【PS2】SEGAAGES2500 Vol.13 アウトラン

【PS2】SEGAAGES2500 Vol.13 アウトラン

ジャンル:ドライブ・レース
プレイ人数:1人用
メモリ容量:120KB以上
発売元:3Dエイジス



このタイトル、必死に遊んだのはセガマーク3版。コマ数が少なくて、アップダウン時には丘の向こうを走っているであろう車の動きを頭に描いて右へ左へハンドルを切っていたものです。

そのせいかメガドライブ版は未購入(※数年前に中古で買って少々プレイ)。セガサターンで出たSEGAAGES版も未購入です。

突然、無性にアウトランが遊びたくなり遂に本作を購入(※マーク3とメガドラは実家に置いてあり現在手元には無い)。今なら『アウトラン2』なんでしょうけど、私はX箱を未所有なもので。



さて、コースも車もポリゴンになり、ちょっとはゴージャスに感じるかと思いきやマーク3版(orメガドラ版)と印象が全く同じでやんの。3D化の恩恵はコース遠景が少々見通せるようになったぐらいです。

ゲームモードは「アーケード」「アレンジ」「タイムアタック」の3種類。期待してたのは新規コースを追加して《大陸横断レース》を謳ったアレンジモード。しかし、実際走ってみると違いはコース後半が収束していくだけで印象はアーケードモードと全く変わらずガッカリ。(※下記コース図参照)。

アーケードモードコース
           ┏━━A
        ┏━━┫
     ┏━━┫  ┣━━B
→ ┏━━┫  ┣━━┫
━━┫  ┣━━┫  ┣━━C
  ┗━━┫  ┣━━┫
     ┗━━┫  ┣━━D
        ┗━━┫
           ┗━━E

アレンジモードコース
        ┏━━┓
     ┏━━┫  ┣━━┓
→ ┏━━┫  ┣━━┫  ┣━━┓
━━┫  ┣━━┫  ┣━━┫  ┣━━
  ┗━━┫  ┣━━┫  ┣━━┛
     ┗━━┫  ┣━━┛
        ┗━━┛


だったら、分岐を無くして全コースを一直線に繋げてアメリカ大陸横断のキャノンボールレースみたいにすれば面白かったんじゃない?
3D化はしているもののメガドラ版と大差ないゲーム性&ボリューム感は2500円でも割高。旧ハード&ソフトを揃えるよりは手軽ってだけですね。せめて『ターボアウトラン』とカップリングされてればなぁ(さらに言えば『アウトランナーズ』も)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック