シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006年10月19日放送の『プレデター2』

<<   作成日時 : 2006/10/31 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006年10月19日放送の木曜洋画劇場『プレデター2』(テレビ東京)でのこと。以前、金曜ロードショーで放送されたものを録画保存していましたが、今回の放送では吹替キャストやカット箇所の差異があるかもしれないと録画してみました。

チェックすると吹替音源は以前のものと同じだったので、それならレターボックスの小さい画面よりも、前に録画した4:3画面のものでいいかなと(※画面比率もTV放送では重要な問題。私は左右が切れても画面いっぱいに映す4:3画面が好き)。



とりあえずCMの入る箇所と、それに伴うカット部分の多少の差異だけを確認しようと早送りしていたのですが、放送時間にして34分12秒付近、ダニー・グローバーがとあるバーで部下に指示を出している場面で事件は起こりました。

ダニー「明日は1日キースを尾行しろ。奴に張り付き、目を離さずにいれば何か掴めるかもしれん」

問題はそのあと。画面は部下の男のリアクションを映しているのに聞こえてくるのはダニーの声のまま。

ダニー「何が麻薬捜査だ」

その時、部下の口も微妙に動いているため画面が落ち着きません。しかも、そのあとダニーのアップになるも彼の口が動いていないのに声だけが聞こえてきます。

ダニー「本当は何を追ってるんだキース……おおっと、もう時間だ」

一応、ダニーの心の声と見ることも出来なくもないですが、その時のダニーは部下の手遊びを目で追っており、どう考えても不自然です。さらにそのあとダニーの口が動きますが今度は声が聞こえてきません。何故こんなことが?



同じ場面を金曜ロードショー版で確認すると「何が麻薬捜査だ。本当は何を追ってるんだキース」の台詞はモニター映像に被っていて、「おおっと、もう時間だ」の台詞はダニーが席を立つ画面で口にしていました。

今回の放送はHV(ハイビジョン)放送として映像素材は新しくなっていましたが、吹替音源は従来のものをそのまま使用しています。

そうです、この時に映像の編集が不足したのです。

手元にはLDしかないので字幕で確認。この場面はダニーの最初の台詞のあと、部下のリアクションで「そうですよ」「任して下さい」ときちんと部下が喋ってます。それに対してダニーが「よし」と言います。その後、部下がホールで目が合った女性をナンパしに席を離れ、再びダニーはモニター画面に目をやります。そこで「キースの奴、何をたくらんでいる?」の台詞。そして「さて時間だ」と言いながら席を立ちます。



今回の木曜洋画劇場では「部下のリアクション」「ナンパシーン」などをカットした尺用の吹替音源に対し、部下のリアクションをそのまま残し、ナンパ直前でCMに入る形でそれ以降をカットするというミスをしていたという顛末でした。

この手の画面と台詞の不一致は、TV音源を収録する往年の外国ドラマDVDで何度か見かけたことがありますが、まさかTV放送上でお目にかかるとは思いませんでしたよ。これからはHV化した過去作の放送には気をつけなくては。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006年10月19日放送の『プレデター2』 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる