シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS サンダーキャッツ

<<   作成日時 : 2010/10/24 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、ふとした流れで辿り着いたとあるアニメのOP動画。

Thundercats

http://www.youtube.com/watch?v=2Qd_IsxgAf8

うおおお、懐かしい〜っ。

正確には80年代当時、アニメ誌上で紹介された記事を目にしたことがあるだけなんですが、アメコミ調の絵柄でありながら日本のアニメのダイナミックな作画が誌面の写真からも感じられて、見てみたいと思った記憶が甦りました。

今回、最初に辿り着いた動画が仏版『CosmoCats』だったものだから、タイトルで検索かけてもなかなか情報が引っ掛からなくて、その後、ようやく『ThunderCats(サンダーキャッツ)』が米版タイトルだと分かったことで日本側スタッフも数名確認できました。

監督:秋山勝仁
演出:窪秀巳
作画監督:谷口守泰、小川博司
OP原画:摩砂雪


米版Wikipedia(翻訳)
http://en.wikipedia.org/wiki/ThunderCats
仏版Wikipedia(翻訳)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Cosmocats
仏版ファンサイト(翻訳)
http://www.cosmocats.com/




検索していると、2011年にワーナーブラザーズがSTUDIO4℃制作でリメイクシリーズを作るとのこと。STUDIO4℃といえば海外では『アニマトリックス』での評価も高いので、そういう期待もあるんでしょう。個人的には昨今のスタイリッシュな画よりも当時のOPの方がアニメとしてずっと素晴らしいとは思いますけどね。

STUDIO4℃:『サンダーキャッツ』制作開始
http://studio4c.jugem.jp/?eid=124


最近だとマッドハウスの『アイアンマン』『ウルヴァリン』や、STUDIO4℃、マッドハウス、I.G.等による『バットマン ゴッサムナイト』といったものもありましたし、こうしたリアル系作画はANIMEが一番ですな。

(余談ですが、先日とある夕方のニュースで「日本のアニメが世界で人気」というネタを放送した際に、未だに「ジャパニメーション」呼ばわりしていたのは報道番組として取材不足以前の話。私もこの言葉が伝わった当初は使ったこともありますが、本来は蔑称であり、実際は「ANIME(アニメ)」=日本製のアニメーションで定着してます。このアニメネタも結局は実写版『ヤマト』『あしたのジョー』の宣伝というオチ。もはや報道を冠するのはやめてもらいたいです)

Iron Man Anime Trailer

http://www.youtube.com/watch?v=L4Q7xgxDJh4

Wolverine Anime Trailer

http://www.youtube.com/watch?v=sLYjywXyyDI

Batman Gotham Knight Trailer

http://www.youtube.com/watch?v=iXrhcQ7M-K4



どうやら少し前には実写映画化も企画されていたようですが、続報を聞かないので動きは止まっている模様。ファンメイドの予告編が作られるほどアチラでは根強い人気があるらしいので、今回の新アニメシリーズ次第でまた企画が動くかもしれませんね。

NCR2:80年代アニメ『サンダーキャッツ』映画化へ
http://ncr2.net/2007064551.php


Thundercats Movie trailer (fan made)

http://www.youtube.com/watch?v=fb50GMmY5nk

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンダーキャッツ シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる