バットマンビギンズ

●バットマンビギンズ

監督/脚本:
  • クリストファー・ノーラン(『インソムニア』)
出演:
  • クリスチャン・ベール(『リベリオン』)
  • リーアム・ニーソン(『ダークマン』)
  • キリアン・マーフィー(『28日後…』)
  • 渡辺謙(『ラストサムライ』)
  • ケイティ・ホームズ(『ギフト』)
  • マイケル・ケイン(『ミニミニ大作戦』)
  • ゲイリー・オールドマン(『ロスト・イン・スペース』)
  • モーガン・フリーマン(『ミリオンダラー・ベイビー』)



「ブルース・ウェインは如何にしてバットマンとなりゴッサムの街に降り立ったのか?」を描いたバットマン・エピソード0。

若きブルースはインド(?)の山奥で修行しましたが何かの魂が宿ったりすることもなく、とりあえず家に帰りました。亡き父が残した会社に眠る秘密兵器の素を組み合わせて変身スーツ&アイテムを作りました。修行仲間が生きていて悪行を始めたので退治しました。これからはゴッサムの街の守人・バットマンとして生きていきます。


……というお話。

出来は普通。そもそもエピソード0という切り口を使えば、余程酷く作ろうとしない限り最低この程度にはなるよね。後の理解者・ゴードン警部補がまだ巡査長だったり、夜空に浮かぶバットマークの原型だったり、そういう要素を散りばめることが目的であり内容の全てだから。



エピソード0はシリーズ物にとって最終兵器である。
前日談とは行き詰まったあらゆる物語に必ず用意される禁断の果実。

正直、今回の手堅い仕上がりを誉めるよりもそれを使わざるをえなくなったバットマンシリーズに果たして次の1手はあるのか?という不安の方が大きい。方法としては本作を『スパイダーマン』1作目に見立て、次回『バットマンビギンズ2』として若き日のブルース・ウェインの物語を続けるという手があるが。

この"ビギンズ"スタイルをスタンダードにするのか? それとも以前のコミックヒーロー王道路線に戻るのか? 最近のハリウッドは無理にシリーズを続けない傾向にあるので当分動きはなさそうな。



それにしても渡辺謙。

何、あの取ってつけたようなニンジャ集団の首領役。クライマックスに「ハァーハッハッハッ!」とか高笑いをしてゴッサムのビルの上に雷雲をバックに現れるぐらいするのかと思いきや、あれで終わりですか?
あれなら役割はリーアム・ニーソン1人に集約しちゃえばいいじゃん。
渡辺謙は日本市場用の客寄せパンダ要員でした。

ちなみに渡辺謙が駆使する変な言語は「どこの国の言葉だか分からないようにしたらラーズ・アル・グールという人間の不思議な存在感を作れるのでは?」とかなんとか、そんな理由でああしたらしい。

誰でも気が付くと思いますが、種明かししてしまえば「逆回転で聞けば日本語で聞こえる」というもの。私は某目覚ましテレビで謎掛けのようにやってたので実際にローマ字で書き留めて逆から読んで確認しました。効果の程は役柄同様どうでもいいですな。



無難な出来。
シリーズを観続けている人なら押さえて損はないです。

★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック