セル画の答え

前回のセル画の答え。

画像

というわけで角川映画『時空の旅人』('86)でした。

まあかなり判りやすかったですかね。
ちなみに原作は『ねらわれた学園』の眉村卓。
キャラデは『11人いる!』の萩尾望都がしていました。
冒頭シーンの濃い作画が印象に強いですけど、あそこは確か梅津泰臣作画でしたっけ。

せっかくなのであと何枚か紹介。

画像
画像

こういう一部パーツも。
上のは主人公が籠から顔を覗かせるシーンだった気が。

画像
画像
画像

これらはそれぞれ連続したセルが複数枚あるもの。
もう数カットあります……って、一体何枚あるんだ。

う~ん、なんか無性に本作を観たくなってきました。
近くのレンタル屋にあったかなぁ。



画像
おしまい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック