K-19

●K-19

監督:
  • キャスリン・ビグロー(『ハートブルー』)
出演:
  • ハリソン・フォード(『逃亡者』)
  • リーアム・ニーソン(『ダークマン』)



1961年、ソ連はアメリカへの牽制のために原子力潜水艦《K-19》を強引に哨戒に送り出した。しかし、原潜建造でアメリカに遅れをとっていた焦りから艦の安全性はないがしろにされたまま。そして、原子炉事故は起こった……。

……泣。2時間強があっという間でした。

どうも世間的にはアクション的な潜水艦モノと思われている節がありますが、もちろんそんなことはない堂々の戦争ドラマ。正確には戦争じゃないですが(劇中、ソ連軍上層部がこの事故の死亡者を英雄として扱わなかった理由も「戦時中ではない」でしたし)。本当に久しぶりに骨太の戦争映画を観た気分。

しかし「急浮上で氷を割って現れる原潜」「ミサイルの発射実験」等の場面では派手なCGが使われており、内容と少し温度差も感じました。氷を割って艦橋が現れる場面に至っては潜望鏡等が潰れない「嘘」を感じましたし(パンフ内で元潜水艦艦長という人の同様指摘あり)。

それがハリウッド的な派手さを求めた結果なのか思わずやってしまったものなのかは分かりかねますが、本作にはフィックスの画で記録映像と見間違えるような地味な映像の方が効果的だったと思います。



ハリソン・フォード演じる厳格な艦長については、当初、印象としてちょっと弱いかなぁと感じました(井筒監督も某自腹コーナーで「ハリソン・フォード、若手に負けてるやん」と言ってましたが)。

どちらかといえば正義感があって部下に慕われる副長の方がハリソン・フォードには似合うよなぁなどと想像したりもしましたが、後半になって「コネで出世したのでは?」と陰口を言われる微妙な立場の人間だと分かってくると、ハリソン・フォードの醸し出す人の良さがいい具合に見えてくるから不思議です。



「アメリカ万歳」意識に染まっている現在のアメリカで、ソ連側の人間を同じ目線でこれ程までに丁寧に描いた作品が生まれた事に大きな拍手を送りたいです。2003年の映画初めでいきなりの当たり。マジお勧め!

ちなみに、何度か涙する場面があるわけですが、私が最も涙したのは様子を見に来た米軍ヘリに尻を見せる若き乗組員たちの姿でした。

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック