ゴジラ・モスラ・キングギドラ/大怪獣総攻撃

●ゴジラ・モスラ・キングギドラ/大怪獣総攻撃

監督/脚本:
  • 金子修介(『クロスファイア』)
出演:
  • 新山千春
  • 宇崎竜童
  • 小林正寛
  • 葛山信吾
  • 佐野史郎
  • 渡辺裕之
  • 角田信朗
  • 天本英世



『とっとこハム太郎/ハムハムランド大冒険』併映作品。
本当はハム太郎を併映と言うべきなんでしょうけどCM頻度から言うとこうなるかと。ここ最近のゴジラ映画のジリ貧度は辛いものがありましたから仕方のないことですが。

しかし、本作はそんな閉塞感の強かったゴジラ映画を生き返らせました。平成シリーズが伝統という名の量産的作品作りに身を落としていた中で奇跡としか言い様がありません。これもひとえに平成ガメラシリーズを成功させた金子修介監督あってこそです。まあ、本作はまるで『ガメラ3』外伝の様ですけど。

ハリウッド版ゴジラ以降の日本版ゴジラシリーズは全て独立作品で、しかもその全てがパラレルワールド的に第一作の続編という作りになっており、シリーズを意識しないその製作方針が本作でやっと身を結んだ訳です。キングギドラを良い者にしてしまうとは仰天裏技ですが、その御蔭で恐いゴジラを描き切れたのですから良しとしましょう。

新山千春もステレオタイプのヒロインではなく生身の女性としてきちんと描かれており、平成ゴジラ初の「映画になっている作品」に仕上がっています(個人的には新山演じるヒロインには感情移入出来ませんでしたが)。



ドラマ部分は子供には少々難しいと思いますが、その分大人もきちんと楽しめる作品です。是非。

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック