シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 地デジ〜B-CASよ、さようなら〜

<<   作成日時 : 2008/10/08 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウチのHDDレコーダーがB-CASカードで制御されている感覚が気持ち悪いと以前に書きましたが、そんなB-CASが廃止に向かいそうだというニュース。

ASCII.jp:「第5権力」としてのウェブ
http://ascii.jp/elem/000/000/177/177381/

AV Watch:「技術と契約」の観点からB-CAS見直しへ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080926/soumu.htm


まあ、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズなどという一私企業が独占管理することがそもそもおかしい代物だったのに、それをメディアもメーカーも必要以上の既得権益意識で批判が出てこなかったわけで(メーカーはソフト部門があるところに限るか)。

あまりにも地デジの普及が進まないことで視聴者がいなければ意味をなさないことに気がついたのか、ホント、ようやくというより何を今更という感じです。



当然ながらコピーワンス(ダビング10)なんぞは早いトコ終了してもらいたいものです。

最近、コードギアスなどを見ると、ネットにUPするのは違法うんぬんという類いのテロップを表示していますが、それを出すということは逆に「コピーワンスは無意味」だという宣言に他なりません。

(そもそも違法DVDとは論旨が違うので、そちらは警察がちゃんと取り締まればいいだけのこと。風邪をひく前の風邪薬は体にいいことなんて何もありませんて)

あとダビング10はこんな風↓に困る人もいますけど(笑)。

サムシング吉松の死んぢゃえばいいのに!:第733回
http://style.fm/as/05_column/some733.shtml




それでも問題が山積みな地デジ。
先日「ポチは見た!〜マスコミの嘘と裏〜」に地デジネタの続きがUPされていました。

ポチは見た!〜マスコミの嘘と裏〜:「続・地デジに踊らされるな!」
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8404/sono30.htm


知り合いのいる山梨なども、まだまだ難視聴地域の問題は解決されてません。2011年になり、地デジ周辺の環境整備、調整が整うまでは地デジ移行の必要性を感じないばかりか先行きに不安を覚えます。ていうか今は時期尚早?



さて、我が家の地デジ事情のその後。

キー局の受信は落ち着きましたが、TOKYO MXは大雨が降るとノイズが入って音声が途切れ、TVKは普通でもノイズが入り、大雨が降ると完全に受信できなくなるという状態。結局、MXはアナログ併用、TVKは完全アナログで録画しています。正直、アナログ放送が終わったら困るわぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地デジ〜B-CASよ、さようなら〜 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる