シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム感覚

<<   作成日時 : 2006/07/26 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本経済新聞社員がインサイダー取引をした事件。

その概要は、日経新聞に掲載される「法定広告」の内容を事前に社内PCで閲覧し、株の値上がりが見込める「株式分割」の情報を得て、株の短期売買で2か月間で3300万円もの利益を上げていた、というもの。

まあ、これは完全なインサイダー取引で弁解の余地はない。

気になったのがこの社員(笹原一真)は今回のことを「ゲーム感覚でやった」と語ったこと。で、この「ゲーム感覚」という言葉をマスコミが使うとどうにも「ゲーム」への悪意を感じること(まあ、何度となく語られてることだけど)。



そもそもこれって「万引き」や「オヤジ狩り」など、若者の犯罪の際に必ずといっていいほど出てくる言葉な気がする。

「深く考えずにやってしまいました」
「だから罪は軽いでしょ?」

そんな声が聞こえてくるように。



こういった犯罪に手を染める若者はそもそもゲームを愛してなんていない。彼らの言うゲーム感覚とは単に「遊び半分」という意味でしかない。なのに社会はゲームがこういった若者を生んでいるかのように語る。

そんな「ゲームへの敵対心」が若者にゲーム感覚と言わせていることに気付かないのか。「馬鹿な大人が誰かのせいにしてくれている」……彼らは陰でほくそ笑んでいるのに。

「窃盗はいけないと知らなかった」
「強姦はいけないと知らなかった」
「人殺しはいけないと知らなかった」

知らないと罪は軽くなるのか?……そんな馬鹿な。
それは知らなかった本人の落ち度に過ぎない。
でもそこにゲーム感覚という免罪符がある。



「彼らはまだ幼かったのだ」

一体、誰に対する免罪符なんだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲーム感覚 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる