ファイナル・レジェンド/呪われたソロモン

●ファイナル・レジェンド/呪われたソロモン

監督:
  • シェルドン・レティック(『ダブル・インパクト』)
出演:
  • ジャン=クロード・ヴァン・ダム
  • チャールトン・ヘストン(『ベン・ハー』)
  • ソフィア・ミロス
  • ブライアン・トンプソン



タイトルだけ見るとどこぞの剣と魔法の世界のようですが、れっきとした現代が舞台のアクションアドベンチャー映画です。原題は「THE ORDER」。

それにしてもヴァン・ダム主演映画で久々のヒットです(※興行面の話ではない)。前作『レプリカント』が今ひとつだっただけに、もう面白いヴァン・ダム映画は観られないのでは?と思っていた矢先だったので嬉しい裏切りでした。

内容はヴァン・ダム流『インディ・ジョーンズ』と評されそうですが、私に言わせればジャッキー・チェンの「アジアの鷹」シリーズですね(『サンダーアーム』『プロジェクト・イーグル』)。ラストにNG集もどきがある所などかなり意識しているのではないでしょうか。

こうして見るとヴァン・ダムは香港アクション風味の方が活きますね。ここ最近の作品では『ノックオフ(98年)』がダントツに面白かったですから。

ただし、どちらもあくまでB級アクション映画として面白いのであって多大な期待は掛けないように(ちなみにヴァン・ダム入門としては一般的にはハリウッドA級アクションの『サドン・デス(95年)』、個人的にはジョン・ウー監督作『ハード・ターゲット(93年)』がお勧め)。



う~ん、これが座席数48席の新宿東映パラス3他でひっそりと公開されただけとはもったいない。でも一般的にみれば本作品の規模はレンタルビデオ向きかもしれないのでその時は是非。

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック