スターウォーズ エピソードII/クローンの攻撃

●スターウォーズ エピソードII/クローンの攻撃

監督/脚本/製作総指揮:
  • ジョージ・ルーカス
出演:
  • ユアン・マクレガー(『ナイトウォッチ』)
  • ナタリー・ポートマン(『レオン』)
  • ヘイデン・クリステンセン(『マウス・オブ・マッドネス』)



……イタイ。
え~~~~~っ!?なんでこんなに面白くないのぉ!?
いやまあ、前作『エピソードI』も微妙な出来だったので当然といえば当然なのかもしれませんが。

なんていうか、テレビシリーズの総集編を見せられている気分でした。話の流れがなくエピソードのブツ切りの羅列。ワイプによる場面転換は旧シリーズ以来の作風ですがあんな使われ方では。

内容にしてもどうしても第1作(エピソードIV)に向けての予定調和に陥りかねない所を見事に陥っていますし。しかもかなり子供っぽい。旧シリーズはもっとクールな印象があったんですけどねぇ(当時、私が子供だったという点を差し引いても)。

前作からそうですけど《フォース》の扱いが軽すぎです。旧シリーズでは東洋的な《気》をまじめに理解しようとしていたと思うのですが、新シリーズではほとんど都合のいい超能力扱い。殺陣も派手にくるくる回ってぶんぶん振り回しているだけにすぎませんし。



あと、私が一番気に入らなかったのは、アナキンが母の死で暴走した時の描写がまるで無かった事。アミダラの元へ戻った時にせめて全身返り血まみれぐらいにはなっていてくれないとこれからダークサイドへ堕ちていく人間には到底思えません。

(出来れば…「アナキンの異常な様子に後を追うアミダラ。追いついた彼女の目前に広がる燃える村。そして暗闇の中に浮かぶ血まみれのアナキン…」…てなぐらいの映像が見たかったですね)

CGの物量は確かに物凄いです。しかしどうもオタクっぽい。それもアニメ系の。なんか日本のアニメの、それも作画レベルが異常に高い作品みたいな。そしてそれだけ…ってな感じですか。

そうそう、オビ=ワンとジャンゴ・フェットの一気討ちシーンは興醒めでした。特にいかにもワイヤーで吊ってますというジャンゴの飛行は酷い。だったら『仮面ライダー龍騎』の方が何倍もいいです。子供番組と一緒にするなと言われそうですが、ハッキリ言って今のスターウォーズは子供向けのイベントムービーに成り下がってます。

新シリーズがスターウォーズ初体験という人はどう感じているんでしょうか? 是非知りたいものです。



ちなみに、副題『クローンの攻撃』は私はどうもピンと来ないんですが皆さんはどうですか?(前作は訳してもいませんけど) 確かに原題からの直訳なんで間違ってはいませんが日本語ではイマイチでは? 内容的には『クローンの胎動』とか『クローン計画始動』みたいな感じの方がいいと思うんですけど……駄目?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック