シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 廉価版と海賊版

<<   作成日時 : 2007/06/28 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月「機甲創世記モスピーダ COMPLETE DVD-BOX」なるものを購入した私ですが、同商品はこれまでに2度の廉価化がなされた代物でして。

  • 2001年:全6巻・各巻4935円で単品売り
    私の旧作TVシリーズDVDの基本的な購入基準は1話=500円程度なので、この時は30%引きワゴン品の購入を少し悩んだぐらい。

  • 2004年:18900円でBOX化
    私はこの発売にまったく気付かずスルー。換算すると1話=700円程度なので、この時に目にしていたら購入してたかも。

  • そして2007年3月:9975円でBOX再販
    3月発売を5月に入ってから気付き、探しまわった挙げ句、以前は「在庫なし」だった某量販店HPの店頭在庫表示にひょっこり出現したところをゲット。



というわけで今回の話は「廉価版」

DVDではワーナーが筆頭でしょうか。当初は1500円だった価格帯も今や980円690円にまで下がってきました(むろん期間限定でタイトルの偏りがあってのことですけど)。

他のメーカーも追随して、980〜1980円ほどの廉価版シリーズを展開するようになり、おかげで私は廉価化されそうなタイトルは「待ち」が基本になりました。

これではまるでメーカー側が機会損失をしているようにも聞こえかねませんが、でも値が下がらなければ私は購入しないわけで、どちらかといえば廉価版なら確実に買う「いい客の確保」といえるでしょう。



さて、違法コピー問題でよく「本来なら○億円の利益」などという数字が出ますが、あれは違法コピー商品=海賊版をそのまま正規品に置き換えて計算した数字のマジックなので要注意です。

前述した私の判断基準でいえば海賊版の価格分をそのまま正規品の購入に回すことはなく、違法コピー商品が世の中から無くなったからといって5000円の正規品はそうそう買いません。これが1500円で正規品が買えるなら1000円の海賊版なんぞ買わないわけで、廉価版は違法コピー商品への対抗手段でもあるわけです。



消費者にはそれぞれの購入基準があり、適正価格もまちまち。

後々、廉価版が出たとしても、いち早く、そして確実に手に入れたいと思うものなら通常版でも購入します。ちなみに私の場合はジャッキー・チェンのDVDがそれ。

そりゃまあ、今回の『モスピーダ』のように廉価に廉価を重ねられると、最初に廉価版を購入した人にとっては微妙でしょうが。かくいう私も『トゥルーコーリング』のDVD-BOXをメーカー50%OFFキャンペーン時に購入したら、直後に1BOX化されてちょっとショックでしたもん。

差額は収納ケースが安っぽくなった分と思えば適正ですけど、私はどちらかといえばそのコンパクトさが羨ましくて。我が家のDVD棚はそろそろギリギリです。



最近、国内メーカーにもようやく廉価版が見受けられるようになりましたが、まだまだ数は少なく値引きも中途半端。もっとどしどし出してほしいものです。それこそが真の「海賊版撲滅キャンペーン」になるのですからね。

でも、コピーコントロールCDを作るようなCD業界同様、メーカーの既得権確保が優先っぽいから、国内ではこれ以上の進展はないんだろうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
廉価版と海賊版 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる