【DS】レイトン教授と不思議な町

【DS】レイトン教授と不思議な町

ジャンル:謎アドベンチャー
プレイ人数:1人用
発売元:レベルファイブ



こういう謎解きが大好きなもので、DSでは『逆転裁判/蘇る逆転』以来、久々に発売日直後に購入しちゃいました。それにDSソフトは待ってても値下がりしてくれないし。

私は基本的にゲームを予約しないタチなので、発売数日後ぐらいに用事がてらお店に足を運びましたが、なんと軒並み売り切れ。大泉さん出演のCM投入量が多かったんで危惧はしてたんですが、まさかそこまでとは思いませんでしたよ。2駅隣りのゲームショップになぜか2本だけ残ってたんで助かりましたが。

閑話休題。

「レイトン教授の元に大富豪の遺産相続の鍵《黄金の果実》探しの依頼がくる。助手のルークと共に屋敷のある町を訪れたレイトンは聞き込みを開始するが、そこの住人たちは皆ナゾ好きだった……」──といった流れで物語と謎解きを上手く融合させてます。謎を解かないとストーリーが進まないと思うとモチベーションも変わるってもんです。

というわけで毎日ちょこちょこと解いていき先日クリアしました。

>>ナゾ発生場所一覧
>>ナゾトキ



前述したようにこうした謎解きが好きなせいか既知の問題もいくつかありましたが、それでもめっちゃ楽しめました。ただ、どうもピカラット数に惑わされることも多かったような。60ピカラットだったらこんな簡単に解けないだろうと、何か落とし穴があるだろうと思いきやそのままだったり、逆もまた然りといった感じで。まあ個人の得意不得意の範疇程度ですか。

ストーリーを進める中で集まるアイテムをコンプリートすると開く「レイトンからの挑戦状」の各部屋はお楽しみに残しておいてクリア後に挑戦。いや~、最後のナゾ135「究極の脱出パズル」はしんどかったわぁ。

ヒントメダルは185枚まで発見。目につくところをタッチすれば大概は出てきますが、謎のパーツを組み上げたアイツが探してくれなきゃ気付かない所も多いですね。それに1度出たのに再度訪れるとまた出る箇所があるのも要注意ということで。



あと毎週1つのナゾが配信される「週刊ナゾ通信」。私はこのソフトで初めてWi-Fi通信しました。近所のお店にあるWi-Fiステーションにテケテケと足を運んでダウンロード。はぁ~、技術の進歩って凄いなぁ。とりあえず過去の問題もまとめて配信されるようなので何週かおきでいいかな?

さ~て、続編『レイトン教授と悪魔の箱』が待ち遠しいです。

★★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック