エゴが広がってきた

幾度かソニー・ピクチャーズのエコ対応ケースが酷いと書きましたが、どうも20世紀FOXの廉価版DVDにも同ケースが採用されたらしい。

先日、DVD売り場に行った際に実際に手に取ってみると明らかにベコベコ……。しかも、タチの悪いことにエコ対応ケース仕様を知らせるものが何も無い。そらべあシールで判別できたソニピク以下だと思ったら、当のソニピクも新たな出荷分からそらべあシールが貼られなくなっていた。

これからDVDは店頭で必ずケーズを触ってベコベコするかどうかを確認してからでないと恐くて買えない。



なんて思っていたら、今度はゲームソフトにまでエゴの魔の手が押し寄せてきていた。

Game*Spark:Xbox360用ソフトのパッケージがエコ仕様に
http://gs.inside-games.jp/news/211/21177.html


マイクロソフトだけでなく任天堂ソニーも導入を検討しているとか。ソニーの場合、BD用エコ対応ケースなんてものがあるかは知りませんが、DVDより傷に弱いBD(記録層が表面に近い)では致命的になりかねない。

任天堂のソフトは子供が雑に扱うことも多いだけに導入されたら中古市場には紙が破れている物だらけになりそうな(既に紙リングジャケのGC市場で似たような状況だけど)。

DVD市場に比べれば廉価版に限らない分、エコ名目は揺らがないでしょうが、やはりディスクの傷問題など消費者無視の代物に変わりないと思う。



私は遠慮させていただきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック