特捜戦隊デカレンジャー/フルブラスト・アクション

●特捜戦隊デカレンジャー/フルブラスト・アクション

監督:
  • 渡辺勝也(『忍風戦隊ハリケンジャー THE MOVIE』)
出演:
  • 載寧龍二(『ごくせん』)
  • 林剛史
  • 伊藤陽佑
  • 木下あゆ美
  • 菊地美香
  • 吉田友一
  • 石野真子
  • 新山千春
  • 遠藤憲一
声の出演:
  • 古川登志夫
  • 稲田徹
  • 中尾隆聖
  • 中井和哉
  • 佐々木功(特別出演)



遥か宇宙の彼方《レスリー星》から「人間を機械に変えるウィルス」が盗まれた。その犯人が地球に潜伏しているという情報から捜査を開始するデカレンジャー。捜査の中でレッドはレスリー星のスペシャルポリス・マリーと出会う。マリーもウィルスを追っていた。果たして犯罪者の手からウィルスを取り返せるのか……?


今回は例年よりも10分近く長い39分作品。でも、その分、見せ場も増えているため、結局、時間が足りない印象は変わらないという(笑)。刑事物らしく前半は捜査中心で、後半は怒濤のアクションの連続という。

戦隊の劇場版はレッドとゲストヒロインの物語(『ガオレンジャー』除く)。時間の制約の中で話をシンプルにするための正しい選択かと(やはり『ガオレンジャー』の無茶が教訓になったのかな?)。

もちろんメンバー全員に見せ場は用意されてます。ていうかアクション多いなぁ。それぞれがしっかりカッコいい。中でもボスの登場の仕方はカッコよすぎ! まるで渡哲也だ(観て下されば分かります)。さすが刑事物って感じでGOOD!

クライマックスには劇場版のみのデカマシン《ブラストバギー》が登場! 迫りくる無数の怪重機をなぎ払う姿のカッコいいこと。でも、ここはデカゴールドに搭乗していて欲しかったと思うのは私だけではないですよね?(○○は即効性ってことにしてさ……駄目?) ああ、デカゴールドの登場が回想シーンだけなんて。



恒例の新撮エンディングは、ジャスミン&ウメコVer.曲を使用して皆で歌ってます。なので例年に比べてはっちゃけ度が少ないのが残念(ちなみに通常のエンディング曲は劇中のバーのシーンにバンドと共に登場)。

39分があっという間の楽しい作品。是非!

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック