シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS 【PS2】零〜紅い蝶〜

<<   作成日時 : 2004/09/13 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【PS2】零〜紅い蝶〜

ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人用
メモリ容量:250KB以上
発売元:テクモ



怖いってば、これ。
地図から消えた村に迷い込んでしまった双子の少女が、亡霊を写すカメラを手に村からの脱出をはかるというゲーム。ま、有り体に言えば『バイオハザード』系ですね。前作は未プレイなんですけど、ワゴン品で見つけたので購入した次第。

いや〜、マジで亡霊たちが迫ってくるのが怖い怖い。ゾンビとは違ってゾクッとしますね。しかも私は夜中に1人で暗い中で遊んでしまったもので(※テレビを見る時は部屋を明るくして離れて見ましょう)。コントローラの振動も見事に効果的。

Easyモードプレイヤーの私。Easyモードでも少々難度が高い敵もいますが、セーブポイントできちんとセーブしておけばリトライでなんとかなるレベルかと。



また、プレイ中に入手する「念珠」で唯一の武器であるカメラの強化が出来るんですが、これは基本性能の強化をメインにした方がいいかも。どうも「強化レンズ」は使用勝手がイマイチなんですよね。私はほとんど使いませんでした(まあ、Normalモード以上で遊ぶ場合は必要な力なのかもしれませんけどね)。

あと、あらゆるゲームのEasyモードに注文することなんですけど、フィルム性能=霊退治能力の違いとか、フィルムの枚数制限は無い方が良かったのになぁ。フィールド中でフィルム探しに奔走せずに済むのであればライトユーザーにも薦められるんですがね。

クリア後に評価が出るのも個人的には興醒めだったし……って、まあ、この辺は直前にプレイしたゲームがプレイ評価とは無関係の『ICO』だったせいもあるかもしれませんな。いえいえ、決して私がランクDだったせいではないですってば(笑)。

だって、双子の少女(妹)がプレイヤーキャラで、恐る恐る亡霊の出る村から脱出するのが目的のゲーム性の中で、敵との交戦レベルを高める方向で遊ぶ気には私はなれませんけどねぇ。それって物語への没入感を無視した遊び方でしょ?

別にそういう遊び方は否定しているわけじゃないですよ。実際、メーカー側が用意した要素な訳ですし。でも、そういうのはNormalモード以上で遊ぶ人向けでいいんじゃないの?(もしくは2週目以降にそういうモードが出現するとか)



ま、それでも内容的には満足満足。気になったのはアルバムモードのシステムが分かりにくいこと。何故もっと分かりやすい作りにしなかったのかなぁ。いい写真をセーブし損ねること多数でした。

現在ではベスト版になっているのでお薦め。
私は前作もちょっと遊んでみたくなっております。

★★★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【PS2】零〜紅い蝶〜 シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる