中華戦隊

今現在、上海万博のテーマソングが岡本真夜さんの歌のパクリだとの騒動が駆け抜けていますが、まあ、いつもの中国らしいとしか言い様がない。アーティスト個人の責任の範疇ならまだしも公的に扱われるものにも怯まない感覚って凄いね。

2010 等你来, Right Here Waiting for You 2010

http://www.youtube.com/watch?v=lijrVXnCstQ

岡本真夜「そのままの君でいて」

http://www.youtube.com/watch?v=hax6v5GcB-w

個人的にはジャッキー・チェンまで巻き込んだことが許せん。



さて、音楽の話題がちょうどいい前フリとなったところで、本題は中国のとあるCGアニメが色々酷いというネタ。

【国産3D巨制】神獣金剛

http://www.youtube.com/watch?v=MfwqNHwAG2k

5体の神獣メカが合体する巨大ロボ。戦隊っぽいデザイン&カラーリングの変身姿。とりあえず戦隊っぽい5人は置いといて、問題はこの巨大ロボ。見る人が見れば『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の「大獣神」のパクリだと判るはずです。

このアニメがTVで放送されているかどうかは不明。中国の動画サイトではこのOP映像以外にも本編らしき映像が数話存在しているのが確認できますが、視聴不可だったため未確認です。

YouKu.com - 神獣金剛
http://v.youku.com/v_show/id_XMTM3MTY3MTUy.html


中華玩具界では昔から金型流用などのパチモン玩具というものが連綿と作られており、この大獣神アレンジロボも玩具が発売されているとその手の玩具を紹介するHPで知りました。神獣金剛の設定などはそのHPに詳しいです。

いんちきおもちゃギャラリー
http://www.netlaputa.ne.jp/~m-akao/GALLERY/fakehp.html


こちらのサイトでも指摘されてますが、これら映像は玩具などに付属するおまけDVDの映像といった代物かもしれません。さすがにパクリデザインを堂々とTVで放送はしないよね。でも前フリの万博テーマソングの件を見るとそれをやってのけていそうで困る(苦笑)。

あ、ちなみに私、パチモン玩具という存在自体は好きですよ。



バンダイ的にはTV放送のように大手を振りさえしなければ見て見ぬフリをして終わりかな。まあ、これを訴えたところでアチラの司法で勝てるはずもないしなぁ。

ジュウレンジャーVSパワーレンジャーVS神獣金剛

http://www.youtube.com/watch?v=bjnDVM5q7IY

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック