シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家に地デジがやってきた

<<   作成日時 : 2007/04/24 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我が家に地デジがやってきた──といってもハイビジョン対応テレビが来たとかそういったレベルの話ではなく、ただ地デジチューナー内蔵のHDDレコーダーが来ただけの話。

以前の記事で「無理に地デジ機器を買うのはバカバカしい」と書いておいてなんなんですけど、別に地デジを見たくてデッキを買ったわけではなく、HDDレコーダーを買い足すにあたり、今現在だと地デジチューナー付きの機種しかないというだけのこと。



そもそもウチのマンションに地デジが届いているかどうかも不明で、接続してみたら映った次第(しばらく前からアナログ放送の受信状況が落ちていて、それはもしかすると地デジ対応のUHFアンテナを設置しているせいでは?と薄々は思ってましたが)。

なので我が家ではブラウン管テレビ(4:3)に繋いで見ています。私はSD画質でもノイズ感がないだけで十分満足です(そもそも記録メディアはDVDなわけだし)。HDで見れば見たでキレイなんでしょうけど、今のところ私はそこまでのハイスペックは必要ないですね。

そもそも地デジ対応のTVは基本的にHD=高いものばかりですが、エントリー用にSD画質の商品があっても良さそうなもんです。



さて、やはりというかウチはTVKが視聴範囲外で映りません。しかも本来範囲内のはずのTOKYO MXすら映らないときたもんです。結局、この2局はアナログ併用です。

地デジという代物は放送範囲が厳密に決められ、範囲を逸脱した送信がないようにしてるような話を耳にしましたけど……う〜む、コピーワンス共々がんじがらめな仕様ですね。

(以前も書きましたが本当にこのコピーワンスは困りもの。HDD→DVDはコピーではなくムーブのみ。そしてDVDに移した後はもはやどこにも移動できない=失敗が許されない仕様なんて。著作権保護を盾にして視聴者全員を海賊版業者扱いのこの仕様は早急に見直して欲しいです)



あとはHDDレコーダーのチューナーで直に見た場合、ウチのようなブラウン管テレビの場合、4:3サイズで放送している番組では上下左右が黒枠となり、ひと回り小さい画面でしか見れないのは難。

本来、4:3放送の番組を今までのテレビに映す場合、画面にあわせてフル表示(=パンスキャン)されるべきなのに、現在そうした信号処理をしている番組は極一部。大体は16:9放送と同じ処理で済ませている模様。どうやら4:3テレビユーザーの切り捨ては既に始まっているようです。

前述したように「値の張るハイビジョンテレビなんて買えない」「必要ない」という人間もいるわけで。現実的に個人部屋の小さいテレビまで全てハイビジョンに買い替えるなんてどだい無茶な話でしょう。となれば、地デジチューナーを外付けする使い方が地デジ時代のダブルスタンダードになると思われます。

ということで4:3テレビをまだまだ考慮すべき現在、パンスキャン処理を標準放送にしていて欲しいですね。放送される番組の全てが16:9画面になった暁にはどうぞ削ってくださって結構ですから。



地デジといえばデータ放送も体験してみました(※ネットに繋いでいないため放送データのみ)。録画できない部分なのでリアルタイムで見る仕掛けですけど……どうにも私はデータを読んでいると番組を見ることが疎かになります。他の方たちは大丈夫なのでしょうか?

TV局としては視聴時間(=視聴率)が稼げれば見ていようがいまいがどうでもいいんでしょうか。



結論。ノイズのない映像は魅力ながらもやっぱり地デジを取り巻く環境は好きになれませんな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家に地デジがやってきた シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる