『IRIS-アイリス-』第2回~韓流ドラマのこと

『IRIS-アイリス-』第2回も鑑賞したので軽く感想。

バカップルシーンがダレます。ていうか秋田のエピソードはまるごと必要なし。これって日本のドラマが海外ロケした時と同じで、せっかく撮ったからと全部を使ってテンポを悪くする典型です。

バカップル2人に連絡がつかなかったことは劇中でツッコんではいましたが、そもそも同じチームの人間3人同時に休暇を取らせることがありえない展開。せめて「国外に出るなと言われたけどいいじゃん大丈夫じゃん海外旅行しちゃおうぜ」というバカップル描写があれば感情移入は金輪際出来ないけど納得は出来たかも。

初回からですが女性エージェントのデレっぷりが酷い。同じくイ・ビョンホンのコマしてやった感も酷いんですが、それは女性視点でムカついたりしないんでしょうか。それとも「私もコマされたい」とか思ってたりするのかな?

吹替ファンの眼としては城田優も馬脚を現してきた感じ。あと魔裟斗は危惧していた通りの棒っぷりを披露。『80デイズ』もアレだったので期待はしてませんでしたが、ますます磨きがかかったような。

おっと、この辺にしとかないと前回の二の舞になりますね。



さて、『IRIS-アイリス-』でとうとう韓流ドラマが民放ゴールデンで放送されることとなりましたが、これはひと昔前のテレ朝が『Xファイル』を皮切りに米ドラマを数々放送したような流れになるのでしょうか。

今や番組欄を見れば必ず韓流ドラマを目にするので、視聴率次第では同枠で第2第3の韓流を流してもおかしくなさそうではあります。それにしても今現在、どれだけの韓流ドラマが放送されているのか気になったのでちょっとチェックしてみました。

  • オールイン 運命の愛(TBS/月~金曜)
  • ニューハート(フジ/月~金曜)
  • 京城スキャンダル(MX/月曜)
  • 花より男子(TBS/月曜)
  • 彼女がラブハンター(TVK/火曜)
  • 犬とオオカミの時間(TVK/水曜)
  • IRIS-アイリス-(TBS/水曜)
  • 恋するハイエナ(TVK/木曜)
  • 朱蒙(チュモン)(テレ東/木~金曜)
  • My Dream(フジ/土曜)

  • 新・上海グランド(MX/水~金曜)※中国
  • 美味関係-おいしい関係-(MX/水曜)※台湾
  • モモのお宅の王子さま(TVK/木曜)※台湾

毎日なにかしら放送されてはいますが印象ほど多くはない感じ。パッと見で印象がダブる華流ドラマも少なめ。私が抱いた韓流だらけの印象の原因は何かと思えばBSの番組欄。そちらはチェック途中でうんざりしてしまいました。

  • 憎くてももう一度(BS朝日/月~金曜)
  • 大王世宗(BS日テレ/月~金曜)
  • 青春の罠(BS11/月~金曜)
  • 愛しの金枝玉葉(BS日テレ/月~金曜)
  • ホ・ギュン(BS朝日/月~金曜)
  • 妖婦 張禧嬪(チャン・ヒビン)(BS11/月~水曜)
  • 彼らが生きる世界(BS日テレ/月~金曜)
  • 新・ソウルトゥッペギ(BS朝日/月~金曜)
  • このろくでなしの愛(BS11/月~金曜)
  • 女人天下(BS日テレ/月~金曜)

  • ザ・スリングショット(BS11/月・土曜)
  • 快刀ホン・ギルドン(BS朝日/月曜)
  • 風の国(BSフジ/火曜)
  • チェオクの剣(BS11/火・水曜)
  • 18・29 妻が突然18歳!?(BS日テレ/火曜)
  • エデンの東(BS-TBS/火曜)
  • 人魚姫(BS朝日/火曜)
  • イルジメ(BSジャパン/水曜)
  • トリプル(BSジャパン/水曜)
  • 人生画報(BS11/木・金曜)
  • 善徳女王(BSフジ/木曜)
  • 拝啓、ご両親様(BS11/木曜)
  • コーヒープリンス1号店(BS-TBS/木曜)
  • パリの恋人(BS-TBS/金曜)
  • シンデレラマン(BSジャパン/金曜)
  • 糟糠(そうこう)の妻クラブ(BS-TBS/金曜)
  • 龍の涙(BS日テレ/金曜)
  • チング(BSフジ/日曜)
  • イ・サン(BS2/日曜)

  • 桃花タイフーン!!(BSジャパン/月・木曜)※台湾
  • 流星花園(BSジャパン/月曜)※台湾
  • ぴー夏がいっぱい(BSジャパン/水曜)※台湾
  • 敗犬女王(BS日テレ/水曜)※台湾
  • 花の恋(BS日テレ/木曜)※日・中・台
  • 少林寺伝奇(BSフジ/金曜)※中国
  • 蒼穹の昴(BShi/土曜)※日・中
  • ブルース・リー伝説(BS日テレ/土曜)※中国
  • 大敦煌(BS11/日曜)※中国
  • 流星花園 II(BSジャパン/日曜)※台湾

月~金曜の帯が多く、これ以外に再放送枠もあったりするので、韓流で埋め尽くされていると感じるのも当然ですね。それにしても韓流ってそんなに買い付け料が安いのかな?



米ドラマは現在もレンタルDVDや深夜枠を中心に健在ですが、その時々の状況描写ばかりで伏線を張るだけ張って次回に引っ張る作劇には食傷気味。米ドラマってストーリーだけなら3~4回のミニシリーズで描けるものばかりな気がします。

韓流ドラマもそれこそ玉石混淆ですが、ドラマの運び方自体は日本人に馴染みのある代物なので物語を楽しみやすいのは良いところ。その辺りが幅広い層(主に女性層)に受け入れられている──なんて話は今更ですね。



私も韓国のパクリ文化云々には眉をひそめはしますが、だからといってそれ以外を全てを否定するという話ももったいない。

ただ、全ての韓流ドラマに言えることがひとつ。登場人物らの感情表現に日本人から見て違和感を感じることが多々ありますが、それは表現を間違えているのか、ただ単に文化的隔たりがあるのかの判別が出来ないという点。

韓流ドラマでは殺人なども含む人を蹴落とす行為も必要ならするべきものであり、された方は弱いからいけないとでも言いたげな描写(演出)を度々目にします。それらを見て韓国の方はそのまま「その通り」と思っているのか、それとも私が感じるような嫌悪感を同じように抱いているのかどうか。

ここが私が韓流を完全に受け入れきれない最大の要点。前者なら韓国人気質はそういうものなのだと理解して見るしかなく、後者なら脚本・演出が不出来ということになります。



結局、所詮は異文化ドラマであり、日本で主流になるべきものではないということ。米ドラマ共々、本質的にサブカルチャーとして楽しむことしか出来ないもののはずです。

ところが日本のテレビ界は上記の通り、サブカルチャーの域を超える物量を氾濫させています。韓流が問題なのではなく、それに安易に依存しているメディア界が問題なのです。ジャニーズ依存もしかり。手堅い数の確保に走り、自分たちの手で土壌の開拓を怠ればどうなるか。昨今のテレビを見れば一目瞭然でしょう。

つまり、長々書いたことを要約すれば面白い番組を見せてくださいというそれだけの話です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック