ブラザーフッド

●ブラザーフッド

監督:
  • カン・ジェギュ(『シュリ』)
出演:
  • チャン・ドンゴン(『友へ/チング』)
  • ウォンビン(『ガン&トークス』)
  • イ・ウンジュ(『永遠の片思い』)
  • コン・ヒョンジン(『ラストプレゼント』)
  • チェ・ミンシク(『酔画仙』)
  • キム・スロ(『火山高』)



1950年。朝鮮半島は米ソによって北と南に分けられていた。靴磨きで母弟を養うジンテは、弟・ジンソクを大学に行かせるのが夢だった。しかし、突然の北の侵攻。ジンテとジンソクは母親の目の前で軍に徴兵されていく。そして地獄の戦場。弟を除隊させるため、兄は決意した。自分が勲章をもらい、それと引き換えに弟を除隊させるのだと……。


泣けます、これ?
一応、私もうるうるしましたが、それは口がきけない母親が見せる息子たちへの愛情に対してのみ(つまり、最初と最後だけ)。それ以外は描写が出来てなかったと思いますよ。

韓国の方たちは実際に自分たちの歴史という意味合いがあるので無条件に泣けてしまうのも分かりますが、我々日本人が観る段において、あれだけの粗末な語り口で泣けるとは到底思えないのですが。

兄が弟のために命をかけて武勲をあげようとする。それには戦時中の軍という存在の中では鬼畜と成り下がる行為も必要。兄はその中で感覚が麻痺していく……のだが、そんな兄の内面描写は皆無。そのため、弟の感情描写だけが浮いてしまい「食い違っていく兄弟の溝」という図式で物語を運んで行けてない。

兄の超人的戦闘能力もリアルさとはほど遠い。あれじゃ『ランボー』とか『コマンドー』といったアクション映画。あくまでも兄は無茶をしているに過ぎず、生き残っているのは奇跡でしかない、という見せ方をしないと。私は『プライベートライアン』のノルマンディ上陸作戦の映像を見て、戦場の恐さを「実感」させられましたが、今回はただの1度も恐いと感じることはなかったです。



それでも全体的な印象がどうしても『プライベートライアン』っぽいのも難ですな。

まず目に付く「シャッタースピードを上げた映像」は『プライベートライアン』の二番煎じにしか感じず。とはいえ、これは演出方法のチョイスの問題なので、ある程度似るのは仕方がないこと。でも、その足元にも及ばないのでは駄目駄目。普通に撮れば良かったのに。戦場のリアリティをそこに求めた時点で演出の負けです。

(ちなみに『バトルロワイヤルII』の上陸シーンも二番煎じではありますが、あれは元々の作戦規模が小さいので半パロディとして許される代物)

こうなると「歳をとった現在の人物の回想として物語の舞台が過去へ移り、最後にまた現在へと舞台が戻って幕」という構成も『プライベートライアン』とかぶってると感じてしまいます。しかし、これは現在の人々(主に韓国人)に過去との接点を感じてもらうための演出であり、必要な要素と言えるでしょう。

戦争映画という同じ土俵では「偶然似てしまう」ことを敢えて避けることも必要なのでは? 内容から顧みれば上記の2点で今回避けるべきだったのはシャッタースピードを上げた映像の方でしょうね。元々、臨場感も出てなかったし。



『シュリ』は良かったのになぁ。アクション物には強かったけど戦記物には弱かったってことですかね。でもまあ最低限、朝鮮戦争がどういったものだったかを理解する材料にはなっているので観る価値はあると思いますよ。とりあえず韓国イケメン俳優とかいうレベルでは観ないように。しかも兄弟愛に感動!なんて絶対にしないでちょ。

★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック