M:i:III

●M:i:III

監督/脚本:
  • J・J・エイブラムス(『LOST』)
出演:
  • トム・クルーズ(『ラストサムライ』)
  • フィリップ・シーモア・ホフマン(『カポーティ』)
  • ミシェル・モナハン(『Mr.&Mrs.スミス』)
  • ローレンス・フィッシュバーン(『マトリックス』)
  • ビリー・クラダップ(『スリーパーズ』)
  • ヴィング・レイムス(『ミッション:インポッシブル』)



現在はIMFの教官としての日々を送るイーサン。恋人ジュリアとの婚約パーティーの最中に、急遽、ミッション参加要請が来た。イーサンの元教え子・リンジーが敵の手に落ちたのだ。敵はブラックマーケットの商人・デイヴィアン。なんとかリンジーを救出するも彼女の頭には爆弾が仕掛けられていて、イーサンの目の前でその命は奪われた。イーサンはデイヴィアンを拘束するためバチカンへと飛ぶ……。


うん、面白かったですよ。「ミッション:インポッシブル」という名の作品としては前作『2』よりずっと"らしい"内容でした。

でも、全体的にこじんまりした仕上がりで満足感は薄かったかなぁ。テレビドラマ的な演出で、アクションもフレーム内にきれいに収まっちゃってます。

『エイリアス』『LOST』などのテレビドラマで名を馳せ、本作が映画監督デビューのJ・J・エイブラムスですが、やはり「映画のようなドラマ」と「映画」は別物ということ。この演出加減が彼の持ち味なんでしょうが、劇場作品としては脆弱と言わざるをえません。

そういう意味ではジョン・ウー節全開で、どこが「ミッション:インポッシブル」なのか分からない『2』の方が映画にはなっていた不思議。



本作はイーサンの目の前で婚約者が殺される場面から物語を始め、時間を戻し、そこに辿り着くまでを描く、という構造になってます。

これは確かにテレビ視聴者を引き付ける演出ではあるけれど、映画館の客は余程の事がない限り必ず最後まで付き合ってくれるんですから、もっと堂々とした物語運びをしてもいいのに。

おなじみのオープニングも短く、ワクワクさせてくれません。

だったら冒頭のくだりをカットし、イーサンの婚約パーティーから物語を始めて、パーティーの最中に指令が届いたところで──「♪チャラ~……チャ!チャ!チャチャ!♪」とテーマ曲がかかりタイトルバック。曲が終わったところで画面は現地で作戦会議をするメンバーたち──でいいじゃん。

ただし、本作は冒頭の婚約者殺害エピソードありきで物語が構成されているため、この部分をカットするとなると終盤の同シーンだけでは演出的に弱くなるのも事実なので、痛し痒しですけどね。



全体的にも肩すかし的な演出に終始。例えば終盤「ラビットフット」を奪う瞬間を見せないままに脱出に至るという展開。規模の限られるテレビドラマであれば効果的でしょうが、娯楽大作ってのはそこをしっかり描写してナンボでしょ。

最後もイーサンの活躍をスカしてみたりしてるし。素人が2人も敵を倒してしまうってどうなん? 特に○○○まで倒してはIMFの立場がないだろうに。

だったら、蘇生したイーサンが意識がハッキリしないまま反射的に銃を構えるという描写を活かして──「敵を1人撃ち、イーサンに教わった通りに銃を扱う婚約者ジュリアはマガジンを再装填したところでやっと我にかえる。心停止しているイーサンの元に駆け寄ると、銃を傍らに放り出し、必死の心臓マッサージ。その時、○○○がジュリアの背後に迫る。その瞬間、イーサンが蘇生。焦点の合わない目をしていながらも反射的に銃を掴み、○○○の眉間を撃ち抜く……」──てなぐらいのハッタリ演出が欲しいところです。



まあ、これからだとDVDで家庭のテレビで観る形になるわけで。だったら本作はめっちゃ豪華なテレビスペシャルとしてなら十分なクオリティと言えますね。海外ドラマ好きなら観て損はないと思いますよ。



今回、元々の舞台は上海ではなく東京だったのが、撮影許可の問題で変更されてしまったそうで残念。しかも今回トム君が来日した際に「次回『4』は東京で撮影したい」と言っていたのに、先日、パラマウントと契約が解消されてしまったというニュースが……。東京を舞台にした『M:i:4』は幻となってしまうんですかねぇ。

★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック