イケパの次は天パ

『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』(フジ/火曜夜9時)が終わっちゃった。ここまで素直にドラマを楽しめたのって何年ぶりだろうというくらい好きになれた作品でした。


(;A; )\(´・ω・` ) ナカツ乙


まあ、一見するとバラエティ寄りで拒絶する人も多かったかもしれませんが、でも青春ってあのぐらい馬鹿なものなんじゃないかなぁ。

それって『タッチ』の青春描写は認めるけど『ハイスクール奇面組』の青春は認めないと言ってるようなもので、でも実際の高校生活って『タッチ』より『奇面組』の方が近かったりするでしょ?



さて──

最終回は当然ながら「瑞希が女だとバレてしまう」展開。クラスメートたちから裏切られたと責められ、そんな皆の絆を壊してしまったまま学校を去れないという瑞希。

直前に流れた提供バックの映像だと、この後、トイレで囲まれたり、体育の時間に転ばされたりといったイジメ展開が待っていそうだし、保険医も「もっと辛い目に遭うかもしれないぞ」とか言ってるし。

はてさて、この状況をどう打破して大団円に向かうのかと期待していたら、佐野が「瑞希が学園に来た理由」を皆に語ってあっさり解決……って、オイ。「俺が絶対守ってやるから」という佐野のセリフに見合う展開はないのかいっ。

だったら、他の生徒にも瑞希が学園に来た経緯を話してあげればバスケ中のイジメすら存在しなかったのではなかろうか。まあ、愛すべき馬鹿たちの青春を微笑ましく見るドラマだもの、そんなツッコミは野暮ってもんですか。



最後、寮生ほかレギュラーキャラ1人1人が一言ずつ瑞希に声をかける描写などは2時間スペシャルによる時間的余裕があってこそ。ただし、そのおかげでその他大勢にはイケメンと呼ぶにははばかる顔の方が多かったことが露呈してしまうこととなりましたけど(苦笑)。

我が愛すべきキャラ・中津がプイッとその場を離れてしまっているのに、そのまま帰ろうとしちゃう瑞希ってのはどうなん?と思っちゃうけど、言葉をかける順番で中津をトリにするための仕様なので仕方ないか。

そんな中津を1人追い掛けていって大トリとなる佐野についても、どこをどう回り込んで校門の前に立っていたのかというツッコミは無しの方向で。



最後のオチまで楽しめて、あぁ面白かったと、ひと息ついたところに次の同枠のドラマ予告。そこには見慣れた天パ頭がひとつ。なんと大泉洋ではありませんか。

主演:上戸彩というのが個人的にはちょっと微妙なんですけど、こりゃ次シーズンもチェックしとかんとね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック