シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PS2】ICO

<<   作成日時 : 2004/09/12 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【PS2】ICO

ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人用
メモリ容量:360KB以上
発売元:SCE



これは面白い!!!……って、生粋のPS2ユーザーには今更ですかね。私はずっとセガハード一筋だったため、先日の再ベスト化の際にやっと購入に至ったもので。

私の『ICO』プレイへの道。
あれは某ドリマガが総合誌になった初の紙面で紹介された時に気になったのが最初。ただ、その頃はDCが現役でPS2は未所有だったために購入対象にはならず。その後、PS2購入後はベスト版をいつ買おうか悩んでいたら、今回、再ベスト化で驚きの定価1800円! これはもう買わんとアカンと思い立ち発売日に購入、即プレイした次第。



ゲーム内容は、閉じ込められた城の中で出会った少女と共に城の仕掛けを解いて脱出をはかるというアドベンチャー。特筆すべきは画面にパラメータ類の表示が一切無いということ(実際、主人公に体力パラメータは無く、高所から落ちない限り死なない)。そのため、体力を気にして回復アイテムを探すようなことがないため物語に没頭できるのがいい。

秀逸なのがR1ボタンを押し続けることで少女と手を繋ぐシステム。手を引いて一緒に行動していくゲーム性なわけですが、走ると少女が実に辛そうにするんですな。しかも手を繋いでいる間、少女のリアクションとして微妙にコントローラが振動するため、思わずゆっくり歩いてあげたくなるという仕掛け。やるね。あれを無視して走り回れる人はいないでしょ?

ゲーム内の台詞は何語か分からない言葉で、字幕も読めない文字で表示されるため、少女が何を喋っているのか分からない作りも良。自然と少女の気持ちを汲み取ってあげようとした行動になるもんです。



ちなみに2周目は字幕がちゃんと日本語で表記されるので、ああ、少女はこんなこと言ってたのか、と分かります(まあ、大体想像していた通りではありますが)。でも、言葉が通じない中で必死に少女とコミュニケーションを取ろうとしていた時の方がゲーム世界に浸れたのも事実なので、あくまでもオマケでしかないですけど。

今や1800円だもん、これは遊ばなきゃ損です。

★★★★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PS2】ICO シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる