スチームボーイ

●スチームボーイ

監督:
  • 大友克洋(『AKIRA』)
声の出演:
  • 鈴木杏(『リターナー』)
  • 小西真奈美(『阿弥陀堂だより』)
  • 中村嘉葎雄
  • 津嘉山正種
  • 児玉清
  • 沢村一樹
  • 斉藤暁
  • 寺島進



発明好きな少年レイに祖父から届く荷物。入っていたのは謎の機械《スチームボール》。添えられた手紙には「財団には渡すな」の一文。直後、財団の追っ手がレイの身に迫る。財団の手に落ちたスチームボールとレイだったが、そこには死んだと聞かされた父親がいた……。


スチームボーイ前史、エピソード0って内容。

まず、物語の柱である祖父と父親の行動に感情移入が出来ない。それぞれにそれなりに感情移入して初めて成立する話なのに。では主人公は?というと自分なりのスタンスを持っているわけでもない。結局、物語は何かが生まれる前の混乱そのもの。1本の映画としてそれはどうなん?

終盤になって、やっと主人公が主人公らしく自分のスキルを発揮して行動し始めますが、それは『スチームボーイ』という作品としてはあまりにも遅い。まあ《誕生編》と思えば仕方ないですけど。だったらタイトルにちゃんと誕生編とか序章とか入っていれば問題ないのに……でもそれじゃ興行が成り立たないか。

ヒロインがステレオタイプを超えていないのも残念。そのせいで彼女の行動は物語内に強引に配置された感が強い。高飛車から転じる可愛さを目指したんでしょうけど上手く描けたとは思えませんね。



エンドロールのバックで繰り広げられる、後のスチームボーイの活躍(静止画)の方が断然面白そう。まさに本作は「いかにしてスチームボーイは誕生したか」を語っただけ。いつかテレビシリーズでスチームボーイ活躍編が作られた時、その誕生編として観れば楽しめる作品。

それまでは消化不良覚悟でどうぞ。

★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック