シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS TPPにまつわる民主党の詭弁

<<   作成日時 : 2011/10/31 00:06   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

TPP

http://www.youtube.com/watch?v=G9aWJ8Orl10


民主党が壊す日本もここに極まれり。
以下は上の動画の内容の要約。



問題を農業問題に矮小化し、それを切り捨てるという民主党。

第一次産業(農業・漁業)1.5%のために残り98.5%を犠牲にしてもいいのか、という言葉のマジックで国民を騙そうとしている民主党。

第一次産業従事者は足手まといと言わんばかりの民主党。
被災地東北の第一次産業0.5%を切り捨てると言っているに等しい。

そもそも食料自給率の低下による諸問題をここ数年で嫌という程見てきたのではないか。



環太平洋と謳ってはいるが、そのGDP比は、米国69.7%、日本21.8%、豪州4.3%、その他7カ国4.2%であるため、実質はアメリカの対日本輸出政策でしかない。

日本の工業製品の多くはアメリカに工場が移され、既に日米間に関税問題など無いにも関わらず自由貿易を謳う民主党。

TPP参加によるGDP2.7兆円増加という数字は10年間の累積データであるにも関わらず、番組はそれを恣意的に隠し、あたかも1年間の数字であるよう視聴者に錯誤させる報道姿勢がそれを支援する。



TPP交渉とは日本をアメリカの市場にするためのものでしかない。
アメリカの輸出倍増計画の受け皿にされるだけで日本側の輸出(=アメリカの輸入)は一切伸びない。

「交渉に入る=賛成派」「交渉に入らない=反対派」という表現は、まるで交渉を拒否することが意固地であるかのような印象を生み、問題の本質から遠ざける。

交渉参加=婚約
参加=結婚


交渉参加とは参加を前提としたお付き合いであり、婚約を破棄すれば日米関係は悪化すると共に世界の信頼を失う。

交渉に入るということは即ち参加決定となり、どんな理不尽な要求があったとしても途中離脱は出来ない



民主党の数々の虚飾に満ちた言葉をマンセーするばかりの似非報道番組では中野准教授でなくても腹も立つというもの。

民主党は無能というだけではない。

もはや日本人ですらない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPPにまつわる民主党の詭弁 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる