エミリー・ローズ

●エミリー・ローズ

監督/脚本:
  • スコット・デリクソン
出演:
  • ジェニファー・カーペンター(『最凶女装計画』)
  • トム・ウィルキンソン(『イン・ザ・ベッドルーム』)
  • ローラ・リニー(『ミスティック・リバー』)
  • キャンベル・スコット(『愛の選択』)
  • コルム・フィオール(『ペイチェック/消された記憶』)



19歳の女子大生、エミリー・ローズ。彼女は悪魔祓いの儀式の後、謎の死を遂げた。そして悪魔祓いを行なったムーア神父が過失致死罪で起訴された。エミリーは悪魔憑きだったのか、それとも精神疾患だったのか? 裁判が進むにつれ、担当の女性弁護士・エリンは神父の無罪を信じ始め、法廷で悪魔の存在を争うことにした……。


つまらない映画。
もちろんホラー映画とは思ってなかったけど、法廷サスペンスドラマとしてここまで出来てないとは思わなかった。

視点の軸が不明瞭。
エミリーの目線の映像と証言者の見た映像と推測の映像がごちゃまぜになっていて、何を見せたいのかがまったくわからない。

このネタを扱うなら「悪魔憑きが存在すると観客に思わせておいて、実際はエミリーは精神的な病気で死んだ」か、「悪魔憑きは存在せずエミリーは精神的な病気で死んだと観客に思わせておいて、実際は悪魔はいる」のどちらかでしょうに(※そこからさらにひっくり返すパターンもアリ)。

本作はこのどちらでもないのですよ。序盤は凡庸な法廷ドラマがぐだぐだ続くばかりで、悪魔憑きが存在するのかしないのか曖昧なまま展開し、争う論点が不明瞭で、エミリーが死んだ原因も真実は伝わってこず、判決が正しいのかどうか判断できやしない。



それで「(裁判の)衝撃の結末」がアレですか(※以下、裁判結果なので読みたくない人は飛ばして下さい)

結局、悪魔憑きなんて有り得ないから、神父は有罪だけど、彼はエミリーのためを思い、悪魔祓いを信じていたので、この裁判期間を刑の執行に見立て、この場で釈放とする……って、確かにある意味、衝撃だよ。

悪魔の存在を初めて裁判で明らかにしたなんて大嘘を宣伝はよくついたなぁ。「この映画はホラーではない、実話である」というコピーの通りではあるけれど、予告編は恐怖描写ばかりで煽りまくり。それを信じて観た客は2度と映画館に足を運ばなくなるぞ。



観たらアカン。

監督のプロフィールを見ると脚本業がメインのようなので、2度と監督業に手を染めないことを祈るばかりです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック