シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画解説者逝く

<<   作成日時 : 2008/06/18 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

映画解説者・水野晴郎さんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りします。



TV放送で映画を観る際には、各番組の映画解説者らの解説もまた楽しみのひとつでした。

テレ朝・日曜洋画劇場の淀川長治さんは、通常の解説は当然として、ご自身の嗜好と明らかに異なるB級映画の際に無理やり自分のフィールドに話を持っていく感じが好きでしたね。

今日は出演者の話でお茶を濁してるなとか、テーマだけを切り取って本編に全く触れてないなとか、B級映画の時の解説はそれはそれで楽しみで仕方ありませんでした。

B級映画といえばテレ東・木曜洋画劇場ですが、解説は珍しく女性で木村奈保子さん。当時は今よりももっとB級C級映画メインの枠でしたから、木村奈保子さんの決め台詞「あなたの心には何が残りましたか?」がハマることが少なかったのも良い思い出。

フジテレビ・ゴールデン洋画劇場では高島忠夫さん。本業はタレントですから今思えば解説というよりは紹介でしたか。とはいえ番組ホストとしてきちんと機能していました。

TBS・月曜ゴールデンは荻昌弘さんという方が解説してらしたそうですが、私はちょっと記憶に薄いです。スミマセン。



こうして振り返ってみると、水野晴郎さんは実にスタンダードな映画解説者でしたね。とりたてて名画志向ということもなく、娯楽としての映画というものを体現していたように思います。それは日テレ・金曜ロードショーという枠が持つ一般性、娯楽性にも合致していたのでしょう。



今は放送枠の中でただ流されるだけの映画。
昔は良かったとは安易に言いたくはないけれど、昔の方が文化的に芳醇だったと思う。

それはTVというメディア全体の問題でもあるんだけど、それはまた別のお話──。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画解説者逝く シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる