【PS2】鬼武者2

【PS2】鬼武者2

ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人用
メモリ容量:390KB以上
発売元:カプコン



私の『鬼武者』プレイへの道。
『鬼武者』は遊んでみたかったソフトながらもDCユーザーの身(※当時PS2未所有)としてはどうしようもなかったのですが、今や私のメインハードはPS2。とはいえ今更感もあってなかなか手を出さず。そんな中、安売りの『2』を発見。『3』が金城武主演ということはシリーズにおいて松田優作主演の『2』は外伝っぽいのかな?と思ったので『1』未プレイでも問題なしと割り切った次第。



本作は4人の仲間キャラの内、絆値の高い1人が何かと助けてくれるのがミソのようで(ストーリーもそれで分岐する)。絆値はプレゼントを送ることで増減。しかし、これがなんとも使いっ走りさせられている感覚に陥ること間違いなしのシステムでして。

「甘いもの食いたいなぁ。お前持ってんだろ?」と言われて、「あ、すぐ買ってくるッス」と隣の店に走る十兵衛。ヒロインの気持ちを掴もうとペアリングを買おうと思ったら金が足りず、慌てて山にカツアゲしにいく十兵衛。う~ん、何か違うぞ(私のプレイの仕方の問題か?)。

でも、松田優作(のそっくりさん)が単に気の小さい男にしか見えないのも悪いぞい。声(演技)にもなんともいえない違和感を覚えましたが、エンドロールを見て納得。演者の名前の下に「ハードボイルド工藤」……モノマネか!? ああ、この感じは栗田貫一ルパンの座りの悪さか。う~ん、個人的には俳優・高杉亘に演じて欲しかったですね。

初プレイ時には不馴れのせいもあり最初の中ボス「ギンガムファッツ」相手にコンティニューしまくる羽目に。ただ、何度かコンティニューするとモードに「やさしい」が加わる親切設計。ありがたやありがたや。大体、初プレイ10時間でした(その後は5時間程度)。

いざ、クリアしてみると話は意外に短い。パートナーキャラ4人分のプレイ前提の作りってことですかね(私は現在、おゆうorコタロウ分岐しか見てませんが)。

ネタばれ注意……って、こんな古いソフトで今更か。
ヒロイン、人妻ッスか?(笑)



プレイ感の良さはさすがカプコン。ストレス無く手軽に遊べる1本かと。ただ、隠し要素のオープン条件が分からないのが辛い。多分、高条件必須っぽいので「荒武者」止まりの私には厳しそうです。

★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック