シネマでぽん!S cinema-game-toy

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビの中のドリームキャスト

<<   作成日時 : 2010/07/01 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知っている人にはものすごく今更なネタですが。

まず米ドラマ『CSI』シリーズは、私はテレ東昼に放送されているものを無印の何シーズン目辺りからか、もしくは『マイアミ』辺りから観賞。今も新シーズンがコンスタントに放送されているので見そびれているシーズンをあまり気にしてなかったんですが、今春からTOKYO MXにて無印の第1シーズンの放送が開始されたので嬉々として見ております。



そしたら第1話からグレッグとニックの会話でドリームキャスト及び『NFL2K』の名前が出てきてニヤリ。さらに第8話「グリッソムへの挑戦者」ではニックとウォリックがラボでドリキャスのコントローラーを握って『NFL2K』をプレイする姿を発見。

画像
コードは先端に挟んで前側へ
(この画像だと潰れて見えませんが)

ニックのコントローラーにはビジュアルメモリが刺さってないけど、ウォリック側にあるのかな? しかし本当にアメリカ人ってNFLが好きなのね。まあ『NFL2K』はアメフト知識がほとんどない私でも楽しめる良ゲーでした。



そして、もうひとネタ。

TVKの音楽情報番組(笑)『sakusaku』で2010年6月10日放送分でのひとコマ。ゲストの松下優也とのトーク時のこと。ゲストへのアンケート「最近、時間があれば行ってみたいなぁと思う場所」の答えが「ディズニーランド」で「特定のアトラクションというよりも雰囲気が好き」と語ると、ヴィンちゃんが──

ヴィ「こう、店員さんが手、振ってたりする雰囲気?」
松下「?…店員さんが手を振って?」
ヴィ「なんていうの掃除したりとかああいう人」
松下「あ、"キャスト"ね」

といった会話の流れがあり、
そこで出たヴィンちゃんのひと言が↓

画像
「ドリームキャストだヨ、これ…」

ええい、思わず反応してしまうじゃないか(笑)。
そして重ねて──

ヴィ「ああいうの好きなんだ」
松下「ああいうのっていうかその世界観、空間…」
三原「そうそう"夢の国"(って感じ)」

すると、このキーワードですかさずもう一度↓

画像
「まさに、ドリームキャストだ…」

みんなの心にドリキャスは生き続けているんだね。
まあ今回は「白井ヴィンセントの心に」なんですけど。



今回『CSI』の方は放送が2000年なのでアメリカでのドリキャス発売直後を感じさせるネタですね。sakusakuネタの方は以前の空耳でのセガサターンと同じく嬉しくなったというお話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレビの中のドリームキャスト シネマでぽん!S cinema-game-toy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる