーンでカタルシス解放という計算だったのかもしれないけど、まったく足りていないほどにやりすぎ。アニメという表現は実写と比べ、無意識にフィクションだと認識させるメディアであると同時に、表現をより純粋に抽出してしまうメディアでもあるので、そこのコントロールが出来ていなかったと言わざるを得ない。

    巷で言われている主役2人の声は、ミチコ役の真木よう子は外していないと思う。おじさんから食い物取ったシーンが聞き取りにくいのは確かだけど、最後の啖呵など独特の雰囲気を醸し出していて悪くない。問題はハッチン役の大後寿々花。中高生ならまだしも少女の声ではない。その無理が声をさらに浮かせている。最近、この手の非声優の失敗が多すぎる。

    同様にタイアップ系楽曲の酷さも多い今日この頃。本作も例にもれずEDが酷い。私はもうCMスキップで飛ばすからどうでもいいですけど、そうまでしないとEDが作れないというのならOPのインストとか流せばいいのに。

    そんな感じなので2話目が勝負……のはずが、いきなり1週お休み。番組表は深夜枠で番組がまとまっていて録画予約しづらいし、フジは本当にやる気ないわね。



ついでに2話目以降を見て気になったものについても少々。

  • 『喰霊 -零-』(TVK/月曜深夜1:15)は、初回が全滅エンドっぽかったわけですが、2話目にしてどうやら視点が原作キャラにシフトした模様。防衛省キャラはただの当て馬かい。2話目以降が原作そのままなのかどうかは分かりませんが、私にはちょっと苦手な"若い"キャラ造形や物語。3話目Aパートで限界でした。本作のメインターゲットはやはり中高生なんでしょうな。

  • 『機動戦士ガンダムOO』(TBS/日曜夕方5:00)は前期と違って敵が明確になっている分、今のところは展開がずいぶん良いです。コードギアスR2が完全な仕切り直しによって時間を無駄にしたこととは対照的。ただ、ダブルオーガンダム起動ドラマなど無駄に熱くて良かったのに、基本の語り口は前期と変わらない客観視なためチグハグな印象。所詮、キャラ造形が嘘くさいんですから、もっと人物近くまで視点を落としてドラマ寄りにすべきでは?

    ルイスのような一市民がMSパイロットになってしまうのも勘弁。裏で色々あったで済まされても困ります。もし強化人間であろうがなかろうが、そこまで狭い人間関係で相関図が作られては不自然極まりないです。あと特に嫌な追加要素がソレスタルビーイング側の新キャラ、ミレイナの「〜ですぅ」喋り。番組Pは「OO初の萌えキャラ」「一服の清涼剤」なんて言ってますけど、そういうあざとい要素はホント勘弁して。



視聴継続の2008秋作品は現在4分の1程になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008秋の新アニメ感想追記 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる