ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー

●ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー

監督/脚本/撮影/制作:
  • ニック・パーク(『チキンラン』)
声の出演:
  • ピーター・サリス
日本語吹替版:
  • 萩本欽一



とぼけた発明家《ウォレス》としっかり者の同居犬《グルミット》。2人の週末旅行はチーズを求めて月へ。月はチーズで出来ていたのです。2人が月面でピクニックを楽しんでいると、そこに謎のロボットが現れ……。


シリーズ第1作。
ニック・パークが卒業制作として手掛け、完成までに6年かかった作品。1990年のアカデミー賞短編部門ノミネート(同年受賞は同ニック・パークの『快適な生活』)。

実に純粋なクレイアニメ(NHK教育辺りで見かける物を想像してもらえれば間違いない)。さすがに荒削りさは否めません。

ウォレスの造形が特に初々しい。あの独特の横に広がった口はウォレスが喋る時などに少し見受けられる程度でまだ未完成。

本作は『ウォレスとグルミット』の第1作を観るというよりもパイロット版を楽しむが如く。ファン目線で観ればシリーズの原点として十二分に楽しめるので、2作目、3作目を観てファンになってから観てみてはいかが?



★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック