【PS2】SEGAAGES2500 Vol.23 セガメモリアルセレクション

【PS2】SEGAAGES2500 Vol.23 セガメモリアルセレクション

ジャンル:アクション/シューティング/パズル
プレイ人数:1~2人用
メモリ容量:75KB以上
発売元:セガ



収録タイトルは『ヘッドオン』『トランキライザーガン』『ボーダーライン』『コンゴボンゴ』『どきどきペンギンランド』の計5タイトル。

それぞれオリジナル版とアレンジ版を収録し、計10タイトルを遊べるという謳い文句。どうせ同じゲームの見た目を変えただけの水増しだろうと思っていたらこれが大間違いでした。

見た目以上にルールがまるで違うタイトルもあり、5タイトル以上遊べるのは本当でした。『コンゴボンゴ』『どきどきペンギンランド』は基本はほぼ変わらないので計8タイトル分は遊べると言えます。



『ヘッドオン』はルールに違いがなさそうですが、車→光の変化はプレイ感がまるで別物。昔、大好きだったゲームだけにより一層そう感じるのかもしれませんが。

『トランキライザーガン』も根本的なルールに違いはないんですが、アレンジ版は「移動→銃を構える→撃つ→構えを解く→移動」とアクションが増えたことでプレイ感が変わっています。猛獣を運ぶ時も一旦猛獣を放すことも出来るようになりプレイの幅が広がっています。

まったくの別物なのが『ボーダーライン』。縦スクロール+固定画面だったオリジナル版に対して、アレンジ版は360度全方位移動シューティングに変更されています。でもこれがめっちゃ面白い(ていうかオリジナル版が地味すぎるんだけど)。実は一番遊んでいるタイトル。



本作のコンセプトが「オリジナル版の移植+おまけのアレンジ版」とされているのは、過去のSEGAAGESシリーズにまとわりつく極悪アレンジイメージを払拭するための詭弁にすぎませんて。本作はあくまでも「アレンジ版+おまけのオリジナル版」ですよ。

アレンジ版5タイトルで2500円ならお買得です。

★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック