【DS】逆転裁判4

【DS】逆転裁判4

ジャンル:アドベンチャー
プレイ人数:1人用
発売元:カプコン



『逆転裁判3』から7年後を舞台に、「新章開廷」を謳ったDS完全オリジナルの逆転裁判最新作。新主人公《王泥喜法介》とそのアシスタント魔術師《みぬき》が4つの事件に立ち向かう……。

──とまあ、概要はそんな感じですが、実際の中身はちょっと微妙な仕上がりになってますね。



まず最初の事件には前作までの主人公《成歩堂龍一》が被告人として登場。かつて弁護士だった面影はどこへやら、今はとあるロジア料理店のしがないピアノ弾きになっているという仰天設定。

正直、前3作が好きだった身にはショックでしたが、まあ、続編の作り方のひとつのパターンとしては仕方ないかと割り切りました。

シナリオを進めていくと、新主人公へのバトンタッチとして登場したと思っていた成歩堂龍一が、実は本作=全4話のバックボーンに深く関わっているという展開で、せっかくの新主人公である王泥喜法介の影が薄い薄い。

また今回のライバル検事《牙琉響也》が最初から青くさい「いい奴」で、王泥喜法介に立ち塞がる壁になるどころか、ほとんど王泥喜法介と共にというか先に真実の追求に走るので、王泥喜法介の役割が薄い薄い。

結局、裁判部分は牙琉響也に誘導されているように感じて逆転の爽快感などまるで無し。新システム「みぬく」も前作までの「サイコロック」の足下にも及ばない浅さだし、王泥喜法介まったくいいトコなしです。



本作のタッチパネルを利用した仕掛けが底の浅い単純作業でしかなく面白味がまったくなかったのも残念なところ。



本作はあくまでも前3部作の「後日談」とでも言うべき代物(まあ、そうなると前作キャラが『蘇る逆転』の《宝月茜》ぐらいしか出てこないことが問題ですが)。

4話目のシステムなどは「王泥喜法介主人公の物語」としては完全に意味不明です。

まあ、大袈裟に「新章」などと煽ることなく、ファンアイテムとして、言わば『新・逆転裁判』か何かまでの繋ぎソフトとしてリリースされていたら問題なかったんじゃないでしょうか。

というわけで、もし次回作が作られるなら、今度こそナンバリングを止めて『新・逆転裁判』として勝負してほしいですね。

★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック