シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 広川節からライラって

<<   作成日時 : 2008/03/18 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日テレ「おもいっきりイイ!テレビ」では、mixiの「日記キーワードランキング」とやらを紹介するコーナーがあるらしく、ちょっと前に3月7日付で「吹き替え」が1位になっていたのを取り上げていたそうな。



映像も見てみましたが、広川太一郎さんがお亡くなりになったことに触れた記事が多かったためと分析した上で、声優話を少々繰り広げていました。

まずは『007』のロジャー・ムーア、そして広川節といえば『Mr.BOO!』のマイケル・ホイといった紹介が簡単にあり、その流れで「この俳優ならこの声というのがありますね」とフィックス声優の例を数人挙げていました。

「ジャッキー・チェンなら石丸博也さん」
「ブルース・ウィリスなら野沢那智さん」
「エディ・マーフィーなら山寺宏一さん」

……って、なんとも雑な。
そのものズバリは石丸さんぐらいじゃん。



確かに野沢さんのウィリスは多いけど、樋浦勉さんという線だってあるわけだし(かつては村野武範さんとか)、これというフィックスは確定してないでしょ。そもそも野沢さんを挙げるならアラン・ドロンじゃないかい?

エディ・マーフィーもこれまた最近は山ちゃんがほぼフィックス状態だけど、下条アトムさん抜きには語らんといてくれ。どうにも一般的に名前が通っている山ちゃんありきで無理やり並べている感じ。

それなら刑事コロンボ=ピーター・フォークなら小池朝雄さん(もしくは石田太郎さん)とか、クリント・イーストウッドなら山田康雄さんといった具合にいくらでも例はあるでしょうに。



とはいえ、ここまではまだマシです。番組はここから『ライラの冒険』豪華声優陣に話を広げていました。なんだそりゃ。

もうこのフレーズも言い飽きましたが──
それは全然、"豪華声優"じゃないから!

それはあくまでも「芸能人=豪華」という考え方であり……なんて話も芸能人吹替が氾濫する今となっては豪華ですらなく、それでもCMで「究極の吹き替え」などと謳っていることが不快で仕方ないというのに。

何故、広川太一郎さんから始まった吹き替え話が芸能人の素人吹き替えで締め括られなければならないのか。たかが昼のワイドショー番組に多くを望もうとも思いませんが、結局は宣伝宣伝ですか。

(今や番組ゲストは全て番宣目的で、番組内容とは無関係に宣伝映像が挟み込まれ、主題歌といえばタイアップ。これらがどのチャンネル、どの番組を見ても同じ有り様では、視聴者はTVに何も求めなくなって当然だと思うのですが……)



広川さんに触れたものがあって嬉しかったと思いきや、その扱いにはガッカリというありがちな一幕でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広川節からライラって シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる