シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS スマステ「大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10」感想

<<   作成日時 : 2010/07/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2010年7月10日放送「SmaSTATION!!」では『トイ・ストーリー3』公開に合わせた形で、「大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10」を放送。

「TVアニメでは『スティッチ』の新シリーズが大人気。実写映画では『アリス・イン・ワンダーランド』や12月公開の『トロン:レガシー』が話題に。そしてアニメ映画では本日、日本で公開される『トイ・ストーリー3』がアメリカで大ヒットを記録。常にエンターテインメント界の話題の中心となっているディズニー&ピクサー映画。そこで今夜はそんなディズニー&ピクサーの歴代傑作アニメ映画を大特集!」

企画的に『トイ・ストーリー3』の宣伝用なのは予想してましたが、まさか同局で放送中のTVアニメ版『スティッチ』の宣伝も挟んでくるとは油断なりませんな(苦笑)。

今回は、20代〜40代の大人の女性を中心に全国500人にアンケートを実施したとのことですが、何故その層限定なのかな。対象サンプルを絞ること自体は構わないですけど理由が不明。最近のサンプル数500人という少なさはもうどうでもいいです。

ランキング結果 >>




ゲストはよゐこの2人。
ディズニーといえば濱口優というのは納得。
好きなディズニーと聞かれて答えたのは──

濱口:『トイ・ストーリー』
有野:『ピノキオ』(ウォルト←ボケ)

濱口はさすがに今答えるべきタイトルを分かっているというか、分かりすぎているというか。彼の場合、ディズニーとの縁が深い分、下手するとただの宣伝マンにしか見えなくなるのが難かと。



番組は「ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの完全協力の元、TVではめったに見ることの出来ない名シーン・名キャラクターのオンパレード!」という謳い文句通りに映像は用意された様子。そりゃ番組使って宣伝してくれるんだもの当然よね。

いつものことですが、企画タイトルが表示される度にちょいちょい違うのはなんとかならんのでしょうか。

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが全面協力
保存版!ディズニー&ピクサー映画ベスト10
ディズニーが全面協力!超貴重な名場面を大公開!
大人の女性が選ぶ…ディズニー&ピクサー映画ベスト10

しかし、「超貴重な名場面」なんて言われても、今やDVD等で大概の作品は見られるのだから貴重も何もないよね。今回紹介された中でDVD化されていない作品なんてありましたっけ?

あとはあえて「ディズニー"&ピクサー"という括り方にしているのが気になったり。まあ、ピクサーも完全子会社化されたし、今やディズニー配給CGアニメというよりもピクサーというブランドの方が浸透してますけどね。でも『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が普通にディズニー作品扱いで腑に落ちなかったり。



ランキング結果は、自分が昔から見てきた作品群への投票と、子供などと一緒に近々に見た印象での投票が混在している印象。

ディズニー&ピクサーというお題とはいえ、ちょっとピクサー率高すぎないかい? 15作品中7作品って『ナイトメアー』を除けばディズニーとぴったり半々じゃん。ちょっと納得できん。昔の記憶を掘り起こさずに近々の印象だけで投票する輩が多すぎる。いやまあ、そういうのを含めての一般投票だけど……。

1位は予想通り。女性が選ぶなら『美女と野獣』ですな。翌年『アラジン』が公開された時にどちらが好きかという質問では大概、男性は『アラジン』、女性は『美女と野獣』と答えていたものです。まあ、私は『美女と野獣』派でしたけど。

今回、ベスト3発表の前に「ベスト10入りは逃したものの多くの得票を集めた15位から11位までの作品を紹介」してましたが、コバヤシカツヤセレクションというわけでもないなら最初からベスト15でいいのではなかろうか。電子番組表では「ベスト15」になってましたし。

まあ総合的には順等な結果ということで。



さて、今回も個人的なベストを挙げてみます。
1作品に絞れないので久々にベスト10を考えてみますか。

  1. ふしぎの国のアリス(1951)
  2. ターザン(1999)
  3. ラマになった王様(2000)
  4. 美女と野獣(1991)
  5. トイ・ストーリー(1995)
  6. モンスターズ・インク(2001)
  7. ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993)
  8. ジャイアント・ピーチ(1996)
  9. チキン・リトル(2005)

今回は9作品でご勘弁。
残る候補作品から1作品を選ぶ決め手がありませんでした。

世界観から映像まで『トイ・ストーリー』はエポックメイキングな作品としてとても好きではあるんですが、こういった順位付けをする段ではCGアニメを手描きアニメの上にはどうも置けませんな。『モンスターズ・インク』にしても大好きなんですが。

たぶん私がアニメーションというものに求める基準が何かしらそこにあるんでしょうね。やっぱり"絵"が動く快感を求めているのかな。



アリスは土井美加さんの吹替ありきで。
そういえば2001年以降、表現が過激な台詞だけ吹き替えなおされたバージョンになってるんですよね。一度、聞き比べてみようかな。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマステ「大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10」感想 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる