金田一少年の事件簿/吸血鬼伝説殺人事件

●金田一少年の事件簿/吸血鬼伝説殺人事件

演出:
  • 池田健司
出演:
  • 亀梨和也(KAT-TUN)
  • 上野樹里
  • 加藤雅也
  • 星野真里
  • 中村俊介
  • 小西美帆
  • 江成正元
  • 山下容莉枝
  • 正希光
  • 加藤ローサ
  • 矢島健一
  • 篠井英介
  • 保阪尚希
  • 田中聖(KAT-TUN ※友情出演)
  • 中丸雄一(KAT-TUN ※友情出演)



2005年秋に放送されたテレビスペシャル。
話はいちいち説明するほどのものではないので割愛。
いつも通り出先で殺人事件に巻き込まれます。

堂本剛、松本潤に続き、今回もやはりジャニーズからキャスティングされた3代目金田一一(はじめ)。
しかし、これがどうにも合わない。
私が持つ個人的イメージってものを差し引いても違う(そもそも美雪も剣持のおっさんも違うのだが…)。

金田一が渋谷にたむろしているような人種にしか見えない。
しかも、金田一とつるむ友人役で友情出演しているKAT-TUNの2人がさらにそういうタイプ(制服のワイシャツを全開にはだけさせて金髪)なので感情移入なんぞできない。

今のジャニーズの若い方は、皆、ホストの出来損ないみたいな風体の人間ばかりなので、金田一役をジャニーズから選抜するという前提がある以上どうしようもないのか。原作自体は特に好きな漫画でもないけれど、ドラマ化は上手く出来ていて好きなシリーズだっただけに今回のキャスティングはやるせない事この上ない。



他にも美雪がKAT-TUNの2人共々、スポーツ(陸上部?)しているのが変。なぜそんな設定に変更したの? 上野樹里では知的なミス研(ミステリー研究会)会長では無理があるからか? 今回の話を金田一の初推理話に変更したせいで剣持のおっさんには「廃墟マニア」なんていう設定を加えちゃってるし。

ミステリーの演出が出来てないのも酷い。
過去のシリーズの1割でもケレン味ある演出が欲しい。
亀梨金田一といい、渋谷系友人といい、普通のイチ女子高生的な美雪といい、全体的に等身大なドラマにしている模様。そんなものは金田一ファンは望んでいないと思うのだが。

そりゃね、石坂浩二版水戸黄門(初期)もありだけど、そういうのは別タイトルでやればいいこと。上記した「キャスティングからの逆算」でこんな形にしかならなかったとでも言うのなら、だったらもっとまじめにドラマを作りましょう。脚本も演出も演技も全部が全部中途半端なんじゃ。



絶対にこのキャスト&スタッフでシリーズ化なんてしないでね。今回、最新刊を原作にしてるから無いとは思うけど……まさか小説版とかから持ってきたりする?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック