コンスタンティン

●コンスタンティン

監督:
  • フランシス・ローレンス
出演:
  • キアヌ・リーブス(『マトリックス』)
  • レイチャル・ワイズ(『ハムナプトラ』)
  • ティルダ・スウィントン(『ザ・ビーチ』)
  • プルイット・テイラー(『モンスター』)
  • ギャビン・ロズデイル



ヘビースモーカーで肺はボロボロの悪魔払い師・コンスタンティン。彼はかつて自己の能力に苦しみ自殺をした過去から死んだら地獄行きが決定している。この世に現れた悪魔を地獄に送り返す日々。しかし彼は感じていた。天国と地獄のバランスが崩れてきていることを……。


いや~、ものごっつ真面目な作り。
コミック原作で彼が手にする「十字架型ショットガン」などコミックタッチな設定満載なのにはっちゃけるところがない不思議なテンションのオカルトアクション。映像も豪華です。

つまらなくはない。
むしろ面白い。
でもどうにも琴線に触れない。

生真面目に作っていて遊びがない。同ジャンルでは日本のアニメに近いか。実写の上にあぐらをかかずに緻密に世界観を構築する感じなど特に。その分、画面があまりにもバランスが取れてしまいハッタリ感に欠けたわけだ。ま、こういった映画にもリアリティさを与えるハリウッドパワーには感服ですがね。

とりあえず観て損はないです。
ただ満たされるかどうかは保証できませんけど。
でも過度のハッタリが無い方が一般客には観やすいかも。



ちなみにちょいネタばれ注意ネタをひとつ。

ラストは『釣りバカ日誌』や『課長島耕作』等における「途中の上下関係すっ飛ばしてトップと顔が効くことで一発逆転」的な感じ。まあ、そんなタイトルを挙げずとも「何故アンタがアイツなんかを気にかけるんだ!?」なんて台詞はよくあるか。

★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック