【PS2】機動戦士ガンダム/一年戦争

【PS2】機動戦士ガンダム/一年戦争

ジャンル:アクション
プレイ人数:1人用
メモリ容量:82KB以上
発売元:バンダイ(開発:ナムコ)



あっという間に値崩れした伝説のゲーム。
私も値崩れ価格で買ってみました。だってランバ・ラル特攻時のホワイトベース内での射撃とか、砲座でガウ部隊を迎え撃つとか、琴線に触れるキーワードで一杯だったんですもの。

雑誌等で目にした「言い訳」は「(他社製だけどガンダムゲーとしては)前作の『ガンダムvs.Zガンダム』の売れ行きから本作の発注数を見誤ったために市場でダブついたせい」と言われてました。が……。

そんなもん嘘っぱちだぁ。
単なる出来損ないゲームだから売れなかっただけじゃん。

別にクソゲーではないです。
ただ、あまりにも特徴のないゲーム。
これがPS2第1弾タイトルとして発売されたガンダムゲームだったら評価はそれほど悪くはなかったと思いますよ。

2本のスティックを使う今までにない操作感は、正直、使い勝手は悪いです。気付けば視界は地面を映し出してるし、敵を見失ったら画面外から攻撃しまくられだし。でもこの程度は我慢できるレベルです。



問題は『一年戦争』と銘打つ内容ではないということ。
既存のガンダムゲームとの差異がまるでない。

エピソードも限られていては一年戦争を追体験なんて味わえるわけがない。ルナツーで旧ザクとの戦闘があるからテレビシリーズかと思いきや、ククルス・ドアンは居ないわ、コアブースターは登場するわで、劇場版ベースでやんの。だからといって劇場版を完全体験できるかと言えばそうではなく、ジャブローでのカツ・レツ・キッカの時限爆弾エピソードもなけりゃ、最後にシャアとの生身の一騎討ちも味わえない。

劇中の名シーンを再現した《メモリアルアクション》も取って付けたものでしかない。そのくせソロモンでは「階段状の小さい足場をジャンプして上がっていく」なんてガンダムとは程遠いゲーム性があったりする(これも酷い代物で何度も落ちるハメに)。



ムービーが無く、止め絵に口パクという「いつの時代だよ」とツッコまずにはいられない仕様もマイナス(ナムコ製ということで思わずメガドラの『ナディア』を思い出した私……古っ)。

確かに同じ場面の新作ムービーなんてのは今までのガンダムゲームで何度も何度も作られ見せられてるんだから今回はオミットしようという発想はアリだとは思います。ただ今回はゲームの印象が悪すぎた。しかも、代用として口パクを用いちゃっては手抜きと取られても仕方ないでしょう。



やはり本作に求められたのは「ポリゴンで再現されたホワイトベース内を自由に歩き回れ、全てのエピソードを追体験できる」といった方向性だったのでは?

正直、作り手にガンダムへの愛があったとは思えませんね。どうやらナムコ開発陣はカプコンの『連邦vs.ジオン』を暗にバカにしてたみたいですけど、今までのファーストガンダム体験ゲームで一番愛を感じたのは他ならぬ『連ジ』ですよ。

わざわざ遊ぶ価値は無いです。
今まで何ひとつガンダムゲームを遊んだことがない人向け。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック