アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アニメ」のブログ記事

みんなの「アニメ」ブログ


テレビ朝日「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」感想

2017/01/21 23:01
2017年1月9日に放送されたテレビ朝日「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」。この手の企画は随分と久しぶりですが、中身は同局で6年ほど前に放送されていた「お願いランキング」企画のただの焼き直しでした。

「今年2017年、日本にアニメが誕生して100周年。この100年の間に1万作以上の作品が日本で製作され、多くの声優によって命が吹き込まれてきた。そこで!日本アニメ誕生100周年特別企画──(中略)──今、声優がアツい! そのアニメなどの人気は熱を増し、ファンが大行列を作るなんて当たり前! 人々の心を揺さぶるお仕事、声優のナンバー1が今夜決まる!」

集計方法は過去番組同様、1位10ポイント、2位5ポイント、3位1ポイントの合計ポイントでランク付けです。

人気声優200人が本気で選んだ声優総選挙ベスト25 >>




ちなみに上記の「1万作以上」とのナレーション時にテロップで流れた作品は以下の通り。

「鉄腕アトム」
「ドラえもん」
「ルパン三世」
「新世紀エヴァンゲリオン」
「魔女の宅急便」
「北斗の拳」
「ズートピア」
「クレヨンしんちゃん」
「スラムダンク」
「キテレツ大百科」
「シティーハンター」
「テニスの王子様」
「忍たま乱太郎」
「いなかっぺ大将」
「HUNTER×HUNTER」
「銀河鉄道999」
「ハイスクール!奇面組」
「ゲゲゲの鬼太郎」
「美少女戦士セーラームーン」
「ワンピース」
「君の名は。」
「タッチ」
「タイガーマスク」
「ブラック・ジャック」
「スレイヤーズ」
「ど根性ガエル」
「キン肉マン」
「科学忍者隊ガッチャマン」
「ユーリ!!! on ICE」
「おそ松くん」
「妖怪ウォッチ」
「怪物くん」
「鋼の錬金術師」
   :

えーと、いつ「ズートピア」が日本アニメになったんだろう。



「番組では200人を超える人気声優の方々にアンケート調査を実施。あなたがスゴいと思う声優は誰ですか? 合計のポイント数でランキングを作成しちゃいました。今宵、プロが選ぶ本当にスゴいと思う声優BEST25を大発表! あなたの好きなキャラクターの声の主は何位なのか?──(中略)──現在、およそ6300名いると言われる声優の頂点に立つのは一体誰なのか!」

豪華な授賞式会場のようなセットを組んでそれっぽくしただけで、「人気声優100人が本気で選んだスゴイと思う声優ランキングBEST25」(2011年8月放送)そのまんまですね。「ヤング声優vsアダルト声優 本当にスゴイ声優ランキング」(2011年11月放送)のように若い世代を汲み取る要素も特になし。

冒頭からランキングとまったく関係ない「君の名は。」の映像音声の使い方が酷い。声優を起用していない作品に声優総選挙の文字を被せるのはいくら一般層を釣るための餌とはいえやりすぎです。「のぶ代ドラ」「おそ松くん」「キテレツ大百科」などもランクインした声優の担当キャラではない場面の映像を使うなど全体的に適当すぎ。

番組は「声優が集められた授賞式会場スタジオ」と「芸能人ゲストが会場の様子を中継映像で見る別スタジオ」というスタイルで進行。芸能人ゲストは以下の通り。

  • 爆笑問題(MC)
  • ウエンツ瑛士(MC)
  • 千秋
  • 乃木坂46生駒里奈
  • アンジャッシュ児嶋一哉

えっ、ウエンツってMCだったのか。
ろくに喋ってもいなかったし仕切ってもいなかったのに。



アンケートを取ったという「人気声優200人」という曖昧さ。放送時に松本梨香さんや緒方恵美さんらがアンケートの存在を知らなかったとツイッターで呟いていましたが、おそらくは大手声優事務所にアンケートを丸投げして関連各所で書いてもらったってところでしょうか。声優歴1年どころか無名の票もだいぶありそうです。

そのため今回のランキングは直接的な芝居だけではなく、音響監督をしている人や事務所の社長らなどの「後輩の育成」「仕事でお世話になった」「事務所のイチオシ」といった声優業界全体における貢献度という要素が大きく影響したものと思われます。今回のアンケート方法で得られるのはあくまで業界内の力関係が作り出すランキングでしょう。

それならそれでそういう賞として経歴を過不足なく紹介していれば問題ありませんが、ところがそれを一般向けの「人気アニメ&キャラとその声優」といういつもの懐かしアニメ番組に仕立てるからおかしくなる。

高山みなみさんの代表キャラは今はどう考えても江戸川コナンですし、森川智之さんの代表作はズートピアではありません。紹介される作品名や使える映像の偏りでアンケート結果の本来の意味はすっかりスポイルされてしまいました。「人気声優200人にアンケート」がテレ朝バラエティ番組を作る方便でしかなかったのが悲しいです。

番組全体は過去のVTRの再利用が多く、紹介されるコメントも投票者の声なのか番組側が作った煽りの文言なのかがわかりにくい。CM明けに毎回「あなたの好きなキャラクターの声の主は何位?声優総選挙」と繰り返しタイトルがコールされるのも鬱陶しい。間に挟まれたトークコーナーは「雄二のぶっちゃけ部屋」と大差ありませんが、元々、同系統番組から派生したものでしたね。



過去の同系統番組との比較一覧。

2007.10(プロ)はフジテレビのプロキング「声優がスゴイと思う声優ベスト10」です。前述のナレーションで「プロが選ぶ本当にスゴいと思う声優」と言っていましたが、元はこの辺から剽窃しているんでしょうね。

順位2017.012011.11
(アダルト)
2011.082007.10
(プロ)
山寺宏一山寺宏一山寺宏一山寺宏一
野沢雅子小原乃梨子野沢雅子八奈見乗児
藤原啓治田中真弓田中真弓野沢雅子
沢城みゆき矢島晶子千葉繁永井一郎
関智一野沢雅子八奈見乗児田中真弓
田中真弓大谷育江永井一郎中尾隆聖
高山みなみ永井一郎若本規夫千葉繁
中尾隆聖三ツ矢雄二林原めぐみ若本規夫
古川登志夫高山みなみ高山みなみ古谷徹
10大塚明夫こおろぎさとみ矢島晶子野沢那智
11林原めぐみ小山茉美中井和哉 
12森川智之島本須美田中秀幸 
13柴田秀勝神谷明平田広明 
14諏訪部順一堀川りょう大塚明夫 
15三石琴乃草尾毅草尾毅 
16矢島晶子銀河万丈内海賢二 
17榊原良子難波圭一緒方賢一 
18小林清志清水マリ中尾隆聖 
19塩屋翼掘絢子神谷明 
20千葉繁古川登志夫大谷育江 
21日高のり子 坂本千夏 
22神谷明 三ツ矢雄二 
23肝付兼太 日高のり子 
24三ツ矢雄二 山口勝平 
25平田広明 杉山佳寿子 
25島本須美   

順位2017.012011.11
(ヤング)
 朴ろ美
 沢城みゆき
藤原啓治関智一
沢城みゆき宮野真守
関智一平野綾
 入野自由
 竹内順子
 水田わさび
 豊崎愛生
10 木村昴

山ちゃんはもうそういう扱いで、ここでも「困った時の山寺」化してしまっているような。野沢雅子さんと田中真弓さんは10年前から常に上位にいるのが凄い。中尾隆聖さん、矢島晶子さん、高山みなみさん、千葉繁さん辺りも安定。神谷明さんもフリーだったり干されたりしながらランクインし続けているのはさすがです応援してます。松本梨香さんの呟きの「まだまだがんばらないと」は神谷さんのように事務所やテレビ局の壁を超えるレベルにならないとって意味だったのでしょうね。



以下、感想などなど。

順位は「○○位/6300人」という表記ですが実際に票の対象になっているのはトップ数百人ぐらい。それでも仮に1位に挙げる人が2人いれば20ポイントで24位にランクインしてしまうという。下位はかなり票がばらけたと見ていいでしょう。松本梨香さんはきっと17ポイントだったんだ、きっとそうだ。ちなみに番組内のコメントが投票相手に対してなら三ツ矢雄二さんと山寺宏一さんだけ3票の行方が判明しています。

故人の肝付兼太さんがランクインしていますが、アンケートは基本的に故人は対象外のはず。そうでなければ往年の名声優だけで上位が埋まってしまいます。おそらくはアンケートを取ったのが昨年の10月前半より前で収録は訃報後だったのでしょう。

塩屋翼さんとか榊原良子さんとか柴田秀勝さんとか、今まであまり紹介されてこなかった面々が紹介されたこと自体は嬉しかったです。まあ、私にとっての柴田秀勝さんは「銀河旋風ブライガー」オープニングの前口上が筆頭ですけどね。

三石琴乃さんの時の「セーラームーン」の映像ではまた荒木香恵さんの代役時の映像が紛れていました。「1万人が選んだアニメソングBEST30&懐かしの名場面」(2011年8月放送)の時にも間違えていましたがまるで成長していませんね。するつもりもないんでしょうが。

高山みなみさんの代表作をムーミンにするのは仕方ないとしても、作品名を「楽しいムーミン一家」と言っておきながら、実際の映像はフィンランド製(フランス共同制作)の2015年劇場版ってのはいかんでしょ。

沢城みゆきさんを「7色の声」と言って紹介したのが「クールな少年」「美少女」「幼い子供」「宇宙人」「報道ステーションのナレーター」の5つってどうよ。峰不二子を加えても1つ足りないし。それに個人的には彼女は1つの声を低くしたり高くしたりしてるだけにしか聞こえないので無理やり持ち上げすぎかと。今回、色々な人に「複数の声を出せる」というキャッチコピーを手を替え品を替え使いすぎです。

藤原啓治さんを野原ひろしで紹介するのは当然ですが、今現在、代役をしている森川智之さんが会場にいるのにそのことに一切触れないことに違和感。所詮はその場だけのバラエティ番組だと止めを刺された気分でした。全てが権威ある賞のパロディだと思うと空しくなります。



今回も石田彰さんが入ってなくて残念。まあメディアに露出することが苦手という話は有名なので、番組的に投票を避けられた可能性もあると思っておきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


声優・肝付兼太さん死去

2016/10/26 21:27
画像

今月20日、声優の肝付兼太さんがお亡くなりになりました。

70年代からアニメを見ている身としては氏の声を聞かない日はありませんでした。コメディからシリアスまで演技の幅は広く、スネ夫、車掌さん、殿馬、黒ベエ、ケムマキ、イヤミ、本官さんなどなど代表キャラを挙げればキリがありません。

画像画像

昭和は遠くなりにけり。
テレビまんがの一端を担っていた名優がまた一人失われました。

享年80歳。
ご冥福をお祈りいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


声優・田中一成さん死去

2016/10/16 00:00
画像

今月10日、声優の田中一成さんがお亡くなりになりました。
享年49歳でした。

やはり『プラネテス』のハチマキ役が印象深く、以降、氏の声をハッキリと認識するようになったと思います。その声はチンピラ系のキャラによくハマり、遡ると『地獄先生ぬ〜べ〜』の不良じみた小学生・木村克也役などもやっており思わず納得したものです。

今期も始まったばかりの『ハイキュー!!』第3期で引き続きコーチ役を演じている最中だっただけにあまりにも突然で、これからも様々な作品に欠かせない声と思っていただけにとても残念です。

ご冥福をお祈りいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016夏の新アニメ感想

2016/09/11 00:00
今期も今更も今更な新アニメ初回チェック感想。
最近、後回しにしすぎですが自分用の記録としてなんとか継続。



【日曜日】
  • 『アルスラーン戦記 風塵乱舞』(TBS/夕方5:00)
    田中芳樹原作のファンタジー小説を荒川弘がコミカライズした漫画のアニメ化の第2期。といっても全8話しかない。残り4回分は同じくかつて同枠で放送されていた「七つの大罪」という変則放送。マガジン枠1クールってことなんだろうけど、OVAじゃなくテレビなのだから1つの作品で最低1クール分はやってほしいところ。

  • 『不機嫌なモノノケ庵』(MX/夜10:00)
    主人公は毛がモジャモジャしたおかしなモノが取り憑いたことで高校入学以来、教室までたどり着けずに倒れる毎日。ある日、校内で妖怪祓いのアルバイトの張り紙を見つけ、藁にもすがる思いで連絡してみると部屋の扉が《モノノケ庵》へと繋がった……という導入部。妖怪の願いを叶え、あるべき世界=隠世(かくりよ)へ送る祓い屋のバイトとなった主人公の日常を描く。ガンガン系原作。単品で見れば平均点なれど、同ジャンルの「夏目友人帳」の前には全てが凡百となる作品。でもモジャの可愛さは別格。モジャ目当てで見る。

  • 『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』(MX/夜11:00)
    ナムコの同タイトルRPG原作のアニメ化。とある王国の王女が観測された異常気象の調査へと地方の町へと赴くが、巨大な竜巻で部下を失い、町も崩壊し、何やら暗躍する勢力もあり……という初回。どうやら初回は2014年に放送されたことのあるゲームの前日譚を描くスペシャルアニメの再放送らしい。見た目の記号ばかりの上っ面感はそのせいかと納得。中二的なノリのみで作られるベタな世界観とキャラと物語はシリーズファン向け。

  • 『DAYS』(MX/夜11:30)
    取り柄もなくおどおどしがちな主人公。高校に入学したばかりで長髪金髪のクラスメートにフットサルの草試合に誘われたことをきっかけにサッカー部に入部する。だがそこはサッカー名門校で練習はとてもついていけるレベルではなかったが、努力だけは人一倍で……という初回。マガジンっぽいと思ったらやはり。初心者が必死の努力をして周りが認めていく物語に新味は一切ないけど、その手のものが好きなら作画も丁寧なので十分楽しめると思う。

  • 『おなら吾郎』(TVK/夜11:55)
    おならのおなら吾郎が様々な問題をおならのように解決する日常ハートフルコメディとかなんとか。脚本・監督・声を一人でやっている5分枠アニメ。狙ったシュールがスベっていて面白くない。

  • 『orange』(MX/深夜0:00)
    高校生の時に埋めたタイムカプセルを掘り出す男女数人。26歳になった今、後悔していることがあるとのヒロインのモノローグ。舞台は10年前に戻る。高校2年の始業式の日に"自分"から届いた手紙には自分と同じ間違いを繰り返さないようにこれから起こることと選んで欲しい道が書いてあった。そして書かれていた通りにやってくる転校生。初日は決して彼を放課後に誘わないようにと書かれていたが、ヒロインは手紙を信用せずに友人たちの誘いに加わった……てな初回。この転校生が自殺か何かしてそれを回避する話なんだろう。過去改変物としてありがちな話で後手後手に回るじれったさ。恋愛感情優先で理詰めに欠ける展開は元が別マ開始で女性向け作品ならこんなものか。なので女性向け実写映画化の方が向いてるんじゃなかろうかと思ったら去年すでに作られていた。

  • 『あまんちゅ!』(MX/深夜0:30)
    伊豆を舞台に、スキューバダイビングが趣味でちょっと変わった女子と東京から引っ越してきた女子が高校入学でクラスメートになったところから始まる物語。「ARIA」っぽいと思ったら原作も監督も同じだった。主人公の変なキャラ付けは天然を超えていてイタイ。非現実的なロングスカート制服にしろ、演出や音楽にしろ、ARIAの延長線上にありすぎて現実味のある舞台とそぐわない。都会っ子が田舎で生き返るベタな構図の雰囲気アニメとしてARIAから継続するファン向け。

  • 『斉木楠雄のΨ難』(テレ東/深夜1:35)
    超能力者の高校生男子が能力をひた隠しにする生活の中で騒動を巻き起こすドタバタギャグアニメ。ジャンプ原作。短編数話構成でテンポがいい。ネタは予定調和レベルだけどテンポで楽しめる。わざわざ録画してまで見ようとは思わない微妙なところ。



【月曜日】
  • 『パズドラクロス』(テレ東/夕方6:25)
    とある港町に暮らす少年はある日、自分を呼ぶ不思議な声を聞く。その正体は謎の卵だった。同じ頃、港町付近に落ちた隕石を探しに一人の《龍喚士》の少年が町を訪れていた。その夜、巨大なドラゴンが出現し町で暴れ出した……という初回。元はスマホ用パズルゲー。話は子供向けホビーアニメ系のベタなものなれど作画は良好。召喚バトルは実際のゲーム操作感が垣間見えてテンポがいまいち。必殺技時の「5コンボ」表記で醒めた。この辺、TCGアニメを見る層ならおそらく違和感はないのだろうが。

  • 『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-未来編』(MX/夜11:00)
    前作(「1」)の主人公・苗木誠が反逆罪に問われて《未来機関》の極秘施設に連行された直後、施設の出入口が爆撃で封鎖され、機関の幹部ら共々閉じ込められてしまう。そこに再び現れるモノクマ。「みんなで殺し合いをしてもらいます」……という初回。ゲーム版「2」から続く物語で原作ゲームが存在しないアニメオリジナルストーリー。アニメ版しか見ていない身にはいきなり時間が飛びすぎて状況説明がまるで頭に入ってこない。とりあえず1作目の主人公らは未来機関とやらのエージェントになっていて、敵=絶望側と戦っていたと理解すればいいのかな。モノクマの声は仕方ないとはいえ違和感が凄い。基本的にはゲームシリーズを追い掛けているファン向け。

  • 『モブサイコ100』(MX/深夜0:00)
    とてつもない超能力を持ちながら普通に暮らすことを是とする大人しい男子中学生モブが、エセ霊能力者の元でそうとは知らずに霊退治のバイトをする日々を送る……というギャグアニメ。「ワンパンマン」と同じ原作者。ベタからちょっと外したところが面白くもあり、そればかりだと飽きもしたり。緩いキャラデもあって荒い描線で背景動画するところは凝った自主制作アニメを見ているみたいで楽しい。

  • 『アクティヴレイド-機動強襲室第八係- 2nd』(MX/深夜0:30)
    作業用パワードスーツ《ウィルウェア》による犯罪に対抗するために設立された「第五特別公安課第三機動強襲室第八係」通称ダイハチは、犯罪集団《ロゴス》によるテロを防いだことから一定の評価を得ていた。新旧メンバーによる新たな体制で犯罪に挑む……というシリーズ第2期。はっちゃければ面白くなると勘違いして脚本がスベっている。王道を外したくなる病の結果、本来あった良さがまるごと消えてしまった。そのくせキャラに厚みを持たせるどころか薄くなってさえいる。1期のパトレイバー路線すら未熟だったのに力不足が欲目を出して台無しパターン。

  • 『甘々と稲妻』(MX/深夜1:05)
    半年前に妻を亡くし幼い娘と二人暮らしの高校教師。毎日、出来合いの物や外食ばかりの日々で娘の食生活に不安を抱いていた。そんなある日、花見で出会った女子高生に彼女の母の料理店の名刺を貰ったことから彼女と一緒にご飯を作ることとなり……という初回。アフタヌーン系原作。本作はあくまでグルメ漫画で、B級グルメを扱うのに主人公を貧乏サラリーマンなどに設定するが如く、日常のご飯を一から扱うための父子家庭設定であり、ドラマ部分はその回のご飯に辿り着くまでの添え物にすぎない。1話1食で30分という尺を埋めるためにドラマの比重は多いものの、そこに深みはないので過度の期待はしないで見るが吉。個人的にはOPの武蔵境駅で吹いた。女子高生の母親の店がすきっぷ通りの小路にある設定で、色々と見覚えのある風景が出るとやはり楽しい。

  • 『D.Gray-man HALLOW』(テレ東/深夜1:35)
    架空の19世紀ヨーロッパを舞台に《千年伯爵》の野望に立ち向かう少年少女エクソシストたちの活躍を描く。ジャンプ原作アニメ8年ぶりの新シリーズ。どうやら最近よくあるリブートではなく前作の続きの模様。初見でもなんとなく状況は把握できるけどやはり継続して見るシリーズファン向けかと。

  • 『タブー・タトゥー』(テレ東/深夜2:05)
    武道を習い正義感の強い男子中学生は、ある日、不良にボコボコにされていた一人の男を助ける。その男はお礼と言って謎のプレートを主人公の手のひらに当てると紋様がタトゥーのように刻まれた。時を同じくして米軍が国外に流出した《呪紋》の回収に現れ、主人公は紋章所有者同士の戦いに巻き込まれていく……てな初回。コミックアライブ原作。米軍の回収担当者が(見た目は)うら若き少女だったり、荒唐無稽な能力を軍の超科学兵器と言っていたり、やりたい能力バトルのための設定の継ぎ接ぎ感が強い。本作ならではの物が何かひとつでもあればもう少し印象も変わるのだけれど。アクションがあれば十分な人は楽しめるかも。



【火曜日】
  • 『チア男子!!』(MX/夜11:00)
    肩を壊して柔道をやめた主人公だったが、大学で幼馴染みに男子チアリーディングを一緒にやろうと部の設立話を持ちかけられ……という初回。原作は「桐島、部活やめるってよ」の人らしい。挫折から勧誘による立ち直りの流れなどキャラデ含めて全体的に某宗教団体製作の道徳アニメなノリ。大学から始めるようなまったくの素人だったり、チアができるだけの人数を集めたりを描くのに、いったい劇中でどれだけの時間経過が必要なのか。

  • 『NEW GAME!』(MX/深夜0:30)
    ゲーム会社の新入社員の女の子を主人公に女性ばかりの制作チームの他愛ない日常を描く。きらら系4コマ漫画原作のアニメ化。社会人感の薄い女子高生部活モノの系譜。中身は一切面白くない。女の子のきゃっきゃうふふを見られれば満足な人向け。

  • 『SHOW BY ROCK!! しょ〜と!!』(MX/深夜1:00)
    本編登場の各バンドの日常を描くスピンオフ5分枠アニメ。初回は「徹子の部屋」のパロディ。ストーリーは当然特になく、ひたすらキャラを堪能するためのファン向け。

  • 『スカーレッドライダーゼクス』(テレ東/深夜1:35)
    琉球を舞台に《赤の世界》からやってくる怪物たちの侵略に対抗する戦闘ユニット・スカーレッドライダーたちの活躍を描く。乙女ゲー原作と知り、謎の立ち位置の女子キャラとか変身体の魅力の無さなど色々と腑に落ちた。ゲームの立ち絵そのままのような棒立ちレイアウトが酷い。物語もそれっぽいエッセンスを並べるだけ。イケメンキャラ好きにも画面にカッコ良さが足りてない。声目当て向けか?



【水曜日】
  • 『サーヴァンプ』(MX/夜10:00)
    シンプルなことが好きで面倒なことは嫌いな高校1年男子。ある日、一匹の黒猫を拾うが、実はその正体は契約した主人からのみ血を貰って命令に従う「飼われる吸血鬼」だった……という女性向け漫画原作のアニメ化。なんでも背負い込む主人公とか、怠そうな吸血鬼とか、ゲスな性格な通り魔吸血鬼とか、女性ウケ構成要素でのみ作られたいかにもな作品以上でも以下でもない。好きな人は好きだろう。

  • 『仮面ライダーアマゾンズ』(MX/夜10:30)
    AMAZONプライムで配信された実写特撮ヒーロー番組を再編集して地上波放送。企業が生み出した《アマゾン》と呼ばれる人を喰らう怪物を狩る駆除班の活躍と、ベルトで変身する2人のアマゾンの対立を描く……。「仮面ライダーアマゾン」をリブートした別作品。玩具販促から解き放たれた重苦しい内容は平成ライダー初期を思い出させる。この対象年齢高めの路線は本家とは別に継続してほしい。

  • 『ツキウタ。THE ANIMATION』(MX/夜11:00)
    色々な男性アイドルグループの活躍や日常を描く。冒頭でテレビ番組に出演したシチュエーションで6人グループ×2組がひたすら自己紹介を続けるところでバーチャルアイドル商売のPVと理解。元はキャラクターCDシリーズでさらに2グループあると知り絶句。初回は風邪を引いた姉の代わりに握手会イベントに参加しにきた少年が相手をアイドルと知らずに交流するというアイドル秘話の映像化のような内容。後述の「B-PROJECT」同様、キャラをアイドル視して一挙手一投足を見たい人向け。

  • 『OZMAFIA!!』(MX/深夜0:00)
    オズ学園を舞台に癖のあるキャラたちの日常?を描く5分枠アニメ。原作は女性向けアドベンチャーゲームなのに主人公の女性キャラを省いてアニメ化。タイトルからして元はオズ的童話モチーフのマフィア風イケメンキャラのオンパレードか何かなのだろう。キャラは4頭身ぐらいにデフォルメされていて、ファン向けの二次創作漫画みたいなノリ。元キャラ知らない人間には何が面白いのかさっぱり。ネタ自体もまるで面白くない。

  • 『魔法少女?なりあ☆がーるず』(MX/深夜0:05)
    同じ夢を見ていた3人の少女たちの前に怪物が現れ、そこに夢で見た謎の生き物から変身アイテムを渡され、3人はなりあの戦士へと変身する……という初回。ニコニコ生放送でざっくりと作った映像を編集して地上波で放送するという10分枠ライブCGアニメ。手持ち無沙汰なモーションキャプチャーのダラダラした動きとグダグダな喋りがほとんどでアニメと呼ぶのもはばかる代物。地下アイドルとかを好きな人が楽しみそう。

  • 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』(MX/深夜1:05)
    Fateシリーズのスピンオフ作品第4期。イリヤたちが山へ異常を調べにいったところ敵と交戦となり美遊が連れ去られる。気がつくとイリヤは一人平行世界にいた……という初回。本編が前話の続きみたいな入り方だったり、Aパート中にいきなりクライマックスな展開になったりで完全なシリーズファン向け。

  • 『魔装学園H×H』(MX/深夜1:35)
    異世界からの侵略に備えた研究と人材育成をする戦略防衛学園へと編入してきた主人公。かつて研究者の母に見捨てられた主人公の《ハート・ハイブリッド・ギア》の力が他のギア所持者のエネルギーを超回復させる特性があると知った姉が強引に呼び寄せたのだった。ちなみにその力は相手と性的な行為をすることで発動する……という典型的ラノベ原作アニメ。能力育成の学園都市への編入から始まったり、ギア所持者は女性だけなのに主人公は唯一男性の所持者だったり、もうありきたりすぎて飽きる。それにこういう露骨なエロをやるならきちんと18禁OVAでやってくれ。



【木曜日】
  • 『ちょびっとづかん』(MX/夜9:55)
    不細工な全身タイツ姿のコビトらを描く「こびとづかん」のスピンオフ5分枠アニメ。本編は2分ぐらいで残り2分はテーマソングでダンサーたちがダンスする実写映像。本編がとてもつまらなく、むしろダンスの振り付けを流行らしたいだけの番組かと。

  • 『レガリア The Three Sacred Stars』(MX/夜10:30)
    12年前にとある王国で起こった何やらエネルギーが暴走する事件。そして現在、別の皇国で暮らす2人の少女。その内の1人が埠頭に呼び出され巨大なロボットに襲われる。すると少女は自身の姿を巨大なロボットへと変身させた……てな初回。もう1人の少女は皇国の女皇で姉妹。意味ありげな伏線を必死に張って本筋が疎か。巨大ロボなのに燃えない。見た目だけ取り繕った労力がもったいないと思うほど中身が無い。そして4話で一旦打ち切って9月に1話から再び放送し直す異例の事態。もうすでに見ていないからどうでもいい。

  • 『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-絶望編』(MX/夜11:30)
    物語は「未来編」の第1話で死んだ雪染ちさが希望ヶ峰学園の副担任に就任するところへと遡る。緒方恵美ボイスの別キャラがいるけど生徒らは「2」のキャラなのかな。話数は個別カウントの他に未来編と通し番号にもなっている模様。冒頭、雪染ちさが自分が死んだ姿をスクリーンで見ながら独り言を語るアバンから始まるので、未来編と絶望編は放送順通り交互に見た方がいいのか。未来編が何故そうなったかの理由を過去編として見せるだけで終わるのだろうか。

  • 『バッテリー』(フジ/深夜0:55)
    ノイタミナ枠。天才投手と謳われた少年が中学進学と共に田舎の祖父の家へと引っ越してきたところから物語は始まる。そこで同学年のキャッチャーと出会い……という既に実写映画化やドラマ化もされている野球小説を今度はアニメ化。田舎での野球生活とか親の不理解とかドラマ上の要素は色々あるのに、そのどれもがただ描写を並べるだけで脚本や演出によるアンサーが何ひとつと盛り込まれていない。あれでは見知らぬ他人の日常ビデオを延々と見せられているのと変わらない。監督・脚本の望月智充は昔はいい演出家だったのに最近はどうしたのやら。

  • 『腐男子高校生活』(テレ玉/深夜1:00)
    とあるBL好き男子高校生の日常を描く5分枠アニメ。コミックゼロサム原作。男性向けアニメに出てくるオタク趣味女子と同じで、性別を逆にしただけの腐女子投影キャラでしかない。それを抜きにしてもネタ自体がまるで面白くない。

  • 『はんだくん』(TBS/深夜1:58)
    被害妄想が酷い高校生はんだくんと周囲の人間の好意的解釈のズレが起こすドタバタを描く。主人公が「ばらかもん」の主人公に似てると思ったら原作は同一キャラの高校生時代をギャグにしたスピンオフ漫画だった。初回アバンははんだくんアニメ化というメタネタで初見殺し。本編は日常4コマに毛が生えた程度。つまらないわけではないけど予定調和以上のものがない。わざわざ録画してまで見ようと思わない微妙なところ。

  • 『この美術部には問題がある!』(TBS/深夜2:28)
    最高の2次元嫁の絵を書くためだけに美術部にいる男子に密かに恋している女子部員の部活動の日々を描く。ミステリー風の作劇があるのでてっきり「ハルチカ」っぽいものを想像してたらただのドタバタ日常ラブコメだった。これまたつまらなくはないけどわざわざ録ってまで見るほどでもない微妙な塩梅。

  • 『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!』(テレ東/深夜2:35)
    前作から月日は流れ、地球防衛部5人に平和な日常が戻っていた。生徒会3人の海外留学を翌日に控えていたその時、新たな怪人が彼らの前に現れた。5人はウォンバットから新たな変身アイテムを貰って再びバトルラヴァーズへと変身する……というギャグアニメ第2期。敵が入れ替わって同じことをやっているだけなので飽きる。前作未見の人の方が素直に楽しめるかも。



【金曜日】
  • 『ももくり』(MX/夜10:30)
    高1の可愛い男子がある日、1年先輩のやはり見た目可愛い女子から告白されてつき合うことに。しかし実は彼女は彼の可愛さにひと目惚れした後、隠れてストーキング行為をしていた変態さんだった……という配信ラブコメ漫画原作のアニメ化。元々は漫画配信サイト上で公開されていたアニメらしい。出来が悪いわけではないが、わざわざ見るべきものはない。他愛のない話でキャラを愛でたい人向け。加隈亜衣のキンキン声は耳に痛くて苦手。

  • 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(MX/夜11:00)
    台湾の伝統的人形劇「布袋劇」で綴る武侠ファンタジー。脚本の虚淵玄が布袋劇というもの知って企画がスタートしたらしい。さすがにデザインが日本側だけあって美麗なキャラばかり。個人的には昔「聖石伝説」を劇場で見て以来なので、特撮やエフェクトが進化していて驚いた。

  • 『ReLIFE』(MX/深夜0:00)
    なかなか就職できずにニート状態の主人公の前に《リライフ研究所》の職員を名乗る男が現れ、「ニートの社会復帰のために1年間高校生活を送る実験」への参加を提案してきた。翌朝、貰った薬を飲んだ主人公は見た目は高校生の頃に戻っていた。そして2度目の高校生活が始まる……という初回。これも配信漫画原作。状況設定だけで物語が八割方見えてしまっていて、そこにつき合うだけの余力がないときつい。それなりに奇抜だけど漫画やアニメだとありがちなこの手の話は実写ドラマ化した方が向いていると思う。

  • 『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』(MX/深夜1:05)
    敗北主義者と揶揄されながらも怠惰に日々を過ごす主人公。楽なポストを紹介してもらうことを交換条件に名門の幼馴染みの子の主席合格フォローのため高等士官試験に参加することに。しかし試験会場へ向かう船が沈没し、学生5人は敵領土に流れ着いてしまった……という初回。ラノベ原作。才能あるけど無能を装う主人公はもう飽きた。台詞回しはいちいちクドいけど物語運びは悪くない。ロジカルな脱出劇の物語かと思ったら2話目序盤であっさり帰還して拍子抜け。本筋はよくある異世界を知恵で無双する主人公モノだった。底は最初から浅かったけど、数話目でとうとう現代の一般知識レベルでドヤる異世界転生系みたいな代物になり果てた。

  • 『91Days』(TBS/深夜1:55)
    舞台は禁酒法時代。両親と弟をマフィアに殺された少年は密かに逃げ延び、7年後、再び街に戻った。そして復讐の91日間が始まる……というオリジナルアニメ。91日間と限定された物語ということで、もう少しロジカルに展開するヒリヒリ感を期待していたがそうでもなかった。最後に振り返るとそれまでの全てが計算だったとわかるとか、そのぐらいの仕掛けがあれば良いけど。

  • 『ベルセルク』(TBS/深夜2:25)
    1作目から18年経っての新作テレビシリーズ。黒い剣士以降の話なので前作の続きと思って見れなくもない。アップの決め顔などに手描き作画もあるが、基本的にトゥーンレンダ系の3DCGで絵面が軽い。血肉の匂い立つ空気はこの3DCGでは感じられない。人形劇と割り切れればいいのだろうが。



【土曜日】
  • 『タイムトラベル少女』(テレ東/朝7:00)
    世界的発明家の父親がふらっといなくなってから3年。女子中学生の主人公はある日、父親に関係する書物を開いた途端、同じく父親から貰ったペンダントと反応するかのように光り出して過去へと飛ばされてしまう……という導入部。過去で偉人にあって色々学ぶ流れは学研のひみつシリーズっぽい。テレ東の土曜朝という時間帯でまともな児童向け学習アニメが作られたことに若干な戸惑いを感じる。Eテレ辺りならもう少し話題になったろうに。

  • 『レゴ ネックスナイツ』(テレ東/朝9:30)
    中世とデジタルが共存する世界を舞台に王国を守る若き騎士たちの活躍をレゴ人形キャラで描くCGアニメ。「ニンジャゴー」同様、幼児向けカートゥーン。

  • 『一人之下 the outcast』(MX/夜9:00)
    中国のとある村で村外れにある墓が荒らされた。休みで帰省した主人公は祖父の墓が暴かれていたことを聞かされ、一人で墓場へと足を運んだところゾンビの大群と遭遇。ゾンビを包丁でなぎ払う謎の少女は一体何者なのか……という初回。中国のWeb漫画のアニメ化。見た目は今時の日本アニメスタイルだけど作画や演出のセンスは「霊剣山」同様古臭い。脚本は雑でよくわからないところが多いが、中国人なら何かお馴染みのものだったりするのだろう。劇中の漢字が日本語と違う熟語で違和感。何もかも日本人以外なら見やすいんだろうな。

  • 『食戟のソーマ 弐ノ皿』(MX/夜10:00)
    名門料理学園で繰り広げられる料理対決を描くジャンプ原作アニメ第2期。ただそれだけなのでファン以外は絵を好きになるかしないと見るべきものは特にない。

  • 『ラブライブ!サンシャイン!!』(MX/夜10:30)
    静岡の港町にある女子高を舞台に新たな登場人物たちによるスクールアイドル結成とその活動を描くシリーズ2作目。物語は取って付けたように薄っぺらく、登場人物らはアイドルとして造形された表面的なものでしかないが、本作をアイドル視して見るファンには十分と思われる。アニメGPの時も書いたけど実在アイドルのプロセスを逆に辿っているだけのアイドルドラマでしかない。

  • 『Rewrite』(MX/夜11:30)
    Keyのアドベンチャーゲーム原作。男子高校生の主人公は荒廃した夜の街を散歩中に謎の少女と出会い殺される夢を見る。森遊びをしたままうたた寝していた幼馴染みの少女をその母親に頼まれ夜の公園へ迎えにいく。その夜から寝ていると部屋に夢で出会った謎の少女が霊のように現れ、腕を甘噛みしては消えるおかしな現象に遭う。なんとかするべく魔女と呼ばれるオカルト研究会会長を捜すことに……てな序盤。初回は1時間SP。この羅列されるだけのエピソードの間にもライバル男子やら転校生女子やら登場キャラをただ紹介するイベントを羅列するだけに終始。物語の軸すら見えない1時間は苦痛でしかない。あと今更この手の作品に言うのもアレだけど、あのひらひら制服はついていけない。

  • 『クオリディア・コード』(MX/深夜0:00)
    敵生物《アンノウン》に対抗する東京・神奈川・千葉それぞれの各防衛都市に所属する特殊能力を持つ少年少女たちの活躍を描く……。ラノベ作家が3人集まっていかにもなラノベが完成。その"形"を楽しめる人向け。

  • 『B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜』(MX/深夜0:30)
    事務所の違う3グループで構成された男性アイドルユニットの担当となったレコード会社の新人女子を主人公にアイドルたちの活躍を描く。西川貴教プロデュースのバーチャルアイドルプロジェクトのアニメ化。寄り合いグループにしたことで初回はその中の2人組に物語を絞っている。これから各グループのメイン回があるのだろう。レコーディング中、主人公だけが違和感に気づく持ち上げ方は安易。ラブライブ同様、アイドルを見せるだけなのでそういう層向け。

  • 『初恋モンスター』(MX/深夜1:00)
    東京の下宿で一人暮らしをすることになったお嬢様女子高生がひと目惚れした長身イケメンは実は小学生だった……というラブコメギャグ漫画のアニメ化。長身イケメン小学生たちがう○こち○こ言ってる姿は初見では面白いがほぼ出オチで、回を重ねてもそれ以上のものがないので飽きる。

  • 『アンジュ・ヴィエルジュ』(MX/深夜1:30)
    5つの異世界が繋がった世界。各世界を支える《世界水晶》が力を失うと世界が完全に融合して滅びてしまう。世界水晶を襲う怪物に対抗できる特殊能力《エクシード》を持つ少女たちの活躍を描く……。TCG原作のアニメ化。ちなみにスマホゲーはセガ提供らしい。初回は戦闘後の入浴シーンが主で、各属性のキャラ紹介に終始。女性キャラばかりで設定類はよくあるラノベアニメ。ただ大量に用意された女性キャラを眺めるのが好きな人向け。



多くの作品である一定のクオリティを保ってはいるものの、個人的に魅力を感じる作品は少ない。それは結局、アイドル物はCDなどのグッズ展開商売のためのただのPVであったり、ラノベ系はいかにもな作風を好む人向けであったり、漫画原作もあくまでも原作の宣伝のためのアニメ化であったりと、どれも特定のファン層に向けて作られているからかと。

今のテレビアニメ(主に深夜)はもはやOVAの宣伝放送と呼ぶべき代物なので特定の購買層向けになるのは必然ですが、ただテレビで求める絵のクオリティはそこまでは必要ないと思う今日この頃です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第38回アニメグランプリ

2016/07/24 21:25
画像

今月のアニメージュは「第38回アニメグランプリ」発表号。昨年よりひと月早い発表ですが、昨年が対象期間が1年4ヶ月分あって集計に時間が掛かったと見るべきですかね。

前回の期間調整により今回から年度区切りに。
(対象期間:2015年4月1日〜2016年3月31日)

募集号(5月号)には今回も「年間パーフェクトデータ」の掲載は無し。対象作品リストが載っただけマシになったと評すべきでしょうが、おそ松付録ばかりで「POCKET DATA NOTES」を編纂しようというアニメ専門誌としての気概はもはや持ち合わせていないようです。



今回の各部門の1〜5位は以下の通り。

【作品部門】
  1. おそ松さん(3031票)
  2. 銀魂(1603票)
  3. ハイキュー!!(670票)
  4. 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(596票)
  5. KING OF PRISM(487票)

【男性キャラ部門】
  1. カラ松(『おそ松さん』)(1097票)
  2. 一松(『おそ松さん』)(1095票)
  3. 坂田銀時(『銀魂』)(1043票)
  4. 十四松(『おそ松さん』)(643票)
  5. 沖田総悟(『銀魂』)(474票)

【女性キャラ部門】
  1. 神楽(『銀魂』)(1590票)
  2. トト子(『おそ松さん』)(1106票)
  3. 紫京院ひびき(『プリパラ』)(335票)
  4. 谷地仁花(『ハイキュー!!』)(251票)
  5. 白雪(『赤髪の白雪姫』)(249票)

【声優部門】
  1. 福山 潤(940票)
  2. 神谷浩史(870票)
  3. 中村悠一(635票)
  4. 小野大輔(574票)
  5. 杉田智和(566票)

【アニメソング部門】
  1. はなまるぴっぴはよいこだけ(『おそ松さん』OP)(1321票)
  2. 全力バタンキュー(『おそ松さん』OP)(1209票)
  3. SIX SAME FACES〜今夜は最高!!!!!!〜(『おそ松さん』ED)(753票)
  4. KNOW KNOW KNOW(『銀魂』OP)(751票)
  5. プライド革命(『銀魂』OP)(316票)



予想するのも馬鹿らしいほど『おそ松さん』一色。

男性キャラクター部門はベスト10に六つ子全員ランクイン(おそ松6位、トド松8位、チョロ松9位)。声優部門は関連声優が1〜4位独占(櫻井孝宏7位、入野自由13位)。アニソン部門は1〜3位独占(残るED1曲も7位)。そして女性キャラクター部門で「十四松の彼女」までもが7位に入っている時点でどうでもよくなりました。

この手の熱狂的女性ファン票は自分が熱狂する作品以外に目を向けることなく同じ作品に登場する女性キャラにとりあえず投票するため実態をともなわない結果になりがちでうんざりします。『うたプリ』の七海春歌(8位)などもその典型です。

男性キャラクター部門ベスト10の残る4枠は全て銀魂キャラ(沖田5位、土方7位、高杉10位)で、ここまで女性票ランキングに偏った結果になると乾いた笑いすら起こりません。

声優部門は斎賀みつき(12位)を除くとベスト20に女性は水瀬いのり(16位)と釘宮理恵(20位)の2人しかいないという。今回の男性キャラ部門とのシンクロ率を考えるともはや形骸化している最たる部門と言えるかもしれません。ここはせめて男性声優、女性声優と部門を分けるべきではないでしょうか。

作品部門は一強っぷり以外はバラエティに富んだタイトルが並んでいるのがせめてもの救い。毎回上位に食い込む『うたプリ』が8位止まりなのは似たジャンルの『KING OF PRISM』に食われたってところでしょうか。他ベスト10は『プリパラ』『GO!プリンセスプリキュア』『血界戦線』『名探偵コナン』……コナン!? ここだけものすごい純粋な票なのかそれとも腐った票なのか私には読めません。

(※注)男性キャラクター部門2位と3位に関して。アニメージュ誌面の解説文では「2位の銀時、3位の一松」と書かれていてどちらが正しいか判断しかねるものになっていますが、大きくレイアウトされたキャラ絵と順位および得票数の方を間違えるとは到底考えられないことからデータ表記の方を正しいと判断しました。



それではいつもの個人的ベストを。

【作品】『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』→圏外
【男性】オプティマスプライム(キュートランスフォーマー)→圏外
【女性】ロゥリィ・マーキュリー(GATE)→圏外
【声優】松来未祐 →39位
【アニソン】リトライ☆ランデヴー(えとたまOP)→圏外


作品部門は毎週次週が待ち遠しかったこれ一択。次点は『俺物語!!』。あと『ポケットモンスターXY』終盤から『同XY&Z』もハズレ無しで楽しめてますが、昨年度を代表となると選びづらい。

男性キャラ部門は『さらなる人気者への道』の細谷佳正声の方。オイル漏れまくりと第1話EDの一言「七掛けかぁ」がツボでした。ちなみに対象作品リストには1期の『帰ってきたコンボイの謎』しか載っていませんでした(1期は初出が2015年1月〜3月放送なので今回の対象外)。女性キャラ部門は『ポケモンXY&Z』のセレナは相変わらず好きですが、昨年度となるとゴスロリ神官の魅力にも抗えません。

声優部門はまつらいさんの魅力に気づいたばかりだっただけに失われた穴が大きすぎました。アニソン部門は90年代アニメ主題歌っぽい曲調が好みなので。次点は『怪盗ジョーカー』OPの「怪盗ミラクル少年ボーイ」。真っ当な子供向けの主題歌っぷりがいい。



以上。

かつては「年間アニメの縮図」であったアニメグランプリが、今や一雑誌の人気投票に成り下がったことに毎年嘆いてきましたが、今回は「アニメ業界の縮図」を明白に感じることができました。それは取り返しがつかないところまで悪化していることを意味しているとも言えますが。

もはやアニメは物語を見せる手段ではなくキャラクタービジネスのための道具に成り下がってしまったということ。密接な関係にある声優のアイドル化も含め。数年前の『イナズマイレブン』の頃から感じていた部分ではありますが今回のおそ松騒動でつまびらかになったように思います。

アイドル題材アニメの乱発もアイドルアニメを作っているのではなくアニメアイドルを作っているに過ぎない。おニャン子やAKBといったアイドルグループのドキュメント&ライブ映画が作られるプロセスを逆から辿っているだけで実態は同じ。『クリィミーマミ』や『アイドル伝説えり子』を楽しんで見ていた私が最近のアイドルアニメを楽しめないのは何故だろうと疑問に思っていましたが、求められる客が現実のアイドルオタクのそれと変わらないのだから当然です。私はドラマが見たいだけなのに。

物語が添え物となった30分のキャラクターPVが今のアニメの姿とするなら今回のアニメグランプリの結果には頷くしかありません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016春の新アニメ感想

2016/06/26 00:00
今更も今更な新アニメ初回チェック感想。

月が変われば新番組が始まってしまう中、録りっぱなしで放置していた数タイトルを慌ててチェック。これまでに見なさそうな作品は早々に片付け、見続けそうな作品も早々に見ていましたが、中途半端にどちらでもない作品がHDDに溜まりまくっていました。



【日曜日】
  • 『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』(テレ東/朝7:00)
    「逆襲のシャア」から3年後の世界を舞台にしたOVAシリーズ全7章をテレビ用に再構成して放送。当然30分番組を想定していない作りなので1話辺りの物語の配分は悪い。ちょこちょこ描き直しカットがあるらしくマニアは録画必須の模様。池田秀一の声で「日曜朝は…」と言う番宣CMは想定外で笑ってしまった。

  • 『カードファイト!!ヴァンガードG ストライドゲート編』(テレ東/朝10:00)
    TCGバトルアニメの新章。主人公らが何か軍的な作戦に参加して敵組織の建物に突入するところから始まるので完全にシリーズファン向け。

  • 『僕のヒーローアカデミア』(TBS/夕方5:00)
    世界の8割の人間が大なり小なり特殊能力《個性》を得たことで、その力を使い様々なヒーローが活躍するようになっていた。主人公はヒーローを育成する高校への進学を望むも先天的に《無個性》で合格は絶望的だった。そんなある日、正義の象徴であるヒーロー・オールマイトとの出会いからヒーローへの道が見えてくる……という初回。ジャンプ原作。登場人物の行動の凄さが画面で伝えきれていないのに劇中の人間がそれを大仰に評価するという熱血の空回り。画で見せて視聴者が凄いと感じた上で劇中の解説が入る流れがなければ段取りを見せられているに過ぎない。人間関係や学園描写もありがちでテンプレ止まり。「ワンパンマン」の個性的な作劇の後だと凡庸さが目立つ。

  • 『トンカツDJアゲ太郎』(MX/夜10:15)
    渋谷の片隅にあるとんかつ屋の息子・揚太郎がひょんなことで出会ったクラブ音楽に衝撃を受け、とんかつ屋とDJの共通点に気付いたことからとんかつDJを目指すのだった……というギャグ漫画原作アニメ。ヘタウマ系の絵柄そのままの一般向けな作り。とんかつとDJの共通点だけでどこまで話が続くのか気になる。大地監督の安定感。

  • 『マクロスΔ(デルタ)』(MX/夜10:30)
    人類が種の存続を目的とし宇宙移民を開始して既に半世紀以上。様々な異星人と遭遇し一大星間文明を築きつつあった西暦2067年。人が突然精神に変調をきたし暴徒と化す《ヴァールシンドローム》が発生するも、それを歌の力で鎮静化する戦術音楽ユニット《ワルキューレ》とそれを守り戦う《デルタ小隊》が活躍していた。そんなある日、ワルキューレの新メンバーオーディションを受けるために家出と密航をしてきた少女と、作業ロボットを踊るように操る少年が出会う……というマクロス新シリーズ。序盤のラノベのようなノリでどうなるかと思ったけど、主人公がバルキリーに乗った辺りからマクロスらしさが出てきて良かった。とはいえ宙を舞って歌うワルキューレの姿はもはや魔法レベルの超技術で、メカ目線で見てきた人間としては面食らう。襲ってくる敵の雰囲気など全体的には「マクロス7」に近いノリか。再びリガードが見れたのは嬉しかった。

  • 『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG』(MX/夜11:00)
    様々な超人が存在する昭和レトロな架空日本を舞台に、《超人課》およびその周辺の思惑が複雑に絡み合うヒーロー群像劇アニメ第2期。前期がどこで終わったか忘れるほどに今更感。會川昇の悪い面が凝縮された代物で小難しい文面以上の画がそこに無い。會川昇は原作がある作品に独自の毒を混ぜるぐらいが丁度いい。画作り面でも時間を前後させる構成を消化しきれておらず、マイナー誌の自己満足漫画レベルで見づらいのはなんとかしてほしかった。

  • 『三者三葉』(MX/深夜0:00)
    元お嬢様で現在は貧乏暮らしをしている女子高生。お嬢様気質が抜けずに友達ができずにいたが、木陰で一人昼食(パンの耳)をしているところに2人の同級生が飛び込んできたことから友達になった……てな始まり方のきらら系4コマ漫画原作アニメ。メイン3人の名前に「葉」の字が入っていてのタイトル。普通のほのぼの日常系かと思ったら性格おかしいキャラしかおらず、かといって作風がギャグに振り切ってもいないので中途半端。

  • 『くまみこ』(MX/深夜0:30)
    熊を祀る風習のある東北のとある村を舞台に、神社の巫女で田舎から出たことのない女子高生のまちと、人語を喋る熊のナツが繰り広げる日常を描くコメディアニメ。個人的には久しぶりに原作漫画を先に知っている作品なので、アニメ化の違和感を味わうのも久しぶり。原作は構成力や画力が足りず、この場面はこういう狙いで描いているのだろうと読み手が読み取る必要がある作品。なのでその辺をうまく補うアニメ化ができれば作品としての出来が1ランク上がるんじゃないかと期待してましたが、残念ながら原作の至らなさをそのままアニメ化している。スタッフは原作の面白さを読み解けていないんじゃなかろうか。ナツの声が合わないのが一番ショック。見るけど。

  • 『Re:ゼロから始める異世界生活』(テレ東/深夜1:05)
    ある日、引きこもりの男子高校生が夜中のコンビニから出ると異世界にいた。異世界召喚の主人公になれたと喜ぶも特に異能力も得ておらず、チンピラに襲われたところを美少女に助けられる。彼女の物探しに付き合う中、2人は何者かに襲われ命を落とす。だが気がつくと主人公は再び街に立っていた……という始まり方のラノベ原作アニメ。初回は1時間SP。主人公はオタク感や引きこもり感がゼロ。ループしていることにまるで気づかなかったり、お約束知識で道を切り開くことも皆無。だったら見た目や性格通りにヤンキー設定にしとけば違和感なく腑に落ちたのに。《死に戻り》の力でタイムリープを繰り返す点は、フラグ分岐でほぼ別シナリオになるので物語のループ感は薄い。痛そうに死ぬのは新鮮。



【月曜日】
  • 『ベイブレードバースト』(テレ東/夕方5:55)
    ベイブレードが大好きだが腕は素人並の主人公。天才と称される幼馴染の親友とのバトルを目指して大会へと挑む……という初回。バトル中に才覚の片鱗を見せる主人公像などベタで新味はない。ベイブレードはシュートしたあとにやることがない。ベイ好きな子供向け。

  • 『怪盗ジョーカー[3期]』(MX/夜7:00)
    世間を賑わす世紀の怪盗ジョーカーの活躍を描くコロコロ原作アニメシーズン3。今回は謎めいたライバルキャラやお宝が好物のマスコットキャラなど新キャラが登場。裏で暗躍するジョーカーを恨む敵キャラはアニメオリジナルらしいけど物語の軸としてしっかり機能している。子供向けな王道さが楽しい。

  • 『12歳。』(MX/夜7:30)
    12歳、それは子供でも大人でもない微妙な年齢。小学6年生の女子2人それぞれの淡い恋愛模様を描く少女漫画原作アニメ。微妙な年齢って普通はティーンエンジャーだけど、ちゃお読者層は小学生女子なんだろう。中身は少女漫画のテンプレを小学生にやらせているだけで、それが作品価値の全て。高尾の小学生離れした言動に笑う。

  • 『美少女戦士セーラームーンCristal[3期]』(MX/夜11:00)
    平和な日常を過ごすセーラー戦士たちの前に新たな敵と新たなセーラー戦士が現れる……。武内直子の漫画版準拠の新作シリーズ第3期「デス・バスターズ編」。前作(1・2期)が酷かったのでまさか続きが作られるとは思わなかった。今回からキャラデや監督などスタッフが大幅に入れ替わり。前作までの魅力のない作画や段取り芝居でしかない脚本演出が、今作ではアニメらしい柔らかくもダイナミックな作画ときちんと紡がれる物語になりようやく見られるレベルに。Webアニメとテレビアニメの差というか、東映が関連商品の宣伝のために今更ながら力を入れたってところでしょうか。変身シーンが手描きになったのは本当に良かった。

  • 『ばくおん!!』(MX/深夜0:00)
    おっとりした性格の主人公は高校入学初日にバイク通学するクラスメイトと出会い、自分も免許を取ることを決意する。女子高生バイク部の一風変わった面々のバイク愛をシニカルな笑いで描く学園コメディアニメ。キャラ造形がギャグ寄りでスズキをディスったりするあくまでネタアニメなので、タイトルパクリ元の「けいおん!」のような日常系を期待してはいけない。ネタはバイク経験がない人でも通じるけど、さほど面白くはない。言っても仕方ないことだけど、まともな女子高生部活モノだったらそれなりに世間に評価されただろうにもったいない。

  • 『パンでPeace!』(MX/深夜1:00)
    パン好き女子高生たちの日常観察系4コマ漫画原作5分枠アニメ。パンきっかけに新入学のクラスで友達になる初回。中身は空っぽ。特徴の無いキャラデに並な作画。声優辺りが目当てなら見れるのかな。

  • 『うさかめ』(MX/深夜1:05)
    「てーきゅう」に登場したライバル校を主人公にしたスピンオフ5分枠アニメ。てーきゅうに比べて遅いテンポ、面白くもないネタ、無難な作画、素人丸出しの吹替など良いところがひとつもない。ギャグ作品は声優のスキル頼みなのにアース・スタードリームとかいうアイドルグループの売り出しがメインな時点で価値無し。

  • 『ワガママハイスペック』(MX/深夜1:10)
    同名の18禁美少女ゲームのヒロインたちが繰り広げる日常だけを描く5分枠アニメ。初回は生徒会室で暑さのために全員下着姿になるだけの話。絵の崩れはないのでサービスシーンを望むだけの人は楽しめるのではなかろうか。

  • 『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』(テレ東/深夜1:35)
    10年前、邪竜封印の儀式は何者かの妨害で失敗した。両親を目の前で亡くした少年は養父に剣を習い、両親の仇を討つため家を出た。とある街で孤児たちが領主の館に忍び込んだ罪で処刑されようとした時に1人助けに飛び出すが、背中の大剣は鞘から出すと小ぶりで剣の腕も大したことなかった……てな初回。グリーのソーシャルゲーム原作。オリジナル性皆無の剣と魔法のファンタジー世界。中二病的に強者っぽく振る舞う主人公が実は未熟というキャラ付け、敵キャラの言動など、全てが紋切り型で日本のアニメっぽくない。中国で先行配信していると聞くと納得のクオリティ。

  • 『ハンドレッド』(テレ東/深夜2:05)
    《サベージ》と呼ばれる謎の怪物に襲われる世界。対抗する力《ハンドレッド》を持つ者たちを育成する海上学園都市。そこに入学した主人公は歴代1位の反応数値を叩き出し注目されていた。そして入学式でひょんなことから女子会長とデュエルすることとなる……てな今期のわかりやすいテンプレラノベ原作アニメ。人によって形状の異なる武装を身に纏うよくある能力バトルもので新味は一切無い。絶大な権力を持つ生徒会はもう飽きたよ。キャラデは判子絵で作画は並。まだ飽きてないファン向け。それにしてもどう見ても女にしか見えない幼馴染の男装はなんとかならなかったのか。



【火曜日】
  • 『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』(Eテレ/夕方6:45)
    20年以上ぶりの新作。天才てれびくん内の10分枠アニメ。アニメとしては3作目だけど話は最初から作り直し。声優は一新されているが悪くはない。NHKということもあり今回も優しい仕上がりなので、なぜ今になって再びアニメ化なのかわからない。

  • 『薄桜鬼〜御伽草子〜』(MX/夜9:55)
    新選組モチーフの乙女ゲー原作アニメのデフォルメキャラたちによるファン向け同人4コマみたいなノリの5分枠アニメ。ファン以外はキツい。

  • 『ジョーカー・ゲーム』(MX/深夜0:30)
    世界大戦の火種がくすぶる昭和12年秋、帝国陸軍内に秘密裏にスパイ養成学校が設立された。過酷な選抜試験を突破したのは、その経歴、氏名、年齢までもが一切極秘事項として扱われた精鋭たち。精神と肉体の極限を要求される訓練を易々と乗り越えた彼らは創設者である結城中佐の指揮の元、世界各地で暗躍し始める。かくして新たな諜報組織が誕生した。その名は《D機関》……。初回の前後編は部外者を主人公にして正式発足前のD機関という組織を描く、政治特化した攻殻機動隊といった趣き。以降は各メンバー個人の活躍を描く1話完結型。I.G制作で作画も良好。肩肘張らない良質なスパイドラマを楽しむ。



【水曜日】
  • 『バトルスピリッツ ダブルドライブ』(テレ東/夕方5:55)
    TCGバトルアニメシリーズ第8弾。バトルスピリッツ大会で優勝した少年はその夜、十二神皇スピリットに勇者として選ばれ異世界スピリッツワールドに召喚された。そこで彼を迎えたのは巫女の少女。邪神皇復活を阻止するための十二神皇を集める冒険の旅が始まる……てな初回。全てがベタで新味は一切無い。子供向けとしては作画は良好。TCGバトルアニメが好きな子供なら楽しめそう。

  • 『双星の陰陽師』(テレ東/夕方6:25)
    《ケガレ》と呼ばれる異世界の者が人を襲い、それに対抗する力として《陰陽師》が組織化されている現代。手当り次第に告白しては玉砕する毎日を送る少年はかつて天才陰陽師だったが、過去の事件をきっかけにその世界に背を向けていた。そんなある日、ケガレが出現した近くでエリート陰陽師の少女と出会い……てな初回。陰陽師要素はほとんどないよくある構図の何番煎じかわからない超能力バトル漫画のノリ。ジャンプスクエア原作と聞いて納得。良くも悪くもないのでファンなら十分楽めそう。

  • 『美少女遊戯ユニット クレーンゲール』(MX/夜10:00)
    巨大隕石の地球落下を阻止するためアイドルのスカウトと偽って3人の少女をゲーセンに集めクレーンゲームの特訓をさせるのだった……という5分枠Flashアニメ。素人臭い絵と素人臭い声。放送時間の残りは担当声優の実写コーナーで番組協賛のオンラインクレーンゲームサイトの宣伝というアニメをダシにしたバラエティー番組。

  • 『鬼斬(おにぎり)』(MX/深夜1:00)
    この世に災厄をもたらす神喰いと戦う少女たちの活躍?を描く同名のMMORPGを元にした5分枠アニメ。美少女キャラを登場させるだけで中身は無い。くだらないメタネタ含めゲーム宣伝用のプロモーションアニメ以上でも以下でもない。

  • 『文豪ストレイドッグス』(MX/深夜1:05)
    孤児院を追い出され空腹で死にそうな主人公・中島敦は入水自殺を試みて流されてきた太宰治と出会う。太宰は《武装探偵社》の異能力者で、彼の仕事を一緒に追う中で敦も自身の異能力に気づき探偵社に世話になることになる……という初回。実在の文豪をイケメン化して各著書等の名称の異能力でバトルする漫画のアニメ化。文豪は本当にただ名前を借りただけで中身はゼロ。ボンズ製作で絵面だけは『血界戦線』並なれど、物語はスカスカでキャラも見た目だけでスカスカというテンプレ要素だけで作られている代物。

  • 『SUPER LOVERS』(MX/深夜1:35)
    主人公が高校生の夏に、幼い頃に別れた母危篤の一報を受けてカナダへ渡るもそれは嘘で、新しく引き取った野生児の少年と引き合わされる。虐待の痕のあった少年を世話する中で2人は打ち解ける。そして帰国した主人公だったが事故に遭い……という初回。5年後、当時の記憶を無くした主人公の元に成長した少年が現れ、一緒に暮らすことになる流れ。おさんどんが得意で母性溢れる男子高校生とか、母性に欠ける母親が女としてカッコよく描かれるとか、女性の喜ぶファンタジーなBL漫画のアニメ化。アニメの質は中の下。このジャンルが好きな人なら楽しめるんじゃないでしょうか。



【木曜日】
  • 『クロムクロ』(MX/夜10:00)
    黒部ダムの側にある国連主導の研究所では発掘された遺物《アーキファクト》の研究をしていた。女子高生の主人公が研究所所長である母親に忘れ物の携帯を届けに行った際に謎の飛行物体が落下。多数のロボットが出現して研究所を襲ってきた。その最中、アーキファクトのひとつから素っ裸の侍が出てきて、主人公のことを「姫」と呼び、敵に立ち向かうのだった……という初回。P.A.WORKS初のロボットアニメ。説明台詞を排し、画で人間関係や状況を理解させてくれる。さすがは岡村天斎監督か。作画も良好で丁寧な描写と相まって見応えがある。

  • 『あんハピ♪』(MX/夜10:30)
    不幸が日常の女子高生たちの幸せになるための学園生活を描く日常観察系アニメ。犬を助けた際に橋桁に釣り下がった不幸女子高生という極端な描写=ギャグと思っている作風。女教師が生徒に対して冷たく笑顔でお前らは不幸だから7組に集められたんだと告げる姿を面白いと思う感性。それらを受け入れてこの絵柄に萌える人なら楽しめる可能性も…。私は胸糞なホラーにしか見えなかった。

  • 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』(MX/夜11:30)
    主人公の男子高校生はかつてMMORPG内で告白した女性キャラがネカマだったことからギルド内の女性キャラ・アコからの結婚申し込みを躊躇していたが、ゲームはゲームと割り切ってゲーム内結婚をした。ひょんなことからギルドのオフ会をすることになり、相手が本当に女の子だったことがわかる……という初回。キャラデはラノベ系によくあるちょっと癖のある絵柄。ギルドメンバーが全員同じ学校の女子という偶然はラノベなのでいいとして。ネトゲ部の設立理由が「アコにゲームと現実の区別をつけさせ更生させる」という意味のあるものでドラマに繋がっているのが良い感じ。それ以外は並だけど。

  • 『甲鉄城のカバネリ』(フジ/深夜0:55)
    ノイタミナ枠。《カバネ》と呼ばれる人を襲いウィルス感染で増えるゾンビのような怪物で覆い尽くされた世界。人は堅牢な砦に籠り、点在する砦間を装甲で覆われた蒸気機関車で移動していた。修理工の主人公は武士をアテにせず独自にカバネを倒せる武器を研究していた。そんなある日、カバネを襲われ暴走した機関車が砦に突っ込み、壁が崩壊。侵入したカバネに噛まれた主人公だったが、独自に作っていた器具でウィルスの脳への浸食を止め、体はカバネだが人の意識の残る《カバネリ》となった……てな初回。見た目は幕末〜明治期ぐらいの和風スチームパンク。色々と「進撃の巨人」っぽいと思ったら制作会社や監督らが同じだった。作品としても「進撃」の巨人を等身大ゾンビに置き換えただけ。砦が小規模に点在して列車網で結ばれる世界観は日本が舞台ならではか。人物設定や物語はありきたり。なれども語り口の勢いで見せる。もう少しロジカルなものを期待していた分、少し肩透かし感はある。美樹本晴彦キャラデは近頃の作品ではとんと見なくなった描線による存在感があっていい。

  • 『少年メイド』(TBS/深夜1:58)
    アパートに母子二人暮らしで家事全般を得意とする小学生の少年は、ある日突然母親を亡くしてしまう。そこに叔父を名乗る若者が現れ、彼の豪邸に招き入れられる。そこで少年は母親が実家と関わらなかった事実を知り、そんな家の世話になることを拒否。そんな中、屋敷の惨状を見かねて掃除に精を出したところ、衣食住を提供する代わりに屋敷のメイドとして働くことを提案される……という初回。登場人物が男ばかりの女性向け作品ではあるけれど、好事家が好むような露骨な描写が一切ない一般性を持った作りで普通に楽しめた。主人公がおさんどん少女なら普通の少女漫画だ、これ。

  • 『坂本ですが?』(TBS/深夜2:28)
    眼鏡で七三分けの美少年で全ての行動がスタイリッシュな男子高校生・坂本の学園生活を描くギャグ漫画のアニメ化。ほとんど出オチみたいなネタもきっちりやり通せば面白い。高松信司監督の安定感。緑川光のハマりっぷり、石田彰の芸達者っぷりが光る。やはりギャグアニメは芝居が出来てナンボです。



【金曜日】
  • 『うしおととら[第3クール]』(MX/夜10:30)
    元々分割3クール放送で今回最終回まで描く。1クール空いたことで前回までの旅路感の無さは忘れて最終決戦のみに集中できそうではある。振り返ると前クールも3ヶ月おきに1クール毎に放送していたら端折り感を和らげることが出来たかもしれないと思った。

  • 『ウルトラスーパーアニメタイム[4期]』(MX/夜11:00)
    30分3本立て。『宇宙パトロールルル子』は宇宙人と地球人が共に暮らす宇宙移民特区OGIKUBOで、普通の女子中学生ルル子が父の代わりに宇宙パトロールの任に付くドタバタギャグアニメ。TRIGGERらしいメリハリある作画と勢い。『影鰐-KAGEWANI-承』は日本各地で起こる怪生物絡みの事件をオムニバスで描く劇メーション第2期。影鰐の兵器利用を目論む企業ドラマが主になり作品世界が矮小になった。『ぷちます!』はアイドルマスターのファン向け同人4コマみたいなノリで何が面白いのかわからない。

  • 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(MX/深夜0:30)
    第4部のアニメ化。個人的に原作はこの途中辺りから未読なので視聴を決定。舞台が日本のとある街に限定された分、スタンド使いのバラエティさやわかりやすい対決構図で、今期から見始めても取っ付きやすく楽しめる。

  • 『テラフォーマーズ リベンジ』(MX/深夜1:05)
    火星で進化したゴキブリと生物の力を得た人類の戦いを描くSFアニメまさかの第2期。スタッフが大幅に入れ替わり、前作の劇画感や重苦しかった雰囲気の一切が消え、作画がよろしくない普通のアニメに。前作はテンポは悪すぎたけど画作りだけは良かったと再確認。吹き出し内のデフォルメキャラ演出など緊張感はまるでなく、テラフォーマーたちからも絶望感を一切感じない。サクサク見れるが後に何も残らない。実写映画宣伝のために急遽作られた感は否めない。

  • 『牙狼-GARO- -魔戒烈伝-』(テレ東/深夜1:23)
    実写特撮。執事ゴンザをストーリーテラーにシリーズ歴代キャラによる各話オムニバス作品。魔戒法師同士の中二病的ドラマを好むファン向けできつい。松田賢二の魔戒騎士が登場する第3話Aパートでようやく楽しめた。牙狼は一般キャラが織り成すドラマを魔戒騎士らが締める話の方が面白いと思う。

  • 『ビッグオーダー』(MX/深夜1:40)
    10年前、幼い主人公の能力《オーダー》の暴走で世界が滅亡しかけたことがあった。高校生となった現在は自身の「世界の滅亡」の能力を隠して余命半年の妹を見舞う毎日。そんなある日、転校してきた女子高生が親の仇として主人公を襲ってきた。その中で気づく。自身の能力が世界の滅亡などではなく「世界支配」であったことを……てな初回。人に能力を付与する人外の存在とか、能力が物理ではなく世界の理を弄くる系とか、絵柄を含む病んだ雰囲気の女子高生などで「未来日記」臭がすると思ったら同じ原作者だった。主人公は業を背負って暗く生きているかと思いきや、一転して可愛い転校生にドギマギする能天気なキャラになるなど、設定にかまけて登場人物の筋道が蔑ろ。物語がざっくりしていて上っ面感が強い。

  • 『迷家-マヨイガ-』(TBS/深夜1:55)
    現実から逃れたい男女30人は「人生やり直しツアー」というバスツアーに参加していた。目的地は「行方不明者が暮らす村」とまことしやかに語られる《納鳴村(ななきむら)》。紆余曲折ありつつ村に辿り着くが村民は一人もいなかった。怪しい空気にツアー参加者たちの間には軋轢が生じ始める……というミステリーアニメ。アニメチックなキャラデのおかげか岡田麿里脚本にしては生々しさが薄め。序盤は前フリばかりながら飽きずに見れるのはさすが水島努監督か。連続殺人系の雰囲気を醸し出すも、結構早い回で本作が「LOST」だとわかる。後で「ギャラクシー・オブ・テラー」にもなるけど。残る興味は綺麗に終わらせるか泥沼バッドエンドかぐらいか。

  • 『マギ シンドバッドの冒険』(TBS/深夜2:25)
    「マギ」に登場するシンドバッドを主人公にした外伝作品のアニメ化。初回はシンドバッド生誕から幼少期を描く。あくまで周知のキャラの過去としての描かれ方でシリーズファン向け。ファンでない目からするとただベタな話でしかなく可もなく不可もない作品。



【土曜日】
  • 『ぼのぼの』(フジ/朝4:52)
    ほぼ20年ぶりの新作。声優は一新されているけど悪くはない。Eテレ辺りが似合いそうな毒の抜けた無難な内容。

  • 『カミワザ・ワンダ』(TBS/朝7:00)
    ブルドッグ姿の子犬ロボが自分の星を滅ぼしたバグデスの魔の手から地球を守りにやってきて一人の少年と出会う……というタカラトミー企画の玩具売り出しアニメ。世界に存在する《プロミン》が《バグミン》にされ暴走して起こす事件をワンダが持っているカミワザガジェットで捕獲・浄化して解決する流れ。型にハマったもの以上のものがないので到底ポケモンにも妖怪ウォッチにもなれそうもない。

  • 『ニャンだ?フルテレビ』(MX/朝7:00)
    アニメ番組かと思いきや、様々な猫モチーフ映像作品の5分枠番組だった。元々は中京テレビで放送されているものを4作品まとめて放送しているらしい。アニメ的な見所としては「にゃん符」の声優と「CoCO&NiCO」のキャラデが高田明美という点ぐらいか。

  • 『フューチャーカード バディファイトDDD』(テレ東/朝8:00)
    異世界と繋がった世界でカードから出現したモンスターとバディを組んでカードバトルする子供向けTCGアニメ第3期。主人公が引き当てたレアカードが不思議なタマゴに変化し、そこから謎のチビドラゴンが生まれた……という始まり方。シリーズファン向け。

  • 『レゴ ニンジャゴー』(テレ東/朝9:30)
    玩具のレゴ人形のCGアニメ新シリーズ。前作で平和を守ったニンジャゴーたちはアイドルとして大人気に。そんなある日、新たな敵・魔神が現れた……てな初回。テレ東の放送的には3期だけどシーズン6。幼児向けカートゥーンの作風が好きなら楽しいと思う。

  • 『境界のRINNE[2期]』(Eテレ/夕方5:30)
    貧乏死神の六道りんねと霊が見える体質の真宮桜が遭遇するハチャメチャな日常を描くアニメ第2期。安定した出来で普通に楽しめる。

  • 『逆転裁判〜その「真実」、意義あり!〜』(日テレ/夕方5:30)
    カプコンの同名ゲーム原作。初回はゲーム同様チュートリアル的に1話完結で、あとは数話で1エピソードをこなしていく感じか。ゲーム再現と言えば聞こえはいいけど、アニメとしての面白さが何ひとつとして加えられていない。その上でゲームの内容を端折って再現するため、裁判物としての見応えもない。声のイメージも全然違う。この枠のA-1 Picturesは「まじっく快斗」といい手抜きが酷すぎる。

  • 『田中くんはいつもけだるげ』(MX/夜10:00)
    いかに頑張らずに日常を過ごすかを考えて生きている見た目が華奢な男子高校生・田中と、そんな彼の世話をする大柄なクラスメートの太田の学園生活を描くコメディアニメ。Web漫画原作でネタは特に面白くはない。よくある女子高生日常観察系4コマの男子版とでもいうようなジャンル内の無難な作品。初回は面白さがまるでなかったけど、回を重ねてレギュラーキャラが増えてくると気楽に見る分にはそれなりに楽しめる。委員長が片想いキャラにレベルアップした辺りで惹かれた相変わらずな私です。

  • 『キズナイーバー』(MX/夜11:30)
    痛みを感じない体質の男子高校生。彼はカツアゲやイジメにも無抵抗で無気力に過ごしていた。そんなある日、謎の少女が彼の前に現れ、他の一癖ありそうな同級生たち5人と共に拉致られる。そして皆と痛みを共有する傷=絆が埋め込まれ《キズナイーバー》となったと告げられるのだった……という初回。TRIGGER制作。キズナシステムが地域ぐるみの人体実験だったり街中にいるマスコットキャラの着ぐるみが監視役だったりする絵空事加減が、岡田麿里の女性の生理で書かれた生臭い脚本や肉感的でリアル寄りな作画と噛み合っていない。現実と虚構がないまぜで人の心や絆という抽象性なら幾原邦彦監督辺りの方がハマりそう。

  • 『ハイスクール・フリート』(MX/深夜1:00)
    幼い頃に憧れた《ブルーマーメイド》になるため女子海洋学校に入学した主人公。生徒は各艦に振り分けられ、そのまま海洋実習に出た。集合地点に遅刻したところ、何故か味方の艦から実弾の砲撃を受け、仕方なく反撃をすると自分たちが反乱を起こしたことになっていた……という初回。ブルーマーメイドが何かを一切説明せずに物語が進むため、戦艦に乗り込む女子高生という構図をどう見ていいのかまるでわからない。どうやら「戦艦が民間に転用され、戦争に使わない象徴として女性が艦長を務める」という設定らしいが劇中で説明しないでどうする。初回だけ「はいふり」題なのは、タイトルで女子高生部活日常系と思わせといて実はシリアス展開するというギャップを目論んだのかもしれないが、その割にはどの描写も上っ面だけで底が浅い。他人を海に落とした後の主人公の言い草でこりゃ駄目だと確信。自分がしたことを悪びれず幼馴染と笑い合う辺りが気持ち悪い。そんな主人公が艦長というズレをドラマの引っ掛かりにするつもりだったのかもしれないが、作品における良識の基軸を見失わせただけに過ぎない。スタッフはポストガルパンを期待してそうだけど到底無理。

  • 『学戦都市アスタリスク[2期]』(MX/深夜0:30)
    驚異的身体能力の新人類が誕生した世界。彼らを育成する学園に特待生として入った主人公がヒロインとペアを組んで学内の武闘大会に挑むラノベ原作アニメ第2期。物語は前期の続きで大会途中から。間が空くとテンプレ臭がきつすぎて1話見るだけできつい。ファン向け。

  • 『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』(MX/深夜1:00)
    アメリカ人作者によるステレオタイプな日本観で書かれたサイバーパンク忍者小説のアニメ化。妻子を殺された平凡なサラリマンがニンジャになって復讐する。1年前にネット配信していたものの地上波放送。わざとチープにした作画とノリはたぶん原作の珍妙さを表すのに適していると思われる。ところどころ作画がしっかりしているところはTRIGGERらしい動き。ネット界隈で楽しむにはいいのだろうけどテレビで見るもんじゃない。

  • 『エンドライド』(日テレ/深夜1:55)
    水晶好きの少年が父親の会社に保管してあった水晶に触れたことで異世界へと飛ばされた。一方、異世界では自身が前国王の忘れ形見だと知った少年が育ての親である現国王を暗殺しようとして捕らえられていた。牢獄で出会った2人は一緒に脱出するが……という初回。刀剣のような武具を体から出現させる能力だとか、物語に新味が一切無いどころかテンプレだけで作っている節がある。いかんせん脚本・演出が仕事してない。製作にタカラトミーの名前があるのでTCGか何かが原作なのか。キャラクターデザイン原案が漫画家2人の競作というのもカード絵柄によくある話だし。テレ東夕方6時台ホビーアニメと思えばこのやっつけ感は子供向けと割り切っていると思えなくもないけど酷いことに変わりはない。

  • 『ふらいんぐうぃっち』(日テレ/深夜2:25)
    15歳になったら独り立ちをする魔女のしきたりで、東北の親戚の家に居候して高校に通うことになった女の子の日常を描く。設定から話まで中身はよくある萌えアニメなのに何故こんな一般寄りな絵柄なのかと思ったらマガジン系の漫画原作なのか。画作りから落ち着いた雰囲気の秀作を期待していただけにがっかり感が半端ない。初回最後のマンドレイクのくだりなど、これが萌えキャラ系の日常ギャグアニメテイストだったらたぶん面白い。



最近は作画が一定以上のクオリティで一見すると悪くなさそうな作品が多いですが、脚本段階でのクオリティが全体的には落ちている気がします。映像ソフトを売らんがための絵のクオリティコントロール重視の作り方が脚本段階まで染み付いている感じ。

その実、絵の方も大半は大したことがなく、ただ動かしているものをよく動く作画と勘違いしていたり、静止画ではきれいでも動画では平板だったりとアニメとしての気持ち良さを感じられるものが少ない。コンピュータ導入から現在までに蓄積された様々なものが、今やアニメにとって足枷にしかなっていないのではないかと思う今日この頃です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


声優・水谷優子さん死去

2016/05/22 23:00
画像

今月17日、声優の水谷優子さんがお亡くなりになりました。

アニメファンを自覚した頃からずっと聞いていた声でした。
デビューの『Zガンダム』から『マシンロボ クロノスの大逆襲』『ジリオン』『シュラト』『ヴイナス戦記』などヒロイン声を聞き続け、『ふしぎの海のナディア』のマリーや『ブラックジャック』のピノコといった幼い少女声に至るまで魅了され続けていました。

ちびまる子のお姉ちゃんやミニーなど長く定着した声はもうそこにあり続けるものと思っていました。

画像画像画像

享年51歳。
乳癌であったことは限られた人にしか明かしていなかったとのこと。
あまりにも突然であまりにも早く本当に残念です。
ご冥福をお祈りいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


声優・大平透さん死去

2016/04/24 00:00
画像

4月12日、声優の大平透さんがお亡くなりになりました。

私にとっては『スパイ大作戦』の指令の声であり、特撮ヒーロー番組のナレーションの声であり、洋画吹き替えファンとしてはテリー・サバラスでありダース・ベイター卿でした。

アニメではハクション大魔王のような情けなくも愛嬌のあるキャラをやらせればピカイチで、『ムテキング』のタコキチ兄さんや『ウラシマン』の権藤署長などなどタツノコアニメには欠かせない方でした。喪黒福造のような裏のあるキャラもそんな氏の声あってのものでしょう。

コメディから悪役まで演じる役柄は幅広く、『マグマ大使』のゴアの声だけでなく着ぐるみの中に入ったエピソードなどは役者魂を感じて好きでした。

画像画像

享年86歳。
ご冥福をお祈りいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ムーバス20周年ラッピングバスその3

2016/03/31 00:00
武蔵野市のコミュニティバスである「ムーバス」の20周年記念ラッピングバスの残る1つ『北斗の拳』バージョンは、まさに灯台下暗し、武蔵境駅の南口バス停にて発見しました。



画像
ムーバス

画像
右側面にラオウ、ケンシロウ、トキ

画像
右窓際にはユリア

画像
左窓際はラオウ

画像
左後方ドア脇にトキ

画像
右側面は顔が隠れたケンシロウ



ケンシロウ、トキ、ラオウは同じ絵柄の使い回しですが、スペースの都合で顔に表示が被ったりしているのでネタ度は高いかと。ドア脇のトキは降りてくる客を待ち構えているようにしか見えませんて。

最初、武蔵境と東小金井の中間ぐらいを歩いていた時に走り去る北斗バスを目撃。『シティーハンター』を境、『義風堂々!!』を三鷹で目撃したので残るはやはり東小金井方面だったかと思いきや、目撃した地点を走るルートを調べると境南西循環で起点が武蔵境駅。そうか、南口にもムーバスのバス停があるのかと膝を打った次第。

なんとか3月の終了までに3バージョンと遭遇できました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ムーバス20周年ラッピングバスその2

2016/03/27 00:00
武蔵野市のコミュニティバスである「ムーバス」の20周年記念ラッピングバスを『シティーハンター』バージョンに続いて『義風堂々!!直江兼続』バージョンを三鷹駅北口バス停にて発見。



画像
ムーバスとしては大型タイプ

画像
右側面 前から
未読なのでキャラはよくわかりません

画像
右側面 2

画像
右側面 3

画像
右側面後方

画像
大型なので後面にも

画像
左側面後方

画像
左側面



こちらもシール的ではありますが、かっちりした立ち絵とまっすぐな分割ラインのおかげできちんとコラージュされたラッピングバスになっています。同じ絵柄の使い回しがないのも見応えがありますね。

残るは『北斗の拳』バージョンです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
ニチアサ2016
ニチアサ2016 遅ればせながらニチアサ感想。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/13 23:56
2016冬の新アニメ感想
遅ればせながらの今期の新アニメ初回チェック感想。 ようやくおそ松ショックから立ち直ってアニメを見る気になれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/29 00:00
ムーバス20周年ラッピングバス
ムーバス20周年ラッピングバス コミュニティバスの草分けである武蔵野市の「ムーバス」が20周年を迎え、同市内にある「ノース・スターズ・ピクチャーズ」の協力の元、昨年末から『北斗の拳』『シティーハンター』『義風堂々!!直江兼続』の3種類のキャラクターラッピングバスが運行中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 00:52
おそ松アニメージュ騒動
おそ松アニメージュ騒動 2016年冬アニメをまだ1本も視聴チェックしていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 22:47
2015秋の新アニメ感想
最近遅ればせながらの今期の初回チェック感想。 継続視聴しているものは2話以降の内容も含んでいたりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/29 00:00
声優・松来未祐さん死去
声優・松来未祐さん死去 先月27日、声優の松来未祐さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 00:00
俳優・熊倉一雄さん死去
俳優・熊倉一雄さん死去 10月12日、俳優の熊倉一雄さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/31 00:00
第37回アニメグランプリ
第37回アニメグランプリ 今月のアニメージュは「第37回アニメグランプリ」発表号。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/31 21:05
2015夏の新アニメ感想
今期の初回チェック感想。 継続視聴しているものは2話以降の感想も含まれてたりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 00:00
2015春の新アニメ感想
遅ればせながら今期の初回チェック感想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 00:00
SHIROBAKOドーナツ
SHIROBAKOドーナツ 現在、武蔵境駅前の「すきっぷ通り商店街」が『SHIROBAKO』とコラボ中ですが、ベーカリー・カフェ・クラウン武蔵境店でもコラボ商品としてクリアファイル付きの特製ドーナツセットを限定販売。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/19 21:20
ニチアサ2015
ニチアサ2015 「ニチアサキッズタイム」という括りは2011年で終わっていたと最近知りました。7時台がバトルスピリッツシリーズではなくなったので調べたら、当ブログだと「ニチアサキッズタイム2011」を書いた時点で既に無くなっていた模様。3年も気づかなかったとは。とりあえず当ブログにおいては「スーパーヒーロータイム+プリキュア」はニチアサ枠として新番組感想とは別に継続とさせていただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/17 21:00
声優・小川真司さん死去
声優・小川真司さん死去 今月7日、声優の小川真司さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 20:48
SHIROBAKO×すきっぷ通り
SHIROBAKO×すきっぷ通り 現在、武蔵境駅前の「すきっぷ通り商店街」が『SHIROBAKO』とコラボ中(※2015年3月31日まで)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 20:42
2015冬の新アニメ感想
遅ればせながら今期の初回チェック感想。 先月末でとりあえずの視聴は済んでたけど感想書く暇が無かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 19:38
声優・大塚周夫さん死去
声優・大塚周夫さん死去 今月15日、声優の大塚周夫さんがお亡くなりになりました。 享年85歳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 21:40
声優・弥永和子さん死去
声優・弥永和子さん死去 今月1日、声優の弥永和子さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/17 21:33
2014秋の新アニメ感想
延び延びになっていた今期の新番組チェックがようやく終了。 春秋の番組改変期はちょっと多いからめんどい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/11 00:00
声優・家弓家正さん死去
声優・家弓家正さん死去 先月30日、声優の家弓家正さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 23:59
声優・仲村秀生さん死去
声優・仲村秀生さん死去 先月30日に声優の仲村秀生さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/24 21:59
2014夏の新アニメ感想
今期の新番組チェックがようやく終了。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/29 23:37
第36回アニメグランプリ
第36回アニメグランプリ 今月のアニメージュは「第36回アニメグランプリ」発表号。 ここ最近は作品傾向の偏りの酷さを嘆いてばかりでしたが、今回に至っては嘆く気にすらなりませんでした。 (対象期間:2012年12月1日〜2013年11月30日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/18 21:08
2014春の新アニメ感想
もう5月も半ばですがようやく新番組初回チェック終了。 4月末〜5月頭にかけて予定が埋まっていたこともあり、後回しにした数本を見るのに手間取りました。OVA・劇場作品のテレビシリーズ化や海外作品、短編作品など色々あるとはいえ総数60本は多すぎだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/14 23:59
98式AVイングラム、吉祥寺に立つ
98式AVイングラム、吉祥寺に立つ 2014年4月13日(日)、吉祥寺駅の南北自由通路開通イベントにパトレイバーの実物大98式AVイングラムが参加し、トレーラーからのデッキアップをするというので見に行ってきました。以下、写真は2度のデッキアップ分で構成されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/14 23:31
ニチアサキッズタイム2014
ニチアサキッズタイム2014 少し遅くなりましたがニチアサキッズタイム感想。 2月後半は皆さんご存知のように関東甲信越で大雪。東京で過ごす分には雪解けも早く、あまり影響もなかったんですが、山梨の方で報道があった場所以外でも道路が埋まり電車も止まって陸の孤島と化したりしてたもので、しばらく物流が滞ることから電車が通った日に東京から食料を買い込んで運んでいったりあたふたしてました。自分の頭の高さに雪を掻き上げるなんて初体験でしたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/01 20:48
2014冬の新アニメ感想
遅ればせながらの新番組チェック。 先月中に初回だけは全作品見切っていましたが、感想を書くのに手間取ってました。もう2月も中盤ですがちょこちょこ書き足してのものなのでいつもと変わらず初回〜2話目ぐらいでの感想です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/09 23:59
声優・永井一郎さん死去
声優・永井一郎さん死去 27日、声優の永井一郎さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 22:08
声優・加藤精三さん死去
声優・加藤精三さん死去 今月17日、声優の加藤精三さんがお亡くなりになりました。 『巨人の星』の星一徹と言えば知らない人はいないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/20 21:41
2013秋の新アニメ感想
前期終了作品で一番楽しめたのは予想外だった『恋愛ラボ』。 続いて『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/20 20:07
漫画家・やなせたかしさん死去
漫画家・やなせたかしさん死去 2013年10月13日、漫画家・絵本作家のやなせたかしさんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/17 22:15
gooランキング「リメイクしてほしい!懐かしの90年代アニメランキング」
先々月のgooランキング「リメイクしてほしい!懐かしの90年代アニメランキング」のこと。こちらも前回の「男性が好きな少女漫画原作アニメランキング」と同様に得票比率表記だったので票数計算していたんですがすっかりネタにするのを忘れてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/18 23:52
ワタルコミック
ワタルコミック 実家の押し入れからの発掘品ネタその3。 カバヤ・マンガクラブガムのおまけ冊子「ワタルコミック」全5巻。 その名の通り『魔神英雄伝ワタル』の食玩、というか食漫(画)とでも呼べばいいんでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/23 21:47
ガンダムのカード
ガンダムのカード 実家の押し入れからの発掘品ネタその2。 これまたカード物ですが、今回はガンダムの厚紙製カードです。 よくわからないモチーフのチョイスや絵柄に時代を感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/22 21:44
ラミネートカード
ラミネートカード 久々に実家の押し入れからの発掘品ネタ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/21 21:37
フジテレビ「アニメアカデミー1億3千万人が選ぶ!後世に残したい不朽の名作」感想
フジテレビ「アニメアカデミー1億3千万人が選ぶ!後世に残したい不朽の名作」感想 2013年7月30日、フジテレビにてカスペ!「アニメアカデミー 1億3千万人が選ぶ!後世に残したい不朽の名作」が放送されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/04 15:50
2013夏の新アニメ感想
前期終了作品で良かったのは『はたらく魔王さま!』が断トツ。『ちはやふる2』は安定の面白さ。『翠星のガルガンティア』は1クールで見事にSFしてくれて楽しめました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/18 23:59
gooランキング「男性が好きな少女漫画原作のアニメランキング」
gooランキング「男性が好きな少女漫画原作のアニメランキング」 この手のアニメランキングにはもはや新味はありませんが、先日、gooランキングにて「男性が好きな少女漫画原作のアニメランキング」というものがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/26 22:41
声優・内海賢二さん死去
声優・内海賢二さん死去 昨日、声優の内海賢二さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/14 22:47
焚書の時代が再び訪れる 〜児ポ法改正案〜
焚書の時代が再び訪れる 〜児ポ法改正案〜 最近、この話題ばかりですがもうひとつ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/09 19:23
クールジャパンと児童ポルノ禁止法
クールジャパンと児童ポルノ禁止法 昨年、NHKスペシャル「追跡!世界キティ旋風のナゾ」という番組がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/05 21:49
ズゴック豆腐
昨年末にネタにしそびれたズゴック豆腐ですが、先日、ズゴックスイーツを作る機会があったので遅ればせながら以前撮った画像と共にまとめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/30 21:36
第35回アニメグランプリ
アニメージュ今月号は「第35回アニメグランプリ」発表号でしたが、昨年と変わらず酷く偏った結果になっていました。 (対象期間:2011年12月1日〜2012年11月30日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/20 21:30
2013春の新アニメ感想
前期で見続けた作品では初回チェックから感想が大きく変わったものは特になし。『たまこまーけっと』はポストけいおんにしたいのが丸見えでせっかくのデラがまるで活かされず。『まおゆう』が良かったのは第1話だけ。残りは現実世界からの逆算で作られただけの物語でしかなかった。間隔を空けて最終2話が放送された『ガールズ&パンツァー』はしっかり盛り上がりすっきり終わる良い最終回でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 20:05
シンデレラII & III 戻された時計の針
●シンデレラII ●シンデレラIII 戻された時計の針 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/14 21:16
ニチアサキッズタイム2013
遅ればせながらニチアサキッズタイム感想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/03 21:18
声優・納谷悟朗さん死去
5日、声優の納谷悟朗さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/11 23:59
2013冬の新アニメ感想
1ヶ月以上遅れましたが新番組初回チェック。 チェック自体はHDD容量の問題から先月中に視聴の取捨選択は終えていましたが書く時間が無かったもので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/28 22:54
声優・本多知恵子さん死去
2月18日、声優の本多知恵子さんがお亡くなりになりました。 享年49歳……早いとしか言いようがありません。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/23 21:08
2012秋の新アニメ感想
まずは前期で終わった作品のこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/20 23:59
ロケ地 東小金井「だから僕は、Hができない。」編
先日最終回を迎えた『だから僕は、Hができない。』ですが、第9話に見覚えのある風景があったのでちょっと足を運んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 21:27
ロケ地 武蔵境「じょしらく」編
『じょしらく』第11席「五人さかい」にて武蔵境が舞台に。 前週でけいおんネタに絡めて「京都方面ならできるけど武蔵境的にはきついんだよ」というセリフの時点でネタにしようと思っていたら翌週はさらにド直球な扱い。こりゃ行くしかないですな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/18 21:03
タツノコプロ名作アニメ総選挙結果発表
TOKYO MX「タツノコプロ名作アニメ総選挙」の結果が発表。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/31 21:53
タツノコプロ名作アニメ総選挙
今週、TOKYO MXでは月〜金曜の夕方6時30分からの1時間、毎日、往年のタツノコアニメの第1話を放送。番組HPから見たい作品に投票して、見事1位になった作品は秋から放送するという企画がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/24 23:07
ロケ地 宇都宮「茄子 スーツケースの渡り鳥」編
これまで宇都宮ロケ地ネタなどで軽く何度か扱った『茄子 スーツケースの渡り鳥』ですが、お盆で帰省した際に市内で舞台になった場所をきちんとチェックしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/19 21:16
フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活
宇都宮美術館では開館15周年記念展「フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活」が開催中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/17 21:55
DVD「復刻!東映まんがまつり」
東映ビデオから「復刻!東映まんがまつり」として上映プログラムをまるごと収録するDVDが発売。その第2弾が先月からリリース開始。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 21:39
東映まんがまつり7(1996〜2002)
●東映アニメフェア【紆余曲折期】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 21:39
東映まんがまつり6(1990〜95)
●東映アニメフェア【ドラゴンボールZ期】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/06 21:14
東映まんがまつり5(1984〜89)
●東映まんがまつり【キン肉マン・キャプ翼・星矢期】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/05 21:29
東映まんがまつり4(1977〜83)
●東映まんがまつり【世界名作童話期】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/04 21:59
東映まんがまつり3(1973〜76)
●東映まんがまつり【マジンガー期】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/03 21:51
東映まんがまつり2(1967〜72)
●東映まんがまつり【初期】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/02 21:42
東映まんがまつり1(1963〜65)
●東映まんがまつり前夜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/01 21:42
2012夏の新アニメ感想
まず前期で終わった作品のこと。 個人的には『謎の彼女X』が色々もう一歩な部分がありつつも照れくさい交際っぷりがツボにハマってしまった。『坂道のアポロン』『つり球』はノイタミナをかつての路線に引き戻してくれた良作。でも『坂道のアポロン』最終回のEDはいらなかった。オタク目線で楽しめたのは『這いよれ!ニャル子さん』とアニメじゃないけど『アキバレンジャー』。今回最後まで付き合った中で駄目な作品は特になし『アクエリオンEVOL』は終盤が伏線回収に走るばかりで尻つぼみに終わったのが残念でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/27 21:04
EXILE魂「女性が選ぶ思い出のアニメソングTOP5《ヒロイン編》」
アニメか映画以外、とんと地上波キー局にチャンネルを合わせなくなっていますが、先日たまたまチャンネルを回した時に「EXILE魂」という番組で、なにやらアニメソング企画をやっていたのでとりあえずチェックしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/22 21:43
ディズニー新作『シュガー・ラッシュ』
ディズニーの新作『シュガー・ラッシュ』はゲーム世界を舞台に8ビット時代からの悪役=やられ役の主人公がヒーローになりたいと奮闘する物語らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/13 21:25
ザク豆腐
今更ですが先月末ようやくザク豆腐を食しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/08 20:45
第34回アニメグランプリ
アニメージュ今月号は「第34回アニメグランプリ」発表号。 ここ毎年ネタにしてきたので今年も触れておきます。 (対象期間:2010年12月1日〜2011年11月30日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/24 22:09
ニチアサキッズタイム2012
ニチアサキッズタイムの感想を後回しにしていたら、もう3ヶ月過ぎてました。前作『ゴーカイジャー』が放送休止+全51話というスケジュールで新番組の開始が例年よりも遅かったことも私の後回しに拍車がかかった一因ではありますが。では今更ながら感想を少々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 22:05
2012春の新アニメ感想
まずは前期で終わった作品の感想を軽く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/02 21:11
声優・青野武さん死去
声優の青野武さんがお亡くなりになりました。 病気療養からの復帰を願っていましたが残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/11 21:24
フジテレビ「1億3千万人が選ぶアニメ&特撮ヒーロー・ヒロインベスト50」感想
2012年4月5日、フジテレビで放送された特番「1億3千万人が選ぶアニメ&特撮ヒーロー・ヒロインベスト50」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/08 22:38
アニメ監督・石黒昇さん死去
アニメーション監督の石黒昇さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 21:46
声優・紗ゆりさん死去
声優の紗ゆりさんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/09 22:36
キャシー生存確認 その2
ミスターイトウ「ハローキティビスケット」 出先で寄ったスーパーで見掛けて、パッケージを見たらキャシーもラインナップされていたので思わず買ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/08 00:30
2012冬の新アニメ感想追記
前回の新アニメ感想を書いた以降に始まった作品とすっかり存在を忘れていた作品の感想を追記。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/16 21:19
クレヨンしんちゃん×お願いランキング
クレヨンしんちゃん新作映画公開に合わせて、番組の最後に「お願いランキング」とのコラボ企画を放送。2012年1月27日〜2月3日の2週に渡り「映画「クレヨンしんちゃん」の名場面が知りたい」として「映画全19作品からスタッフが選んだ泣ける名場面ベスト5」とやらが紹介されていたので軽くまとめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 21:31
2012冬の新アニメ感想
いつもなら前期で終えた作品の感想といくところですが、今回は特段書いておきたいものはなし。『輪るピングドラム』は結局どう評価していいか分からないし、それもそれでいいような気がするので語りようがない。あと見ているのは2クールでまだ終わってないし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/23 21:23
アニメーター・荒木伸吾さん死去
アニメーターの荒木伸吾さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/04 20:48
ひつじのショーン2期
ひつじのショーン2期も1回3話ずつの放送。今回も全40話のため、最終回は話数調整をするため4話分を詰め込んだ25分になることをすっかり忘れて、最初の放送ではラスト5分を録画失敗してしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/16 21:17
ひつじのショーン2期 放送タイトル一覧
【ひつじのショーン2期 放送タイトル一覧】 1期放送タイトル一覧>>放送回話数サブタイトルDVD11ショーンのいたずら1-12線を引こう3ねむれないひつじ24ぴょんぴょんティミー5ダンスは静かに!6ショーンとゴルフ37恋のキューピッド?8バグパイプをたすけろ!9スーパーサイズ・ティミー410ベッドでおやすみ11にせチーターあらわる!1-212めがねがなくて大騒動!513ビッツァーのぼうし14ねずみとかくれんぼ15ショーンにおまかせ616ショーンのお店屋さん17パーティーをしよう18どっちがショ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/16 21:00
お願いランキング「ヤング声優vsアダルト声優 本当にスゴイ声優ランキング」感想
2011年11月12日放送の「お願い!ランキングGOLD 2時間スペシャル」は、テレ朝はまたこういうフォーマットを捻くり出してきたかと思わせる新たなランキングネタ「ヤング声優vsアダルト声優 本当にスゴイ声優ランキング」(「〜プロが選ぶスゴイ声優ランキング」)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/15 22:13
みんなで選ぶクレヨンしんちゃん名作ランキング
先週、クレヨンしんちゃん20周年特別企画「みんなで選ぶクレヨンしんちゃん名作ランキング」が発表されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/30 20:25
2011秋の新アニメ感想
いつものように前期で終えたものの簡単な感想から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/17 21:29
ルパン三世にもとうとう声優交代の波がやってきた
次のルパン三世TVスペシャル『血の刻印〜永遠のMermaid〜』からとうとう声優の一部が交代するとのこと。残念ではありますがキャラの若々しい外見と声が乖離して久しいので仕方ないですね。むしろ遅いくらい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/09 23:22
お願いランキング「人気声優100人が本気で選んだスゴイと思う声優ランキングBEST25」感想
2011年8月27日放送、テレ朝「お願い!ランキングGOLD 2時間スペシャル」は「人気声優100人が本気で選んだスゴイと思う声優ランキングBEST25」でした。内容は数年前にプロキングという深夜番組でやったことをちょっと規模を大きくしてやってみたって感じでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/16 21:06
月曜プレミア!「1万人が選んだアニメソングBEST30&懐かしの名場面」感想
遅まきながら2011年8月15日放送の月曜プレミア!「1万人が選んだアニメソングBEST30&懐かしの名場面」の感想をば。この手のアニメランキングはテレ朝でよく見掛けますがテレ東でやるとは珍しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/10 21:38
アニメーター・芦田豊雄さん死去
アニメーターの芦田豊雄さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/26 22:06
2011夏の新アニメ感想
まずは前期で終えた作品について少々。 前期のワーストは断トツで『もしドラ』。月〜金曜×2週の集中放送でなかったら早々に途中離脱してました。感想を書き出したら長くなったので別記事に分割。こちらからどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/17 23:16
2011夏の新アニメ感想余談──『もしドラ』感想
前期のワーストは断トツで『もしドラ』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/17 23:00
シャアザク、栃木に立つ…?
栃木の壬生町に実物大のシャア専用ザクを建てようとしているとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/14 22:41
ドラえもん 2010年8月
8月6日「のび太の誕生日冒険記」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/26 00:37
ドラえもん 2010年7月
7月2日「ぼく、骨川ドラえもん」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/25 22:35
声優・川上とも子さん死去
声優の川上とも子さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/10 22:28
キャシーは犠牲になったのだ──サンリオとメルシス社が和解
キャシーがミッフィーの著作権を侵害しているとした件の訴訟について、サンリオとブルーナ側(※メルシス社)が和解したそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/08 22:10
ガリレオヒット脳研「懐かしヒットアニメ「といえばアワード!」」感想
企業PR番組に傾倒しているテレ朝ですが、『ガリレオヒット脳研』という番組もその煽りを受けて紆余曲折している模様。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/02 22:28
ドラえもん 2010年6月
※これでようやく周回遅れだけは解消。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/30 21:54
ドラえもん 2010年5月
※昨年のドラえもんを追い掛けること1ヶ月、今回できっちり1年遅れまで到達しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/29 21:44
桜蘭高校ホスト部マスコットフィギュア
■ 桜蘭高校ホスト部マスコットフィギュア ■ DVD初回限定版付属のマスコットフィギュア。以前にパッケージ状態の写真は使いましたが、それっきりでネタにしそびれていたところ、先日、ホスト部の話題を耳にしたのでこの機にと思った次第。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/22 00:24
第33回アニメグランプリ
アニメージュ今月号は「アニメグランプリ」発表号。 昨年、一昨年とネタにしてきたので今回も触れておきます。 (対象期間:2009年12月1日〜2010年11月30日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/19 20:42
ドラえもん 2010年4月
4月23日「のび太の遠足サバイバル」 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/15 22:23
ドラえもん 2010年3月
3月5日「のび太の人魚伝説」 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/14 21:36
ドラえもん 2010年2月
2月5日「豪華!スネ夫の貧乏バースデー」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/05 22:04
ドラえもん 2010年1月
※ついつい後回しにしていたら気付けば昨年分が丸々手付かずになっていたドラえもん(汗)。一昨年に追い掛けはじめた辺りでわさドラのフォーマットを大分把握出来て、興味が薄くなりがちだったりもしますが、見れば何か言いたくなる回もあったりで。とにかく追いつくようにざっくりとこなしていきます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 22:00
出崎統監督死去
昨日、出崎統監督がお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/18 21:13
2011春の新アニメ感想
春秋の改編は新番組が多くてチェックもしんどい。 今期は今までで最大の文章量になってしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/17 21:44
キティズパラダイス終了
先月をもって火曜朝の顔『キティズパラダイス』が終了してしまいました。『II』『GOLD』『Fresh』『PLUS』『peace』と変化しながらも続いていた番組なだけに寂しい。後番組もてっきり『キティパラ○○』だと思って番組欄を探していたよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/13 21:41
アニソンも思い出してみる
前回「ウルトラ5つの誓い2011」にて勇気づけられるヒーローソングに触れたので、アニソンの方も思い出したものを2、3挙げてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/04 00:20
キャシー生存確認
遅ればせながらひな祭りネタをば(※更新したのは3月4日)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/03 21:22
ニチアサキッズタイム2011
今年のニチアサキッズタイム感想。 昨年同様、ライダーは半年遅れですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/25 21:45
2011冬の新アニメ感想
というわけで遅くなりましたが今期の新アニメ感想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/07 23:15
世代別 好きなスポーツアニメベスト5
先日の笑っていいとも「なんでもアンケート アラゆるギャップを比べタワー」を見たら、同じく春先にあったネタを書くのを忘れていたのを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/19 22:58
キャシーはベネルクス三国渡航禁止
どうやらキティたちが友達みんなでオランダ旅行しようとするとキャシーだけ置いてけぼりにされるらしい。先日報道があったサンリオのキャシーがミッフィーに酷似しているとの訴訟はミッフィー側の主張が認められてしまったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/03 22:42
脚本家・首藤剛志さん死去
2010年10月29日、首藤剛志さんがお亡くなりになりました。 先日、野沢那智さんの訃報を知った際に、そこからその前日には首藤さんが亡くなっていたとほぼ同時に知ったので、もうショックが二重に押し寄せてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 22:56
野沢那智さん死去
2010年10月30日、野沢那智さんがお亡くなりになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 17:32
サンダーキャッツ
先日、ふとした流れで辿り着いたとあるアニメのOP動画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 21:53
ミッフィーとキャシー
昨日のアクセス解析を見ていたら「サンリオ キャシー」というワード検索が異常に多かったので何事かと調べてみると、海の向こうでミッフィーの作者がサンリオのキャシーがミッフィーに酷似しているとして訴訟を起こしたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/22 20:39
2010秋の新アニメ感想
まずは前期で最終回を迎えた作品について少々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/10/16 22:14
ドラえもん 2009年12月
というわけで、なんとか12月分までは済みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/26 00:22
ドラえもん 2009年11月
後回しにしていたら半年以上も溜まってしまっていた(汗) とりあえず昨年分だけでもさっさと片付けてしまおう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/25 23:08
2010夏の新アニメ感想
まずは前期で最終回を迎えた作品について。やはり『おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜』が一番だったかな。もう翌週が待ち遠しくて。是非とも3期をお願いしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/18 00:03
スマステ「大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10」感想
2010年7月10日放送「SmaSTATION!!」では『トイ・ストーリー3』公開に合わせた形で、「大人の女性が選ぶディズニー&ピクサー映画ベスト10」を放送。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/16 00:00
第32回アニメグランプリ
アニメージュ今月号は恒例の「アニメグランプリ」発表号。 昨年、これをネタにしたので今年も触れときます。 (対象期間:2008年12月1日〜2009年11月30日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/20 22:02
新生ノイタミナと非実在青少年のこと
2010春アニメ感想で後回しにしたノイタミナ枠について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/13 22:26
なんぞこれ・その3
ほんの5日ほど前に「他にも2003年以前のベスト100データでウチにリンクしている記事があるんじゃないか」などと書きましたが、早速、アクセス元に別の英語版WikipediaのURL発見。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/04 21:00
なんぞこれ・その2
先日の「Tensai Bakabon」に続いて、またアクセス元に英語版WikipediaのURLを発見しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/29 22:25
2010春の新アニメ感想
まず前期で終了した作品では『君に届け』が抜きん出て良かった。始まったときの感想と変わらず、徹頭徹尾、爽やかさがむず痒くも気持ちいい作品でした。2期は皆さんの応援次第と最後のコーナーで言ってたけど絶対お願いしたい。原作に手を出し始めてはみたけど、それだと苦手なタイプの少女漫画の文法が所々にあるので、完全にのめり込めない。それに風早の可愛らしさは浪川大輔の声あってこそだと再確認したから。浪川大輔リスペクトっ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/15 21:44
ワンピース新OPから考えたこと
以前にワンピースの新OPが酷いと書きましたが、その後、そこから色々と思い出したことや考えてみたことを少々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/10 21:29
なんぞこれ
まだまだ引越中。 本当に間に合うのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/27 00:00
ニチアサキッズタイム2010
ニチアサキッズタイムは7時のアニメと8時のライダーの放送開始が半年ずれたため、昨年までのようにまとめての感想が書きづらくなってしまった(実際、去年は『少年突破バシン』のことを書いてませんし)。でもまあ、毎年この時期に書いていたので今回も書いておこうかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/28 00:00
メダロット
念願のメダロットDVDを遂にゲット! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/22 00:00
2010冬の新アニメ感想
年頭から死んでいたため、なかなか新番組のチェックが進まずにいましたが、ようやく一通り完了。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 00:00
スマステ「最終回で涙が止まらない!泣けるアニメ15」感想
2009年12月12日放送「SmaSTATION!!」で、泣けるアニメの最終回全部見せますと称して「最終回で涙が止まらない!泣けるアニメセレクト15」を放送。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/20 00:01
ドラえもん 2009年10月
10月16日「野比家が巨大迷路に!?」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/18 00:00
ドラえもん 2009年9月
9月4日「のび太は世界にただ一匹」 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/09 00:00
ドラえもん 2009年8月
8月7日「のび太の中ののび太」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 00:00
ドラえもん 2009年7月
7月3日「あべこべ惑星」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/29 00:00
今更ながらドラえもん
30周年企画「心に残るお話30」を終え、間髪空けず「30年後ののび太の町」などというつまらない企画を始めたドラえもんにホトホト嫌気がさし、録画しっぱなしになっていた私。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/28 00:00
子供の頃に影響を受けたアニメ
栄光ゼミナールで「子供の頃に影響を受けたアニメは?」というアンケートが取られたそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 00:00
ワンピース新OPの話
ワンピースの新OPが酷い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/19 00:00
2009秋の新アニメ感想
まずは前期で最終回を迎えた作品のこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/18 00:00
ヤッターマン総評と最終回のアレ
色々と秋の新番組が始まっていますが、まずは最終回を迎えた作品を見きらねばと色々消化中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/06 00:00
実物大鉄人28号完成
神戸の鉄人28号が完成したというニュース。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 00:00
実写版ヤマト配役決定だそうで
実写版ヤマトの配役が決定したらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/03 00:00
金田伊功氏関連
先日の記事で扱えなかった金田伊功さんのBIRTH(バース)関連品を実家に帰省した際に押し入れから探し出してみました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/21 00:00
マジ?マジ!マジカル☆浅香唯
ふた月分ぐらい溜まっていた『ジュエルペット』をまとめてダビングしていたら、今更ながらOPを歌っているのが浅香唯さんだということに気付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/04 00:00
お台場ガンダムを見た
たぶん、今、日本で一番画像が貼られているであろう「お台場ガンダム」を先々週末にちょろっと見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/30 00:00
金田伊功氏死去
2009年7月21日、金田伊功氏がお亡くなりになりました。 ご冥福をお祈りいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/24 00:00
2009夏の新アニメ感想
前期で見続けた中で酷かったのは『宇宙をかける少女』。中身の無さに辟易。テンプレだけで作品が出来ると本気で思っていたのだろうか。ドラマを描けてもいないくせに突然イモちゃん死亡展開(未遂)とか、もはや救いようがなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 00:00
第31回アニメグランプリ
今更ですけど、アニメージュ今月号は恒例の「アニメグランプリ」発表号でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/24 00:00
サタスペ「懐かし男の子アニメ20 VS 女の子アニメ20」感想
はい、テレ朝はまだまだやります。 2009年5月16日放送サタスペ!「1万人が選んだ懐かし男の子アニメ20 VS 女の子アニメ20 もう一度見たい名場面全部見せますスペシャル」。どうやら前回から「1万人が○○」がキーワードになった模様。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/18 00:01
2009春の新アニメ感想追記
前回の2009春の新アニメ感想ではあえて外していた「新作と呼んでいいのか微妙なタイトル」の感想と、前回触れそこねていた話を少々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 00:00
2009春の新アニメ感想
ようやく新番組をひと通りチェックし終わりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/15 00:00
決定!心に残るお話30
2009年3月20日放送のドラえもん30周年スペシャル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/24 00:00
ドラえもん 心に残るお話30発表前夜
2009年3月20日放送のドラえもん30周年スペシャルで「ドラえもん 心に残るお話30」の結果発表がありました。ということで前回の中間発表以降の流れを整理しときます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 00:00
ニチアサキッズタイム2009
先週『侍戦隊シンケンジャー』が始まり、この時間帯(日曜朝7:00〜9:00)の新番組が揃ったので軽く感想をば。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/21 00:00
2009冬の新アニメ感想
最近、ウチの地デジ環境ではTVKやMXでブロックノイズが日常化し、少しでも天気が悪いとすぐ映らなくなるので、この2局はアナログしか使えない状況となっております。これでアナログ放送が終わったらマジで困るんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 00:00
発掘再び〜もろもろ編〜
最後は実家の紙袋から発掘したセル画以外の物と、紙袋以外のところからの発掘品を一緒にご紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/21 00:01
セル画発掘再び〜カナメ編〜
実家の押し入れに眠っていた紙袋から発掘したセル画紹介第3弾は、カナメプロ絡みの作品から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/21 00:00
セル画発掘再び〜購入編〜
実家の押し入れに眠っていた紙袋から発掘したセル画紹介第2弾は、当時、自分で購入した2作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/20 00:00
セル画発掘再び〜映画編〜
年末の帰省中に押し入れを整理していたら、隅の方に何やら入っていそうな紙袋を発見。中身を確認したら前回紹介した『時空の旅人』とは別のセル画などが出てきたのでご紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/19 00:00
ドラえもん 心に残るお話30中間発表
昨年2008年12月31日放送『大みそかドラえもん さらばネズミ年 来年はモ〜30周年だよスペシャル』にて、同番組が募集していた「心に残るお話30」の中間発表がありました(前記事)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 00:00
ドラえもん 心に残るお話30/8歳以下部門
■ 心に残るお話30/8歳以下部門 ■ タイトル放送日1地底の国探検2007.2.162007.2.232ドラえもんとドラミちゃん2006.12.13スネ夫、美容院へ行く2008.2.14正義のヒーロー スーパージャイアン2007.6.15ちこくストップ大作戦2008.1.186恋するジャイアン2008.6.132008.6.207しずかちゃんへのプレゼントはのび太2008.5.308人生やりなおし機2008.8.89まあまあ棒2005.6.2410天井うらの宇宙戦争2005.7.111海賊... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/17 00:03
ドラえもん 心に残るお話30/9〜15歳部門
■ 心に残るお話30/9〜15歳部門 ■ タイトル放送日1ドラえもんが生まれ変わる日2007.9.72未知とのそうぐう機2006.10.203人気スターが真っ黒け2007.7.134ロビンソンクルーソーセット2007.1.265迷探偵のび太2008.6.66未来を守れ!のび太VSアリ軍団1999.12.317七夕の宇宙戦争2008.7.118王子を守れ!伝説のドラミ三剣士2007.12.79キャンディなめて歌手になろう2006.6.3010オオカミ一家2007.3.211おばあちゃんの思い出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/17 00:02
ドラえもん 心に残るお話30/16歳以上部門
■ 心に残るお話30/16歳以上部門 ■ タイトル放送日1のび太の結婚式?!1981.10.162トラえもん登場1980.9.223ガンバレうらなりくん2001.11.304しずかちゃんの心の秘密2007.5.25520世紀のおとのさま1986.8.156のろいのカメラ1979.4.137あの窓にさようなら1986.2.78人間機関車1997.4.259あべこべの星1992.10.210赤いクツの思い出1987.3.611ベロ相うらないで大当たり!2008.9.1212ああ、好き、好き、好き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/17 00:01
TezukaOsamu.net
手塚治虫生誕80周年にあたる11月3日に、手塚治虫公式サイトが「TezukaOsamu.net」として全面リニューアルされたそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/15 00:00
2008秋の新アニメ感想追記
前回、2008秋アニメ感想はひと通り新番組が出揃ったと思って書いたんですけど、翌週にあと1本残ってました。録画予約はしてあったのにすっかり忘れてたわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 00:00
2008秋の新アニメ感想
まず前期で最終回を迎えた作品について少々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/10 00:00
コレジャナイグッドデザイン
あの「コレジャナイロボ」がグッドデザイン賞を受賞! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 00:00
ドラえもん30周年
ドラえもんは2009年春にTVアニメ放送30周年を迎えるとのことで、記念に「あなたの心に残るおはなし」を募集するそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 00:00
オリンピックネタをひとつ
本日で北京オリンピックも閉幕。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/24 00:00
2008夏の新アニメ感想
某アニメ誌投稿欄で「第1話だけ見て切るなんて二流のウォッチャーだ」と一方的に書いて悦に悦に入っている人がいましたが、今のアニメは大概1話で判別できるって。ターゲット層が狭いから良いか悪いかの前に趣味かどうかがハッキリしすぎてるもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 00:00
2008春アニメ追々記〜マイメロその後
『おねがいマイメロディきららっ☆』(テレ東/日曜朝9:30)は、なんだかんだと見続けていますが、Flash動画が不評だったからなのか元々の予定だったのかは分かりませんが、どうやら下請けにはFlash動画スタジオ以外に通常2D作画スタジオも存在しているようで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/14 00:00
2008春アニメ追記〜だから件のSTAGE3を見た
今期の新アニメ感想にて『マイメロ』のついでに軽く触れた『きらレボ』ですが、ご意見を頂いた通り、軽くではあってもきちんと本編を見ないままにコメントしてはいけないと反省(もちろん2、3カット程度は目にした上でしたが)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 00:00
2008春の新アニメ感想
前期で最終回を迎えた作品では『キミキス』が普通の恋愛物っぽくて良かった。結局は『みゆき』だったけど。現在放送中の『ポルフィの長い旅』は名作劇場らしくて好評価中。ただ、悲劇の後の旅が作品の主目的と分かっていても前半の幸せな暮らしっぷりをいつまでも見ていたかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/19 00:00
リメイク版リボンの騎士
なんと手塚治虫の『リボンの騎士』がリメイクされて、今月発売の「なかよし」5月号より『サファイア リボンの騎士』として連載が開始しているそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/06 00:00
ニチアサキッズタイム2008
もはや初回チェックどころではないほど話数も重ねていますが、ニチアサキッズタイム(テレ朝/日曜朝7:00〜9:00)の感想をば。今年は『恐竜キング』『プリキュア5』が共にそのまま新シリーズ突入となり、大きな変化のないシーズンとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/31 00:00
キリクと魔女2/4つのちっちゃな大冒険
●キリクと魔女2/4つのちっちゃな大冒険 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 00:00
キリクと魔女
●キリクと魔女 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 00:00
追悼・広川太一郎
去る2008年3月3日 広川太一郎さんがお亡くなりになりました。 ご冥福をお祈りいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/13 00:00
レッツ&ゴー残像DVD問題
第2次ミニ四駆ブームの立役者『爆走兄弟レッツ&ゴー』のDVD-BOXがとんでもない仕様だという話を耳にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 00:00
なんというプリキュア5
「参上!正義の味方マジカル5!」 2008年1月18日放送のドラえもん「打倒ジャイアン!魔法の呪文」でのび太が見ていたテレビ番組のひとコマ。え〜と、どこから説明したらいいんでしょ、これ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/08 00:00
ぷるるん5と愉快な仲間たち
昨年中のネタが続きますがご勘弁を。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/22 00:00
新ヤッターマンOPの話
リメイク版『ヤッターマン』のOPアレンジにガッカリしていたら、実はそこに至る過程でオリジナルを作曲した山本正之さんが半ば騙されたような経緯があったらしく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/01/17 00:00
2008冬の新アニメ感想
恒例の新アニメ初回チェック。 この時期はU局アニメが多いのもいつも通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 00:00
デスノート旋風
世の中にはたくさんのデスノートが落ちているようで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/15 00:00
セル画の答え
前回のセル画の答え。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 00:00
セル画レス時代
先々月ぐらいに見かけた話で恐縮ですが、現在、セル画で作られているアニメは『サザエさん』だけになったそうで。最近の原油価格高騰もあり、ハイビジョン化に向けていつかは磯野家もデジタルになってしまうのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/15 00:00
2007秋の新アニメ感想追記
前回の記事以降に始まったアニメの感想+αを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/11 00:00
青の6号(全4話)
●青の6号(全4話) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/09 00:00
シャム猫/ファーストミッション
●シャム猫/ファーストミッション ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 00:00
ミヨリの森
●ミヨリの森 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/22 00:00
時をかける…?
2007年10月14日放送『ぷるるんっ!しずくちゃん あはっ☆』(テレ東/日曜朝9時)でのひとコマ。夢の中で映画スターになったうるおいちゃんが時をかけようとしてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 00:00
2007秋の新アニメ感想
とりあえず前期は春改編のお気に入り3作品が最後まで楽しめて良かったです(『ラブ★コン』は最後駆け足だったけど)。予想外に楽しめたのは『瀬戸の花嫁』。最悪は『キスダム』。オチを確認しようと必死に見ていましたが……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/10 00:00
アニメで妄想でベストテンで
先日の「大胆MAPスペシャル人気アニメキャラクターの声をやっている人の顔を全部見せちゃうよ!ベスト50」の感想で、えりりんに触れてからというもの、ネタをひとつ妄想し続けてまして…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/30 00:00
アニメサインもろもろ
実家の押し入れからの発掘品その3。 様々な時期のものをまとめて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/15 00:00
アニメイトのサイン会
実家の押し入れからの発掘品その2。 アニメイト主催で御三方のサイン会がサンシャイン60で催されると雑誌で知り、はるばる東京へ電車を乗り継いで連れていってもらった時のもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 00:00
ポケットモンスターDP/ディアルガVSパルキアVSダークライ
●ポケットモンスターDP/ディアルガVSパルキアVSダークライ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/06 00:00
金田伊功さんの絵
実家の押し入れからの発掘品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/19 00:00
ひつじのショーン(全40話)
●ひつじのショーン 原案:ニック・パーク(『ウォレスとグルミット』)監督:リチャード・ゴルゾウスキー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 00:00
ひつじのショーン放送タイトル一覧
【ひつじのショーン放送タイトル一覧】 『ひつじのショーン』について>>放送回話数サブタイトルDVD11ショーンとサッカー12みんなでバスタイム3シャーリーのダイエット24ティミーのぬいぐるみ5りんごを手に入れろ!6ひつじの芸術家237くいしんぼうなヤギ8ピザが食べたい!9ショーンの闘牛410サタデー・ナイト・ショーン11ショーンと凧312リトル・シープ・オブ・ホラーズ513ママはショーン?14カットはおしゃれに15ハイ!チーズ!616ティミーのサーカス417ビッツァーの恋18ショーンのモグラた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/10 00:00
ルパン三世/霧のエリューシヴ
●ルパン三世/霧のエリューシヴ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/04 00:00
ミラクル戦隊アップルV
ミラクル戦隊アップルV! ミラクルキティ! ミラクルミミィ! ミラクルトレーシー! ミラクルフィーフィー! ミラクルキャシー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/17 00:00
2007夏の新アニメ感想
いくつか新番組が始まったので初回チェック。今回は基本的にU局深夜アニメがほとんどで、ジャンルも「萌え」が大半。タイトルでほぼ取捨選択できたけど一応見てみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/16 00:00
サンリオ新キャラクター
良い子のみんな〜。 サンリオに新しいお友達が加わったよ〜。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/15 00:00
ほしのこえ
●ほしのこえ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/11 00:00
カクレンボ
●カクレンボ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 00:00
BS/CSアニメ感想
我が家にいつの間にか地デジ&BS/CS放送が映る環境だったことから見ることができたアニメのちょっとした感想をば。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 00:00
ブレイブストーリー
●ブレイブストーリー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 00:00
ロケ地 武蔵境
写真は2007年4月26日放送『のだめカンタービレ』でSオケ解散飲み会後のカラオケボックスでのひとコマ。女子2人歌い終わりのモニター画面には見覚えありありで…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/08 00:00
ぷるるん戦隊シズクレンジャー
しずくの森の守り神! 正義の味方!シズクレンジャー… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/21 00:00
海賊版撲滅?
──あ、ガンガル発見 というわけで三たび『古代王者恐竜キング/Dキッズアドベンチャー』(テレ朝/日曜朝7時)ネタで申し訳ない。2007年4月8日放送分で原宿にお出かけした時のひとコマ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/10 00:00
2007春の新アニメ感想
前期の番組は軒並み最終回を迎えたわけですが、その中で私が文句なく楽しめたのは『ヤマトナデシコ七変化』『RED GARDEN』『すもももももも』ぐらいかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/09 00:00
古代戦隊ディノレンジャー
ああっ、ブルーの頭が凄いことに!(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/21 00:00
現役ドリキャス発見!
先週、2007年3月11日放送分の『古代王者恐竜キング/Dキッズアドベンチャー』(テレ朝/日曜朝7時)でのひとコマ。 主人公の家ではドリキャスは未だ現役で稼働中の模様です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/20 00:00
日曜朝のヒーロータイム
先週『獣拳戦隊ゲキレンジャー』が始まったことでテレビ朝日の日曜朝7:00〜9:00に新番組が勢揃い。同局のHPなどを見ると4作品まとめて「日曜朝のヒーロータイム」と称してますね。ヒーロー系はまず見ることにしてますが、前後のアニメは初回チェックしてみないとね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/25 00:00
2007冬の新アニメ感想
アニメも最近は1クール作品も多く、昨年秋に始まった番組で年末に終了するものも多々あり。この時期、代わって始まった新番組をいつものように初回チェックした感想をば。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/21 00:00
コープスブライド
●コープスブライド ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/11 00:00
ジャイアント・ピーチ
●ジャイアント・ピーチ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/10 00:00
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
●ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 00:00
2006秋の新アニメ感想
秋のアニメ新番組多すぎっ。特に深夜アニメが多くて時間が重なることも多い。深夜って時間の変更が多いからチェックが面倒なのよね。で、やっと概ね初回チェックが終わった(その間に2、3話見たものもあるけど)ので軽く感想を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/24 00:00
アニメ『桜蘭高校ホスト部』が終わっちった
は〜、『桜蘭高校ホスト部』が終わっちゃった。 毎週楽しみにしてた数少ないアニメだったのに。 番組改編期ということで様々な作品が最終回を迎えたので、見ていたアニメの軽い感想を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 00:00
ゲド戦記
●ゲド戦記 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/29 00:00
ルパン三世/セブンデイズ・ラプソディ
●ルパン三世/セブンデイズ・ラプソディ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/24 00:00
ルパン三世/セブンデイズ・ラプソディを面白くしてみよう(その3)
【金曜日】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/23 00:00
ルパン三世/セブンデイズ・ラプソディを面白くしてみよう(その2)
【水曜日】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/22 00:00
ルパン三世/セブンデイズ・ラプソディを面白くしてみよう(その1)
G1レースが開催される競馬場からルパンが大金をせしめるとの情報を聞き付け、銭形が警備についていた。 その頃、街中ではのんびりとラジオで競馬中継を聞きながら歩く1人の老人の姿が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 00:00
ポケットモンスターAG/ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ
●ポケットモンスターAG/ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 00:00
カーズ
●カーズ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/10 00:00
ハウルの動く城
●ハウルの動く城 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/09 00:00
とっとこハム太郎はむはむぱらだいちゅ!/ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔
●とっとこハム太郎はむはむぱらだいちゅ!/ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 00:00
スローステップ(全5巻)
●スローステップ(全5巻) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/11 00:00
出ちゃったよ、パワパフガールズZ
『出ましたっ!パワパフガールズZ』(土曜朝7時テレビ東京系)が今日から始まりましたね。始まってしまいましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 00:00
アイス・エイジ2
●アイス・エイジ2 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/20 00:00
名探偵コナン/探偵たちの鎮魂歌
●名探偵コナン/探偵たちの鎮魂歌 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 00:00
ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!
●ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/04 00:00
ウォレスとグルミット、危機一髪!
●ウォレスとグルミット、危機一髪! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/03 00:00
ウォレスとグルミット/ペンギンに気をつけろ!
●ウォレスとグルミット/ペンギンに気をつけろ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/02 00:00
ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー
●ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/01 00:00
チキン・リトル
●チキン・リトル ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/19 00:00
ポケットモンスターAG/ミュウと波動の勇者ルカリオ
●ポケットモンスターAG/ミュウと波動の勇者ルカリオ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/06 00:00
ルパン三世/天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜
●ルパン三世/天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/05 00:00
Mr.インクレディブル
●Mr.インクレディブル 監督/脚本:ブラッド・バード(『アイアン・ジャイアント』)製作総指揮:ジョン・ラセター(『トイ・ストーリー』)声の出演:クレイグ・T・ネルソン(『ポルターガイスト』)ホリー・ハンター(『ピアノレッスン』)サミュエル・L・ジャクソン(『チェンジングレーン』)日本語吹替版:三浦友和黒木瞳宮迫博之綾瀬はるか(『世界の中心で愛を叫ぶ(TV)』) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/22 00:00
機動戦士Zガンダム/星を継ぐ者
●機動戦士Zガンダム/星を継ぐ者 総監督/原作/脚本/絵コンテ:富野由悠季声の出演:飛田展男池田秀一古谷徹岡本麻弥勝生真沙子井上和彦島田敏鈴置洋孝古川登志夫鵜飼るみ子新井里美浅川悠浅野まゆみ檜山修之大川透浪川大輔 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 00:00
ポケットモンスターAG/裂空の訪問者デオキシス
●ポケットモンスターAG/裂空の訪問者デオキシス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/15 00:00
スチームボーイ
●スチームボーイ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/14 00:00
ルパン三世/盗まれたルパン
●ルパン三世/盗まれたルパン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/28 00:00
とっとこハム太郎/ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪!
●とっとこハム太郎/ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/01/22 00:00
ルパン三世/お宝返却大作戦!!
●ルパン三世/お宝返却大作戦!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/10/24 00:00
ポケットモンスターAG/七夜の願い星ジラーチ
●ポケットモンスターAG/七夜の願い星ジラーチ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/08/28 00:00
茄子 アンダルシアの夏
●茄子 アンダルシアの夏 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/08/23 00:00
トレジャー・プラネット
●トレジャー・プラネット ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/08/13 00:00
名探偵コナン/迷宮の十字路
●名探偵コナン/迷宮の十字路 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/05/21 00:00
リロ&スティッチ
●リロ&スティッチ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/29 00:00
犬夜叉/鏡の中の夢幻城
●犬夜叉/鏡の中の夢幻城 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/01/23 00:00
とっとこハム太郎/ハムハムハムージャ!幻のプリンセス
●とっとこハム太郎/ハムハムハムージャ!幻のプリンセス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/12/31 00:00
千年女優
●千年女優 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/12/04 00:00
ルパン三世/生きていた魔術師
●ルパン三世/生きていた魔術師 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/11/09 00:00
ルパン三世/風魔一族の陰謀
●ルパン三世/風魔一族の陰謀 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/11/08 00:00
ルパン三世 EPISODE:0/ファーストコンタクト
●ルパン三世 EPISODE:0/ファーストコンタクト ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/11/07 00:00
猫の恩返し
●猫の恩返し ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/10/18 00:00
ギブリーズepisode2
●ギブリーズepisode2 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/10/18 00:00
アイス・エイジ
●アイス・エイジ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/10/04 00:00
東映アニメフェア2002夏
●東映アニメフェア2002夏 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/09/20 00:00
ポケットモンスター/水の都の護神ラティアスとラティオス
●ポケットモンスター/水の都の護神ラティアスとラティオス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/08/30 00:00
パワーパフガールズ・ムービー
●パワーパフガールズ・ムービー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/08/23 00:00
ミニパト/第3話「特車二課の秘密」
●ミニパト/第3話「特車二課の秘密」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/05/04 00:00
WXIII/機動警察パトレイバー3
●WXIII/機動警察パトレイバー3 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/05/04 00:00
モンスターズ・インク
●モンスターズ・インク ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/04/20 00:00
アトランティス/失われた帝国
●アトランティス/失われた帝国 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/01/26 00:00
シュレック
●シュレック ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/01/19 00:00
とっとこハム太郎/ハムハムランド大冒険
●とっとこハム太郎/ハムハムランド大冒険 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2002/01/12 00:00
ファイナルファンタジー
●ファイナルファンタジー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/10/28 00:00
シェンムー・ザ・ムービー
●シェンムー・ザ・ムービー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/10/27 00:00
アニメ(あ)
タイトル評価アイス・エイジ★★★アイス・エイジ2★★★青の6号(全4巻)★★アトランティス/失われた帝国★★犬夜叉/鏡の中の夢幻城★★★ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー★★★ウォレスとグルミット/ペンギンに気をつけろ!★★★★★ウォレスとグルミット、危機一髪!★★★★★ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!★★★★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:10
アニメ(か)
タイトル評価カーズ★★★★カクレンボ★WXIII/機動警察パトレイバーミニパト第3話「特車二課の秘密!」★★★★★★★機動戦士Zガンダム/星を継ぐ者★★★キリクと魔女★★★キリクと魔女2/4つのちっちゃな大冒険★★ゲド戦記★★コープスブライド★★★★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:09
アニメ(さ)
タイトル評価シェンムー・ザ・ムービー★ジャイアント・ピーチ★★★★シャム猫/ファーストミッション★シュレック★★★★スチームボーイ★★スローステップ(全5巻)★★千年女優★★★★★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:08
アニメ(た)
タイトル評価チキン・リトル★★★★東映アニメフェア2002夏(デジモンフロンティア/キン肉マンII世/激闘!クラッシュギアT)★★★とっとこハム太郎/ハムハムランド大冒険★★★★とっとこハム太郎/ハムハムハムージャ!幻のプリンセス★★とっとこハム太郎/ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪!★★★とっとこハム太郎はむはむぱらだいちゅ!/ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔★★トレジャー・プラネット★★★★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:07
アニメ(な)
タイトル評価ナイトメアー・ビフォア・クリスマス★★★★★茄子 アンダルシアの夏★★★★猫の恩返しギブリーズepisode2★★★★★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:06
アニメ(は)
タイトル評価ハウルの動く城★★パワーパフガールズ・ムービー★★★★★ひつじのショーン(全40話)★★★★★ファイナルファンタジー★★ブレイブストーリー★ほしのこえ★★ポケットモンスター/水の都の護神ラティアスとラティオス★★★ポケットモンスターAG/七夜の願い星ジラーチ★★★ポケットモンスターAG/裂空の訪問者デオキシス★★★ポケットモンスターAG/ミュウと波導の勇者ルカリオ★★★ポケットモンスターAG/ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ★★★ポケットモンスターDP/ディアルガVSパルキアV... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:05
アニメ(ま)
タイトル評価Mr.インクレディブル★★★ミヨリの森★名探偵コナン/迷宮の十字路★★★★名探偵コナン/探偵たちの鎮魂歌★★★モンスターズ・インク★★★★★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:04
アニメ(ら)
タイトル評価リロ&スティッチ★★★★ルパン三世/風魔一族の陰謀★★★★ルパン三世/生きていた魔術師★ルパン三世 EPISODE:0/ファーストコンタクト★★★★ルパン三世/お宝返却大作戦!!★★ルパン三世/盗まれたルパン★ルパン三世/天使の策略(タクティクス)★ルパン三世/セブンデイズ・ラプソディ→「ラプソディ」を面白くしてみよう★ルパン三世/霧のエリューシヴ★★★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/06/02 00:02
ドラえもん
ドラえもん30周年 年代別ベスト30一覧 ドラえもん心に残るお話30中間発表 ドラえもん心に残るお話30発表前夜 決定!心に残るお話30 なんというプリキュア5 今更ながらドラえもん(※2009年5〜6月抜粋) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/01/05 00:00
新アニメ感想
【新アニメ感想】 2006秋の新アニメ感想 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/01/04 00:00
アニメ特撮
【聖地巡礼】 ロケ地 武蔵境 ロケ地 宇都宮「茄子 スーツケースの渡り鳥」編 ロケ地 武蔵境「ウルトラマン」編 ロケ地 武蔵境「じょしらく」編 ロケ地 東小金井「だから僕は、Hができない。」編 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2001/01/03 00:00

トップへ | みんなの「アニメ」ブログ

シネマでぽん!S cinema-game-toy アニメのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる