拳神/KENSHIN

●拳神/KENSHIN

監督/製作:
  • アンドリュー・ラウ(『風雲ストームライダーズ』)
監督/アクション監督:
  • コリー・ユン(『リーサル・ウェポン4』アクション監督)
出演:
  • ワン・リーホン(『SPY_N』)
  • スティーブン・フォン(『ジェネックス・コップ2』)
  • ユン・ピョウ
  • サモ・ハン・キンポー



近未来、人の脳の使われていない部分「神の禁区」を解放する研究が進められ、覚醒装置「パワーグローブ」が開発される。しかしその力を得て世界を征服しようと企んだ男がいた……それから20年。


もう設定からして日本のアニメでしょ、コレ。
パワーグローブをはめた拳を地面に叩きつけてジャンプなんかしたりして、まんま『スクライド』じゃん。

格闘シーンの重力無視の思い切りの良さはかなり格闘ゲームテイスト。どうやら元々は日本の某人気ゲームを映画化する予定だったそうなので納得です。ちなみに主人公などが『鉄拳』っぽいですけど私はセガハード以外は疎いのでハッキリとわかりません。

ダブルヒーローで軍服ボスキャラと来たらまるで『スト2』で、ラストの空中戦は『サイキックフォース』っぽいです。

香港映画界は才能がハリウッドに流出するようになってから低迷しているそうですが、こういう娯楽作がちゃんと作られるんだからやっぱり凄いと思います。邦画なんて低迷どころか死に体ですからね。

このアニメっぽいCGの使い方にしても日本では戦隊シリーズなどテレビレベルで実現してるんですから、日本の場合、映画界はそれだけ元気がない証拠ってことです。



ユン・ピョウとサモ・ハンの揃いぶみなんて最近じゃ滅多に観られませんよ。是非。

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック