KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT

日本のスーパー戦隊は海外で『パワーレンジャー』として人気を博していますが、来年、仮面ライダーが『KAMEN RIDER』として世界デビューします。

アドネス株式会社
http://www.adness.com/ja/




『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』

元は『仮面ライダー龍騎』('02~'03年)。
平成ライダー3作目で6年も前の作品です。シリーズはその後も作られているのに、何故、今、この作品をチョイスしたのかな?というのが私の第一印象。

しかし、昭和平成問わず、他のライダーが基本的に「怪人と戦う」というコンセプトであるのに対し、龍騎だけは異世界ミラーワールドでの「ライダー同士のバトルロワイアル」が軸となっている異色作です。

既に人気を確立しているパワーレンジャーも基本は「怪人と戦う」物語であり、さらに巨大ロボ戦まである豪華さ。後から来た単なる単体ヒーローが同じコンセプトでは二番手止まりになるのは免れないでしょう。

そこでミラーワールドを舞台にしたライダー同士の戦いを描く龍騎に白羽の矢が立った──といったところでしょうか。ちなみに今回、全50話を作り終えてから放送が始まるというスタイルなので映像の完成度は高そうです。



予告映像を見るとパワーレンジャーよりも少し上の視聴者層を狙った大人びた雰囲気でかなり格好いいです。是非とも日本へも逆輸入してほしいですね(※追記:日本での放送決定!)

Kamen Rider Dragon Knight Official Trailer

http://www.youtube.com/watch?v=nwGfi7Shbhg

仮面ライダードラゴンナイト予告

http://www.youtube.com/watch?v=X3oREqfCj84



今回、「仮面ライダーが世界デビュー」という書き方をしましたが、実は過去にも仮面ライダーは海外に渡っていたりします。

Sabans Masked Rider Opening Theme

http://www.youtube.com/watch?v=X-MoF-nVI4Y

パワーレンジャーの成功から、製作のサバンは第2、第3の東映ヒーロー物を企画。そのひとつがこの『MASKED RIDER』('95~'97年)です。



『MASKED RIDER』

ベースは『仮面ライダーBLACK RX』('88~'89年)で、敵キャラは映画『仮面ライダーZO』『J』からも流用しています。

設定は、改造人間から宇宙から来た王子へと変更。惑星エデノイの王子デックスは、王からマスクドライダーパワーを受け継ぎ、叔父の魔の手から地球を守るためにアメリカの一家庭にホームステイして戦います。ちなみにイォークみたいな珍獣は王子恋しさに追ってきたペットです。

王子デックスの地球上での服装が、オリジナルの南光太郎っぽいのは、やはり映像流用をしやすいようにでしょうかね。

次の映像では初期のパワーレンジャー同様、アメリカ側で追加撮影されたアクションシーンのゆるさが確認できます。ノリは完全にパワーレンジャーを踏襲していますね。

masked rider

http://www.youtube.com/watch?v=NuYDJRPkrXw



今回の海外版ライダーがMASKEDではなくKAMENになったのは、この名前がまだ商標登録されてたりするのかな。あとは以前の直訳名だとあまり固有名詞っぽくなかったから、カメンライダー自体を世界共通語にしちゃおうってところかもしれませんね。音の響きは海外の人にどう聞こえるのかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック