【PS2】アストロボーイ鉄腕アトム

【PS2】アストロボーイ鉄腕アトム

ジャンル:アクション
プレイ人数:1人用
メモリ容量:356KB以上
発売元:セガ



色々と足りない部分も目に付きますが、まあ楽しめました。とはいえ定価で買っていたらこのボリュームの少なさは割りが合わないかもしれないですね。PS2ベスト等の価格帯(~3800円)ぐらいが妥当ですね。実際、私も年末年始の安売りで買いましたし。

やはりキャラ物として開発期間が短かったんでしょうか。
かなり割り切った作り方をしてます。



まず、ステージの作りが安易というか雑というか。
マップは《メトロシティ》《お茶の水邸付近》《ベイエリア》《コンビナート》《ブロッケン火山》というエリアに分割。メトロシティが起点となり、他エリアにはメトロシティの空に浮かぶ「エリアガイド」と呼ばれるゲートに入ることで移動します。

……え~と、「エリアガイド」って何?
そんな訳の分からない代物を設置してお茶を濁すのはやめて欲しかった。それなら各エリア行きのエアチューブでいいじゃん。チューブ内をアトムが移動している画の最中にロードするとかさ(『ラチェット&クランク』の惑星移動時のような処理)。

しかも最悪なのが全てのステージが見えない壁で処理してあること。これって一番やっちゃいけないことでしょ。メトロシティに至っては下方にも壁があって地面に降りることも出来ない。降りられるのは科学省付近の空中庭園部分と《セントラルシティ》と名付けられた小さなショッピングモール程度の町のみ。あ~、『ジャック×ダクスター』や『ラチェット&クランク』のような広い世界を飛び回りたかったなぁ。



ストーリーは短め(10ステージ程度)で、カード集め=サブイベントありきの長さですね。イベント(敵)キャラはジオワーム、電光、金星ロボ、アトラス、プルートゥ、青騎士といった面々(ちなみにゲストキャラとしてブラックジャック&ピノコと写楽保介もちょこっと登場)。

エンディング後に継続プレイが出来ないのも難点。つまり、サブイベントは最終ステージ(宇宙)前に終えなければならないということ。私はやっぱメインストーリーを終えてからサブイベントをぷちぷち潰したいです。

また、セーブも1個しかないため、再び最初からプレイするとデータが上書きされてしまい、それまで集めたカードもパァになるというのは二度三度とプレイする気を削ぎます。しかも、せっかくアトムを成長させても成長しきったところでゲーム終了ではやるせないことこの上なし。成長したアトムで遊べる2周目があれば良かったのに。



そんな不満点を除けば、セガ製アクションゲームのD.N.A.を感じられる佳作。とりあえず3000円程度で購入してれば元は取れるかと。

それにしても起動後にまず流れるオープニングムービーに歌が無いのは脱力もの。映像はテレビアニメそのままなのに流れる曲は内臓音源(っぽい音)って、メガドラ時代のゲームじゃないんだから。なんとか曲を使わせては貰えなかったんでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック