ジーパーズ・クリーパーズ

●ジーパーズ・クリーパーズ

製作総指揮:
  • フランシス・フォード・コッポラ
監督/脚本:
  • ヴィクター・サルヴァ(『パウダー』)
出演:
  • ジーナ・フィリップス(『アリー・myラブ』)
  • ジャスティン・ロング(『ギャラクシー・クエスト』)



コッポラ製作総指揮が前面に出ていますが、だからどうというわけでもなく。とはいえ古参のホラー映画ファンには涙モノの作品です。

前半、車で帰省中の姉弟が恐ろしい暴走トラックに追い回され、そのトラックの運転手が死体らしき袋を廃屋に捨てている所を目撃する。そして弟は地下で奇妙に処理された死体の山を見て……と展開する間、心臓が痛くなってきましたから。

いつ犯人が戻ってくるかわからない。
駆け込んだ店の人たちには話は信じてもらえない。
更に直接見ていない姉も半信半疑ときては、この後どうなってしまうのかまるで予想出来ません。
そして後半、本当に予想出来ない展開をします。

※以下ネタバレ注意

なんと犯人は人間ではなく怪物だったのです!……正直、拍子抜けしてしまいました。前半盛り上げるだけ盛り上げてそれかい!って感じでしたが、でも後半をジェイソンやフレディ系の怪物映画として見るとそれはそれで出来がいいんです(どちらかと言えば都市伝説系な『キャンディマン』が近いでしょうか)。



前半は『悪魔のいけにえ』ばりの現実的恐怖感を、後半は『パンプキンヘッド』系のモンスター映画のノリを楽しめる点ではホラー映画ファンは一見の価値アリです。

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック