シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 【DS】DS山村美紗サスペンス 舞妓小菊・記者キャサリン・葬儀屋石原明子 京都殺人事件ファイル

<<   作成日時 : 2009/06/20 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【DS】DS山村美紗サスペンス 舞妓小菊・記者キャサリン・葬儀屋石原明子 古都に舞う花三輪 京都殺人事件ファイル

ジャンル:アドベンチャー
プレイ人数:1人用
発売元:テクモ



京都を舞台に起きた3つの殺人事件「祇園舞妓殺人事件」「能楽師殺人事件」「資産家令嬢殺人事件」に、山村美紗原作の「祇園舞妓小菊シリーズ」「キャサリンシリーズ」「葬儀屋社長石原明子シリーズ」それぞれの主人公が挑む──。

テクモ『DS○○サスペンス』シリーズ第2弾。『DS西村京太郎サスペンス』とは違い、本作の主人公は山村美紗の既存シリーズから登場。

『DS西村京太郎』シリーズが面白かったのでこちらも期待して買いましたが、ゲームの出来は雲泥の差。難易度は更に優しくなり、同じような推理シークエンスが展開しても真相への迫り方は激ぬるです。



舞台を京都に統一した意味もなく、同じ舞台であっても各物語のザッピングはゼロ(ちょっとすれ違う程度)。せっかくのゲーム化なのに中途半端な内容。ゲーム的には京都に関する「雑学手帳」の内容が増えていくのが売りのようですが、別に読みたくもなりませんし。

たぶん、絵柄の垢抜けなさなどを見る限り、本作は普段ゲームを遊ばないような女性層をターゲットに作られたのかもしれませんが、それが手抜きの言い訳にはなりません。

ゲーム中のマップ移動が直線移動なのも興醒め。京都情報収録を売りにするのなら、移動描写は京都の道をきちんと再現するぐらいはしてほしいものです。



あと、ものすごく基本の部分ですが、舞妓や葬儀屋風情が「私が解決しないと!」と事件に首を突っ込むところに感情移入がしにくい。いや、そこが山村美紗作品の肝なのだからそれを否定してはいけないんでしょうけど、本当に主人公らがウザい。

今まで2時間サスペンスドラマで見ている分には特にこれといって感じたことはなかったんですが、このゲームでは不思議と鼻につきます。

それというのも根本的にテキストの質がいまいちなのと、『DS西村京太郎』のシステムを下敷きに作られたことで、本来、女性主人公たちが持っている魅力をスポイルし、でしゃばりな素人探偵にしか感じさせなくなってしまっているせいかと。



それとも女性目線だと問題なかったりするんでしょうか?
う〜ん、その辺は分かりかねるのでパス。

個人的には残念の一言です。

★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【DS】DS山村美紗サスペンス 舞妓小菊・記者キャサリン・葬儀屋石原明子 京都殺人事件ファイル シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる